ランディ・ウィリアムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランディ・ウィリアムス
Randy Williams
フリーエージェント(FA)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ハーリンジェン
生年月日 1975年9月18日(39歳)
身長
体重
191 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 MLBドラフト12巡目
初出場 MLB / 2004年9月11日
NPB / 2012年5月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ランドール・デュアン・ウィリアムスRandall Duane "Randy" Williams , 1975年9月18日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ハーリンジェン出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

1997年MLBドラフトで、シカゴ・カブスから12巡目指名を受け入団。

2002年は、独立リーグであるセントラル・ベースボール・リーグエディンバーグ・ロードランナーズでプレー。

2003年シアトル・マリナーズと契約すると、翌2004年9月11日にメジャーデビューを果たす。

2005年は、サンディエゴ・パドレスに移籍したが、シーズン途中にコロラド・ロッキーズに移籍。2006年は、メジャー登板は無かった。

2007年テキサス・レンジャーズ2008年フロリダ・マーリンズに所属したが、メジャー昇格には至らなかった。

2009年シカゴ・ホワイトソックスに移籍すると、4年振りにメジャー登板を果たす。

2011年は、ボストン・レッドソックスでプレーした。同年12月14日、埼玉西武ライオンズが獲得を発表した[1]

2012年、開幕は二軍で迎えたが5月に一軍に昇格。しかし制球が定まらず、5月27日の阪神戦では9回に関本賢太郎にサヨナラとなる押し出し死球を与え、二軍降格。その後一軍に復帰し、中継ぎとして活躍した。シーズン後半はセットアッパーとして固定され、最終成績は55試合登板で防御率1.70、被本塁打0とチームの優勝争いに貢献した。

2013年、前年同様、セットアッパーとして活躍したが、12月2日に自由契約公示された。同月20日に再契約を結んだ[2]

2014年12月2日、自由契約公示された[3]

選手としての特徴[編集]

人物[編集]

  • 上述の通りシーズン後半は好リリーフでチームを救う投球を何度も見せ、ヒーローインタビューを受けそうな機会が何度かあったものの、2012年は1回もお立ち台に上がらなかった。あまり喋っている姿がメディアに映らない寡黙な選手であるため、『インタビューを断っているのか?』という説がファンの通説である。その後、2013年7月10日に初めてヒーローインタビューに立った。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 SEA 6 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 22 4.2 3 0 6 0 0 4 0 0 3 3 5.79 1.93
2005 SD 2 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 25 4.1 7 1 4 0 1 2 0 0 6 6 12.46 2.54
COL 30 0 0 0 0 2 1 0 4 .667 100 22.0 26 4 9 3 0 19 0 0 15 14 5.73 1.59
'05計 32 0 0 0 0 3 1 0 4 .750 125 26.1 33 5 13 3 1 21 0 0 21 20 6.84 1.75
2009 CWS 25 0 0 0 0 0 1 0 3 .000 80 17.2 13 2 12 4 3 22 0 0 9 9 4.58 1.42
2010 27 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 132 25.0 37 2 21 6 3 22 0 0 17 15 5.40 2.32
2011 BOS 7 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 40 8.1 10 0 5 0 0 6 1 0 6 6 6.48 1.80
2012 西武 55 0 0 0 0 4 3 4 25 .571 185 42.1 30 0 23 7 7 41 2 2 11 8 1.70 1.25
2013 47 0 0 0 0 1 2 3 21 .333 158 38.0 20 1 23 3 3 45 0 0 11 8 1.89 1.13
2014 60 0 0 0 0 6 4 0 20 .600 230 51.2 54 1 25 3 4 59 3 0 18 17 2.96 1.53
MLB:5年 97 0 0 0 0 3 4 0 10 .429 399 82.0 96 9 57 13 7 75 1 0 56 53 5.82 1.87
NPB:3年 162 0 0 0 0 11 9 7 66 .550 573 132.0 104 2 71 13 14 145 5 2 40 33 2.25 1.33
  • 2014年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 41 (2004年)
  • 57 (2005年)
  • 54 (2005年、2012年 - 2014年)
  • 67 (2009年 - 2010年)
  • 49 (2010年)
  • 43 (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 新外国人選手獲得のお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ・オフィシャルサイト (2011年12月14日). 2011年12月15日閲覧。
  2. ^ 来季の外国人選手契約について”. 埼玉西武ライオンズ・オフィシャルサイト (2013年12月20日). 2011年12月20日閲覧。
  3. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  4. ^ “西武の守護神候補にG偵察隊も警戒”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年2月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/02/06/kiji/K20120206002576600.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]