バラウール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
建物の装飾にみられるバラウールの像。ルーマニアのブラショヴで撮影。

バラウール (Balaur) とは、ルーマニアの民話英語版に登場するドラゴンである[1]ルーマニアの作家アドリエン・クレメネ (Adrien Cremene) の説明によれば、バラウールは地下にも空中にも棲むことができ、もや地下水の流れを操ることもできるという[2]。ルーマニアの街角では、たとえば右の写真のように細長いドラゴンとして表現された、バラウールの外壁装飾がみられることがある。

ズメイ伝承の典型[編集]

ズメイの項目で説明したように、東欧では「メスのドラゴンは水の神で邪悪、オスのドラゴンは炎の神で守護竜」という場合が多いのである。バラウールが雲と地下水ともやを支配する強大な竜であるにもかかわらず、悪とされてしまったのには東欧民話の特徴のためである。もちろん「ズメイ」同様バラウール全部が「悪」というわけではない。[要出典]

バラウールに由来する名前[編集]

Balaur(絶滅した獣脚類)の化石。2011年10月、ミュンヘンでの化石の展示会で撮影。

ルーマニアで発見された恐竜は、2010年8月に、民話のバラウールにちなんで「Balaur bondoc」と名付けられた[3][注釈 1]

また、「Balaur」はルーマニアの人名にもみられる[注釈 2]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 恐竜の「Balaur bondoc」については、英語版記事「Balaur(dinosaur)」を参照。
  2. ^ たとえば、Ionuţ Balaur(ルーマニア人のサッカー選手。所属チームはルーマニア1部リーグのFCヴァスルイ)など。

出典[編集]

  1. ^ Alwyn David Rees; Brinley Rees (1961). Celtic Heritage: Ancient Tradition in Ireland and Wales. Thames & Hudson. p. 365. http://books.google.com/?id=7xOBAAAAMAAJ. 
  2. ^ 吸血鬼伝説』p. 142.
  3. ^ Zoltán Csiki, Mátyás Vremir, Stephen L. Brusatte, and Mark A. Norell (2010-08-31). Etymology. "An aberrant island-dwelling theropod dinosaur from the Late Cretaceous of Romania". Proc Natl Acad Sci USA (National Academy of Sciences) 107 (35): 15357–15361. doi:10.1073/pnas.1006970107. ISSN 0027-8424. Retrieved 2015-05-05. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]