セロハンテープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テープカッター(Tape dispenser)に装着した様子
小型のセロハンテープ

セロハンテープ (cellophane tape) は、基材(支持体)となるセロファンの片面に接着剤を塗り、細長い帯状にしたもの。通常の製品は、これを巻き取った巻物状にして供給される。セロファンテープセロファン粘着テープとも。無色透明の製品のほか色付きのものも販売されている。テープ両面に接着剤を塗ったものは両面テープと呼ばれ、基材も紙などセロファンでない製品が多い。

なお、一般的に普及している「セロテープ」という呼称はニチバンの登録商標である。アメリカ韓国では同様に商標名であるScotch Tapeという言い方が一般的であり、cellophane tapeでは通じないことが多い(映画『ダーティハリー』では「粘着テープ」と翻訳されている)。イギリスでは同様に商標名であるsellotapeという言い方が一般的であり、sellotapeで通じる。ただし、ニチバンのセロテープ (Cellotape) とは綴りが異なる。

機能・用途[編集]

日本国内で製造・販売されているものは、幅が12mm - 24mm、長さは3.5m - 35m程度のものが多い。通常はテープカッターあるいはテープディスペンサーTape dispenser)と呼ばれる刃のついた台にセロハンテープを装着して使う。帯状になったセロハンテープの端を引っ張ると、設置されたテープが回転してはがれるようになっており、これをテープカッターについた刃で切断する。

切り取られたテープは、紙などを止めるために、また、封筒に簡易的な封をするためにも使われる。紙以外にも接着するため、用途は広範囲に及ぶ。ただし、主原料のセロファンは元々パルプから作られる素材であり、経年変化により劣化する。このため、長期間の接着には推奨されない。また、はがした跡が残るという欠点もある。しかし、安価で入手しやすいため、これらが問題にならない分野で多用されている。

セロファンと接着剤のみで製造できそうに見えるが、実際には巻き取られた状態のテープがべたつかずに片面だけはがれるように剥離材などが塗ってある。セロファンと接着剤の間にも両者を接着するための薬剤が塗ってあり、通常の製品は4層構造になっている。この薬剤とセロファンが剥離する際、暗所では剥離部分が発光する。この現象はルミネセンスと呼ばれるうちのひとつである「摩擦ルミネセンス」によるもの。

歴史[編集]

1930年アメリカ合衆国3M社によって開発された[1]。元々は、荷物を輸送中の湿気から守るために、防湿効果のあるセロファンを活用しようとしたものだが、この用途では製品化されず、テープでの製品化となった。

戦後、GHQが事務用にアメリカ本国から輸送していたが、足りなくなったため、医療用絆創膏メーカーであったニチバン(当時:日絆工業株式会社)に製造を打診。ニチバンはたまたまアメリカから製品を輸入して製品化のための研究を行っていたため、1ヶ月後に試作品を持っていくと、あまりに早かったので驚かれたという逸話がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 3M 製品開発史 1930年代

関連項目[編集]

外部リンク[編集]