ジョン・ハットン (イギリスの政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
ジョン・ハットン
John Hutton
Msc 2009-Sunday, 11.00 - 12.30 Uhr-Zwez 005 Hutton detail.jpg
生年月日 1955年5月6日(59歳)
出生地 イギリスの旗 イギリスエセックス
出身校 オックスフォード大学モードリン・カレッジ
所属政党 労働党
公式サイト official site

庶民院議員
選挙区 バロー・ファーネス選挙区
当選回数 4回
任期 1992年4月9日 - 2010年5月6日

内閣 ブラウン第2次改造内閣
任期 2008年10月3日 - 2009年6月5日

イギリスの旗 ビジネス・企業・規制改革大臣
内閣 ブラウン内閣
ブラウン第1次改造内閣
任期 2007年6月28日 - 2008年10月3日

労働および年金大臣
内閣 第3次ブレア内閣
第3次ブレア改造内閣
任期 2005年11月2日 - 2007年6月27日

内閣 第3次ブレア内閣
任期 2005年5月2日 - 2005年11月2日
テンプレートを表示

ファーネスのハットン男爵ジョン・マシュー・パトリック・ハットン: John Matthew Patrick Hutton, Baron Hutton of Furness1955年5月6日 - )は、イギリスの政治家。労働党トニー・ブレア政権・ゴードン・ブラウン政権で大臣を歴任した。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

エセックスのウェストクリフに生まれる。ウェストクリフ男子校、オックスフォード大学モードリン・カレッジ英語版に進学し、1976年に文学士号、1978年に民法学士号を取得した。 1980年から翌年まではテンプルトン・カレッジ英語版に調査員として通い、1981年から1992年、当選を果たすまではノーザンブリア大学で講師を務めた。

政治経歴[編集]

1987年、ハットンはペンリス英語版選挙区から出馬するが落選、2年後にカンブリア・北ランカシャー選挙区から欧州議会議員に立候補したがまたも落選する。1992年の総選挙で、バロー・ファーネス選挙区から現職のセシル・フランクス英語版を下して初当選を果たした。

1998年からは保健省を担当、2001年からは枢密院のメンバーにも選ばれる。2005年総選挙後の内閣改造では、彼の親しい友人で、前任者のアラン・ミルバーン英語版を引き継いでランカスター公領尚書英語版に任命された。しかし、このポストについた期間は短く、2005年11月2日デイヴィッド・ブランケット英語版の辞任をうけて労働および年金大臣に異動となる。

ハットンはかなり忠実なブレア派と見られていたが、トニー・ブレア首相が辞任した後のブラウン内閣でも彼はビジネス・企業および規制改革大臣に登用される。これは、貿易産業省の改変をうけた新しいポストだった。彼の入閣は、ブラウン内閣がブレア派ブラウン派の折衷内閣であることの象徴でもあった。2008年10月3日の内閣改造で国防大臣に就任し、第3次改造が行われた2009年まで務めた。

2010年6月27日に一代貴族「ファーネスのハットン男爵」へ叙され、貴族院議員へ転じた。貴族院においても引き続き労働党に所属している。

パーソナリティー[編集]

ハットンは1978年、ローズマリー・キャロライン・リトルと結婚している。1993年に離婚するまでに、間には3人の息子と1人の娘を授かった。

外部リンク[編集]

議会
先代:
セシル・フランクス
バロー・ファーネス選挙区選出
1992年 -
次代:
現職
公職
先代:
アラン・ミルバーン
ランカスター公領尚書
2005年
次代:
ヒラリー・アームストロング英語版
先代:
デイヴィッド・ブランケット
労働・年金大臣
2005年 – 2007年
次代:
ピーター・ヘイン英語版
先代:
アリスター・ダーリング
(貿易・産業大臣)
ビジネス・企業・規制改革大臣
2007年 – 2008年
次代:
ピーター・マンデルソン
先代:
デズ・ブラウン英語版
国防大臣
2008年 – 2009年
次代:
ボブ・エインズワース英語版