ウィリアム・チェンバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・チェンバース像(エディンバラ)

ウィリアム・チェンバース(William Chambers、もしくはグレノーミストンのウィリアム・チェンバース William Chambers of Glenormiston 、1800年5月16日1883年5月20日 )は、スコットランドの出版業者であり、政治家であり、エディンバラの市長だった人物である。弟は科学者のロバート・チェンバースである。弟ロバートと共に、チェンバース・ハラップ社の創業者である。兄弟は19世紀半ばの科学と政治の世界の両方に影響を及ぼした存在である。

普通教育の熱心な推進者で、教科書の普及の為に、安く印刷できる産業技術をいち早く導入した先駆者であった[1]

経歴[編集]

  • 1814年、ピーブルスからエディンバラに引っ越してくる。最初は書籍販売業を商っていたが、後に出版を行うようになる。
  • 1819年に本屋を開業[2]
  • 1832年にW.&Rチェンバース出版という出版会社を設立
  • 1860~1868年、チェンバーズ百科事典を出版
  • 1865~1869年、エディンバラ市長に就任。セント・ジャイルズ大聖堂の修復や、スラム街の再建[3]など後世に残る都市計画を推し進めた。
  • 1867年、都市改善案で作成された通りは、彼の功績を讃え『チェンバース·ストリート』と命名され、その中心には彼の彫像が地元の彫刻家John Rhind.により建てられた[4]。セント・ジャイルズ大聖堂には彼を象ったステンドグラスが弟のロバートと共に飾られている。

文化[編集]

2005年に封切られたイギリスで人気の題材『グレーフライアーズ・ボビー』を元とした映画『ユアン少年と小さな英雄』で、ウィリアム・チェンバース役をクリストファー・リーが演じた。

参考文献[編集]

  1. ^ Fyfe, Aileen (2012) Steam-Powered Knowledge: William Chambers and the Business of Publishing, 1820-1860 Chicago: University of Chicago Press
  2. ^ per Wikipedia at チェンバース ハラップ社, 1st publication date, retrieval date: 2009-03-09
  3. ^ McWilliam, C (1975). Scottish Townscape. London: Collins. p. 196. ISBN 0-00-216743-3. 
  4. ^ Buildings of Scotland: Edinburgh by colin Mcwilliam

外部リンク[編集]