パトリック・ビスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • パトリック・ビスミュート
  • パトリック・ビスムート
  • パトリック・ビスムス

パトリック・ビスマス(Patrick Bismuth, 1954年12月15日[1] - )は、チュニジア出身のヴァイオリン奏者。[2]

チュニスの生まれ。パリ音楽院ローラン・シャルミーとジャック・デュモンの各氏にヴァイオリンを師事し、クレール・ベルナールアルベルト・リジーティボール・ヴァルガの各氏にも学んだ[3]ルイ・ティリージャン=クロード・マルゴワールの知己を得て古楽器奏法に通じるようになった。1993年から1998年までパリ音楽院でヴァイオリンの古楽器奏法の講座を受け持ち、その後はヴェルサイユ音楽院などで教鞭をとる。1995年にはアトランティス弦楽四重奏団を結成している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Bosse, Patrice (2014年6月26日). “Du violon baroque le 2 juillet à la sous-préfecture”. actu.fr. オリジナルの2018年10月7日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/ouk1K 2018年10月7日閲覧。 
  2. ^ パトリック・ビスマス - Discogs
  3. ^ Patrick Bismuth | Chef d'orchestre - violoniste”. 2016年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月7日閲覧。