カスパル・コメリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Caspar Commelijn
コメリンらが描かれたトローストの絵画
Inspectors of the Collegium Medicum - 1724

カスパル・コメリン(Caspar Commelin または Caspar Commelijn 、1668年10月14日 - 1731年12月25日)は、オランダ植物学者である。

生涯[編集]

アムステルダムに生まれた。出版業者で、歴史家のイサーク・コメリン(Isaac Commelin)の孫で新聞出版者の同名のカスパル・コメリンの息子である。叔父に植物学者のヤン・コメリンがいる。ライデン大学医学を学び、1694年に医学の学位を得た。アムステルダムに戻り、ペーター・ホットン(Peter Hotton)の後を受けて、叔父が市長のJoan Huydecoper IIとともに設立したアムステルダム植物園(Hortus Botanicus Amsterdam)の植物学者となり、園長を務めることになった。

叔父が未完で残した、"Flora Malabarica sive Horti Malabarici catalogus exhibens omnium eiusdem Plantarum nomina, quae è variis, tum veteribus tum recentioribus Botanicis collegit, & in ordinen Alphabeticum digessit" を完成させ、アムステルダム市から資金を得て出版した。1703年に希少植物の分類に関する著書を出版し、アテナイオン学園(Athenaeum Illustre、アムステルダム大学の前身)の教授となった。フレデリクス・ルイシとともにオランダやそれ以外の地域の植物の分類を行った。

コメリンらの"Flora Malabarica"はジョン・レイの分類体系に基づいて多くの植物の分類を行い、植物画家、ヤン・モニンクス(Jan Moninckx)の図版がつけられ、カール・フォン・リンネの『植物の種』(Species Plantarum)に参照された。

1724年に医学校(Collegium Medicum)の監査員になり、この時代の姿が トロースト(Cornelis Troost)の絵画に残され、アムステルダム歴史博物館で見ることができる。

著作[編集]

  • Flora Malabarica sive Horti Malabarici catalogus exhibens omnium eiusdem Plantarum nomina, quae è variis, tum veteribus tum recentioribus Botanicis collegit, & in ordinen Alphabeticum digessit (Leiden, 1696)
  • Plantarum usualium horti medici Amstelodamensis Catalogus (Amsterdam, 1698)
  • Praeludia Botanica ad Publicas Plantarum exoticarum demonstrationes, dicta in Horto Medico, cum demonstrationes exoticarum 3 Octobris 1701, & 29 Mai 1702 (Leiden, 1703). Digital edition by the University and State Library Düsseldorf
  • Horti medici Amstelaedamensis Plantae Rariores et Exoticae Ad vivum aeri incisae (Leiden, 1706)
  • Botano-Graphia a nominum barbarismis restituta, quam Florae-Malabaricae nomine celebrem, alphabetice ordinavit (Leiden, 1718)
  • Caspari Commelini Horti Medici Amstelaedamensis plantarum usualium catalogus (Amsterdam, 1724)