近祐次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
近 祐次郎
生誕 (1972-10-09) 1972年10月9日(47歳)
日本の旗 日本北海道釧路市
職業 医師臨床研究員(Fellow)
給料 未公開
純資産 未公開
配偶者 未公開
公式サイト 未公開
補足
血液型O型

近 祐次郎(こん ゆうじろう、1972年10月9日 - )は、日本医師北海道大学医学博士)、セントトーマス病院Fellow。

医師[編集]

北海道釧路市で生まれる。北海道札幌南高等学校から北海道大学医学部に進み、1998年卒業し医師免許を取得する。北見赤十字病院、帯人厚生病院、釧路赤十字病院、市立札幌病院で勤務。その後、北海道大学病院免疫血液内科(第二内科)に所属し、2007年北海道大学大学院医学系研究科博士課程を修了する。時計台記念病院リウマチ科に勤務後、2009年英国に渡りセントトーマス病院にClinical Research Fellowとして研究に従事している。

医学者[編集]

主な論文[編集]

  1. Oizumi S, Kon Y, Ishida T, Yamazaki K, Itoh T, Ogura S, Dosaka-Akita H, MorikawaT, Shimizu M, Katoh H, Kawakami Y.  A rare case of bronchial glomus tumor.  Respiration. 68(1): 95-98 (2001. 6)
  2. Sakurai N, Mukai M, Kon Y, Notoya A, Kohno M, Tsuchiya K. Ankylosing spondylitis associated with vitiligo: a case report  Modern Rheumatology 12(4) Page 346-348 (2002.12)
  3. Mukai M, Kon Y, Notoya A, Kohno M. Helicobacter pylori associated with idiopathic thrombocytopenic purpura. Am J Med. 113(2):169-71. (2002.08)
  4. Hashimoto T, Jodo S, Furusaki A, Kon Y, Amasaki Y, Atsumi T, Komatsu H, Shimokawa J, Yonezawa K, Koike T.A woman with infectious endocarditis caused by Abiotrophia defectiva. Intern Med. 43(10):1000-1004, (2004)
  5. Kon Y, Bohgaki M, Notoya A, Mukai M, Kohno M, Sato H. Microscopic polyangiitis triggered by fungal infection. Hokkaido Igaku zasshi 81(1) Page5-8 (2006.01)
  6. Nyambayar D, Iwabuchi K, Hedlund E, Murakawa S, Shirai K, Iwabuchi C, Kon Y, Miyazaki Y, Yanagawa Y, Onoé K. Characterization of NKT-cell hybridomas expressing invariant T-cell antigen receptors.  J Clin Exp Hematop. 47: 1-8. (2007.03)
  7. Miyazaki Y, Iwabuchi K, Iwata D, Miyazaki A, Kon Y, Niino M, Kikuchi S, Yanagawa Y, Kaer LV, Sasaki H, Onoé K.Effect of high fat diet on NKT cell function and NKT cell-mediated regulation of Th1 responses. Scand J Immunol. ;67(3):230-7 (2008.03)
  8. Kon Y, Atsumi T, Hagiwara H, Furusaki A, Kataoka H, Horita T, Yasuda S, Amengual O, Koike T Thrombotic microangiopathy in patients with phosphatidylserine dependent anti-prothrombin antibodies and anti-phospholipid syndrome Clin Exp Rheuma; 26(1): 129-132 (2008.01)
  9. Fukae J, Shimizu M, Kon Y, Tanimura K, Matsuhashi M,Kamishima T,Koike T Screening for rheumatoid arthritis with finger joint power Doppler ultrasonography : quantification of conventional power Doppler ultrasonographic scoring Modern rheumatology 19(5), 502-506, (2009.10)
  10. Fukae J, Kon Y, HenmiM, Sakamoto F, Narita A, Shimizu M, Tanimura K,Matsuhashi M,Kamishima T, Atsumi T, Koike T Change of synovial vascularity in a single finger joint assessed by power doppler sonography correlated with radiographic change in rheumatoid arthritis: Comparative study of a novel quantitative score with a semiquantitative score. Arthritis Care & Res; 62(5): 657–663 (2010.05)
  11. Kamishima T, Tanimura K, Aoki Y, Kosaka N, Shimizu M, Matsuhashi M, Fukae J, Kon Y, Terae S, Shirato H Simplified approach to MR image quantification of the rheumatoid wrist: a pilot study. Skeletal Radiol. [Epub] (2010.05)
  12. Kamishima T, Tanimura K, Shimizu M, Matsuhashi M, Fukae J, Kon Y, Hagiwara H, Narita A, Aoki Y, Kosaka N, Atsumi T, Shirato H, Terae S. Monitoring anti-interleukin 6 receptor antibody treatment for rheumatoid arthritis by quantitative magnetic resonance imaging of the hand and power Doppler ultrasonography of the finger. Skeletal Radiol. [Epub] (2010.11)
Japanese

綜説

  1. 谷村 一秀、深江 淳、近 祐次郎: 画像検査 関節エコー法 (関節リウマチの検査・診断)  日本臨床 68:284-288 (2010)
  2. 近 祐次郎、谷村 一秀: 超音波によるRAの関節炎の評価   Frontiers in rheumatology & clinical immunology 3(3), 144-149 (2009)
  3. 近 祐次郎, 渥美達也, 小池隆夫: 抗リン脂質抗体症候群の診断のポイントとベストの治療ガイドライン   内科93(2) 248-253 (2004)
  4. 近 祐次郎, 渥美達也, 小池隆夫: 抗リン脂質抗体症候群の予防法と治療法.  Medical Practice 20 (4) 625-628 (2003)

学会発表[編集]

International
  1. Kon Y, Atsumi T, Kondo M, Furusaki A, Yasuda S, Jodo S, Amasaki Y, Koike T Significance of the Cytomegalo virus antigenemia in patients with connective tissue diseases under high dose corticosteroids. 7th International Lupus Congress, New York, New York USA 9-13 May 2004
  2. Kon Y, Atsumi T, Kondo M, Furusaki A, Yasuda S, Jodo S, Amasaki Y, Koike T Thrombotic thrombocytopenic purpura associated with phosphatidylserine-dependent anti-prothrombin antibodies in two patients with secondary anti-phospholipid syndrome. 7th International Lupus Congress New York, USA, 9-13 May 2004
  3. Kon Y, Atsumi T, Sakai Y, Bohgaki M, Yasuda S, Olga A, Amasaki Y, Koike T. Thrombotic thrombocytopenic purpura in two patients with antiphospholipid syndrome 11th International Congress on Anti-phospholipid Antibodies, Sydney, Australia, 14-17 November, 2004
Japanese
oral presentation only
  1. 近祐次郎, 深江淳, 北野明美, 坂本文彦, 成田明宏, 松橋めぐみ, 清水 昌人, 谷村一秀.   関節リウマチ患者のトシリズマブ使用時における滑膜炎および関節血流の超音波における解析 第53回日本リウマチ学会総会 神奈川 ,2009.4.22-25 
  2. 近祐次郎, 深江淳, 北野明美, 坂本文彦, 神島保, 成田明宏, 松橋めぐみ, 清水 昌人, 谷村一秀.   関節リウマチ患者の生物製剤使用時における手関節超音波. 第18回日本リウマチ学会東北支部部会, 福島,2008.12.11-13
  3. 近祐次郎, 北野明美, 光崎明生, 深江淳, 松橋めぐみ, 清水 昌人, 谷村一秀. 抗リン脂質抗体陽性成人発症Still病の一例. 第18回日本リウマチ学会東北支部部会, 岩手, 2007.12. 11-13
  4. 近祐次郎, 岩渕和也, Dashtsoodol Nyambayar,柳川芳樹, 小野江和義. β-hexosaminidase 欠損マウスのNKT細胞の検討.  第36回日本免疫学会学術集会, 大阪, 2006.12.11-13
  5. 近祐次郎, 渥美達也,西浦理,近藤真,古崎章,酒井良江,坊垣幸,坊垣暁之,古川真,保田晋助,浄土智,天崎吉晴,小池隆夫. 膠原病患者のステロイド治療時に出現するサイトメガロウイルス抗原血症の意義.  第48回日本リウマチ学会学術集会, 岡山, 2004.4.15-17 
  6. 近祐次郎,萩原宏美,古崎章,浄土智,天崎吉晴,渥美達也,小池隆夫 血栓性血小板減少性紫斑病を発症した二次性抗リン脂質抗体症候群の2例 第18回日本リウマチ学会東北支部部会, 青森, 2003.11.22
  7. 近祐次郎, 渥美達也, 酒井良枝, 坊垣幸, 保田晋助, オルガアメングリアル, 天崎吉晴, 小池隆夫.  抗リン脂質抗体陽性患者における中枢神経症状の解析 第47回日本リウマチ学会学術集会, 東京, 2003.4.24-26
  8. 近祐次郎,市川健司,萩原宏美,古崎章,酒井良江,坊垣幸,坊垣暁之,古川真, 深江淳,浄土智,天崎吉晴,渥美達也,小池隆夫  多彩な臨床症状を呈しMethotrexateにて寛解維持している難治性Wegener肉芽腫症 第17回日本臨床リウマチ学会総会,兵庫, 2002.11.15-16
  9. 近祐次郎, 斉藤幸,能登谷京, 向井正也, 河野通史. 結節性多発動脈炎様症状を呈し未治療で経過観察しえたシェーグレン症候群の若年男性例 第46回日本リウマチ学会学術集会, 神戸, 2002.4.22-24
  10. 近祐次郎, 能登谷京,向井正也, 河野通史. 当院におけるAggressive lymphomaの末梢血幹細胞移植の検討 第24回日本幹細胞移植学会, 札幌, 2001.12.20-21
  11. 近祐次郎, 小林寿美子, 加藤菜穂子, 太田秀一, 鈴木左知子, 田中淳司, 浅香正博, 今村雅寛  AIDS症例における多剤併用時のHIVウイルス量の測定とアミノ酸変異モニタリングの有用性について 第42 回日本輸血学会北海道支部会例会 1998.10.31

著書[編集]

  • 「超音波検査法を用いた関節リウマチの新しい診療」監修:小池隆夫 ISBN 9784779205224

外部リンク[編集]