宇多川橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇多川橋(うだがわはし)は、福島県相馬市にある橋梁である。市内を流れる二級河川宇多川に架かり、同名の橋梁が複数存在する。

常磐線[編集]

鉄道橋として、JR常磐線宇多川橋梁がある。

常磐自動車道[編集]

E6常磐自動車道宇多川橋(うだがわばし)は、福島県相馬市宇多川に架かる常磐自動車道橋梁である。

概要[編集]

歴史[編集]

隣の橋梁[編集]

真野川橋 - 町場川橋 - 宇多川橋

国道6号[編集]

国道6号標識

国道6号相馬バイパスにて、相馬東大橋のうち宇多川を渡る橋の一部名称である。

福島県道121号日下石新沼線[編集]

Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
福島県道121号標識

福島県道121号日下石新沼線にある宇多川橋は、国道6号旧々道(陸前浜街道)に当たる橋梁で、南詰は中野字寺前、北詰は中村字宇多川町に位置する。橋の南北両側には堤防上の市道と交差する信号交差点が設置されている。かつてはこの橋の北詰に番所が設けられ、中村城城下町の入口であった。現在の橋は2005年に宇多川の河川改修に伴い架け替えられたものである。橋上は上下対向2車線で供用され、両側に幅員2.5mの歩道が設置されている。

概要[編集]

  • 全長:74.5m
    • 主径間:24.8m
  • 幅員:6.0(12.0)m
  • 形式:3径間鋼連続合成鈑桁橋
  • 竣工:2005年[1]

沿革[編集]

東北中央自動車道・相馬福島道路[編集]

E13国道115号標識 東北中央自動車道相馬福島道路の宇多川橋は、相馬玉野インターチェンジ相馬山上インターチェンジ間にある松ヶ房橋の建設時の名称である[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成28年度 橋梁点検結果(福島県管理道路) - 福島県土木部
  2. ^ 宇多川橋1889-11 - 土木学会附属土木図書館
  3. ^ 宇多川橋1929- - 土木学会附属土木図書館
  4. ^ 百槻橋1964-2-1 - 土木学会附属土木図書館
  5. ^ 福島県の橋梁 平成17年度版 (PDF) - 福島県土木部
  6. ^ 橋梁の長寿命化修繕計画 - 国土交通省東北地方整備局