ギルバン・ユッダ・ビクラム・シャハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギルバン・ユッダ・ビクラム・シャハ
Girvan Yuddha Bikram Shah
ネパール王
Girvan Yuddha Bikram Shah.jpg
ギルバン・ユッダ・ビクラム・シャハ
在位 1799年 - 1816年
戴冠 1799年3月8日
出生 1797年10月19日
カトマンズハヌマン・ドーカ宮殿
死去 1816年11月20日
カトマンズハヌマン・ドーカ宮殿
子女 ラジェンドラ・ビクラム・シャハ
王朝 ゴルカ朝
父親 ラナ・バハドゥル・シャハ
母親 カンティワティー・デビー
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

ギルバン・ユッダ・ビクラム・シャハ(Girvan Yuddha Bikram Shah、1797年10月19日 - 1816年11月20日)は、ネパール王国の第4代君主(在位:1799年 - 1816年)。父は第3代君主ラナ・バハドゥル・シャハ

生涯[編集]

1797年10月19日、ギルバン・ユッダはラナ・バハドゥル・シャハの息子として生まれた[1]。母は父の溺愛するブラーフマナの娘の内妃カンティワティーである[2]

1799年、1歳2ヶ月のとき、父王が禁欲主義者となるために退位したため、王位に就いた[3][4]。だが、年長の嫡子ラノディヨートを差し置いての譲位であったため、重臣らは95名はそれを認める起請文を書かされ、戴冠式には近隣諸国で最も強力なパルパプリトヴィーパーラ・セーナ王が招かれた[5]

幼少のギルバン・ユッダは父ラナ・バハドゥル、ラージ・ラジェシュワリー・デビー皇太后、および宰相ビムセン・タパ摂政の下で統治した。その間、パルパをはじめとする領土を獲得し、西方サトレジ川に至るまで進出した。だが、1814年から1816年にかけてグルカ戦争(英・ネパール戦争)が行われ、スガウリ条約で国土のおよそ1/3を失った[6]

1816年11月20日、ギルバン・ユッダは19歳で死去した。グルカ戦争終結後に天然痘が流行、三都の住民の多くが死亡し、彼もそのうちの一人となったのである[7]。死後、息子のラジェンドラ・ビクラム・シャハがあとを継いだ[8]

脚注[編集]

  1. ^ Nepal 6
  2. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.507
  3. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.507
  4. ^ Nepal 6
  5. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.507
  6. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.515
  7. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.524
  8. ^ Nepal 6

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]