ZERO (松本大洋の漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ZERO』(ゼロ)は、松本大洋による漫画1990年から1991年まで『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に連載された。単行本は小学館から、全2巻。

あらすじ[編集]

主人公、五島雅は無敗のプロボクサー。余りに強すぎるため興行も最近では勢いがないが、老トレーナーと組んでチャンピオンベルトを守り続けてきた。しかし、最強ゆえにボクサーは皆、このチャンピオンを倒すことを望んでおり、ジムの後輩が移籍してまで五島に挑むも無惨に敗退してしまう。

五島はトラビスという南米のボクサーに興味を抱き、知り合いの新聞記者に現地まで見に行かせる。そして興行主に対戦カードを組ませる。周囲は、五島が自分と同じ匂いのするトラビスにベルトを引き継がせて引退するのではないかと勘ぐる。実際、トラビスは五島と闘うことにより、ボクサーとして成長するが、真価を発揮した五島に潰されてしまう。

外部リンク[編集]