ZEN (パルクール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ZEN(ゼン、本名:島田 康介、1993年5月13日 - )は、日本パルクールパフォーマー。日本人初のプロフェッショナルパルクールアスリート。

東京都出身。所属事務所はLDH JAPAN / LDH USA。身長174cm。血液型A型。

略歴[編集]

15歳の時、友人に見せてもらったパルクールの映像がきっかけでパルクールと出会う。

その魅力に取り付かれ、16歳には単身アメリカ・ロサンゼルスに渡り、高校在学中の三年間プロフリーランニングチームTEMPEST FREERUNNINGと共にトレーニングを積む。

2011年に行われたパルクールの国際大会『Red Bull Art of Motion Yokohama』において日本人として初めての国際大会出場を果たす。1st Runを一位通過し、ファイナリストに名を連ね 5位入賞してその名を世界に知らしめた。

以後、アスリートの傍らパルクールパフォーマーとして普及活動を行う。当時マイナーな文化であったパルクールはそのイメージからスリルを求めた危険な遊びとして誤って認識されており、正しい認識を広めることを目的にパルクールのプレイヤーとしてCMやモデル、アーティストのミュージックビデオやLIVEなどに出演するようになる。

2012年 EXILE TRIBE TOEWR OF WISH LIVE TOUR 2012 に出演。

2013年03月06日、LDH とプロ契約を結ぶ。[1]

2015年8月には、カナダで開催されたパルクールの北米大会『North American Parkour Championships』で優勝。アジア人史上初の全米・北米チャンピオンとなる。

2016年からインターナショナルチーム「Team Farang」の一員として活動拠点をアメリカロサンゼルスに移した[2]

2016年4月に行われた世界大会『WFPF Pro-Am Parkour Championship』では3位に入賞。12月21日「2本のバーの間を飛んだ最長距離(パルクール)」としてギネス世界記録の認定を受けた[3]

2017年10月、中国での世界大会『Freerun Hefei City』においても3位に入賞している。

2018年4月、『FISE ワールドシリーズ広島 2018』 練習中に右ひざを負傷により決勝のパフォーマンスを棄権した。[4]


出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

  • Windows8 「パルクール編」(2012年)
  • 森永製菓 「アイスボックス」
  • Google「Android: みんなの and」TVCM
  • SONY 「やりすぎな日曜日」
  • GREE 聖戦ケルベロス「HIROカード、降臨」篇(2012年)
  • TOWER RECORDS SHIBUYA 「LIVE LIVEFUL!」(2012年)
  • ソニーエリクソン Xperia TVCM (2012年)
  • ゼビオスポーツ TVCM

ミュージック・ビデオ[編集]

舞台[編集]

  • 「池田屋チェックイン」(2011年9月)
  • DANCE EARTH ~生命の鼓動~」(2013年2月)
  • ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル(2015年) - 神宮寺 攻 役 [6]

ライブ[編集]

  • EXILE TRIBE TOEWR OF WISH LIVE TOUR 2012 (2012年4月- 7月)
  • HiGH&LOW THE LIVE (2016年7月- 10月)

大会[編集]

  • Red Bull Art of Motion Yokohama - 5位
  • All Japan Tricking - 優勝
  • Red Bull Art of Motion Detroit - 出場
  • All Japan Tricking Battle vol.2 - 優勝
  • North American Parkour Championships - 優勝
  • Air Wipp Challenge 2015 - 5位
  • WFPF Pro-Am Parkour Championship - 3位

その他[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 【 重要 】お知らせ - オフィシャルブログ「移動芸術善空流」 (2013年3月6日) 2016年1月7日閲覧
  2. ^ パルクールパフォーマー・ZEN インタビュー【後編】 LDHとの出会いがもたらしたパフォーマンスと日本・世界へのアプローチ” (2017年10月31日). 2018年6月20日閲覧。
  3. ^ “ニコンイメージングジャパン、アクションカメラ「KeyMission」でパルクールプレーヤーZEN氏とギネス世界記録(R)達成”. モデルプレス. (2016年12月21日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000016573.html 2016年12月21日閲覧。 
  4. ^ “パルクール島田善、負傷で決勝のパフォーマンス棄権”. 日刊スポーツ. (2018年4月8日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201804080000898.html 2018年6月20日閲覧。 
  5. ^ “EXILE TRIBE、NAOTO主演ドラマでド迫力ダンス 豪華メンバーとコラボ”. モデルプレス. (2016年3月19日). http://mdpr.jp/news/detail/1572318 2016年3月19日閲覧。 
  6. ^ “アスリートのパフォーマンスや最新映像技術を駆使した新たなウルトラマンショー『ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル』東京公演が明日3/25(水)より開幕!”. 円谷ステーション. (2015年3月24日). http://m-78.jp/news/n-3011/ 2016年1月7日閲覧。 
  7. ^ [1]
  8. ^ 【Jason Paul Goes Back in Time】時空を超越した、壮絶すぎる追いかけっこ” (2017年9月14日). 2018年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]

過去