Yes We Can!-オバマ・クラシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Yes We Can!-オバマ・クラシック
バラク・オバマコンセプト・アルバム
リリース
ジャンル クラシック
レーベル avex-CLASSICS
バラク・オバマ 年表
Yes We Can!-オバマ・クラシック(2009年9月30日)核なき世界〜オバマ・クラシック2(2009年12月9日)
テンプレートを表示

Yes We Can!-オバマ・クラシック』は、avex-CLASSICSより2009年9月30日に発売されたクラシックアルバム。第44代アメリカ合衆国大統領であるバラク・オバマの演説とクラシックを合わせたアルバムで、オバマの演説のCDが発売された例は今までにいくつもあったものの、クラシックと合わせたものが発売されるのは今回が初めてのことである[1]

演奏はシエナ・ウインド・オーケストラ兵庫芸術文化センター管弦楽団新日本フィルハーモニー交響楽団NHK交響楽団ベルリン・ドイツ交響楽団などが行っており、指揮者佐渡裕金聖響などが選ばれている。3曲目のジョージ・ガーシュウィンによるラプソディ・イン・ブルーピアニスト外山啓介が演奏した。

収録曲[編集]

  1. Yes We Can! ~ サモン・ザ・ヒーロージョン・ウィリアムズ
  2. My story + 《カヴァレリア・ルスティカーナ》間奏曲(マスカーニ
  3. Hope! + ラプソディ・イン・ブルーガーシュウィン
  4. E Pluribus Unum + エニグマ変奏曲より「ニムロッド」(エルガー
  5. Yes We Can! ~《キャンディード》序曲(バーンスタイン
  6. Fired Up? ~ 威風堂々 第1番(エルガー)
  7. Change has come + 組曲《惑星》より「木星」(ホルスト
  8. It belongs to you + 交響曲第2番:第3楽章(ラフマニノフ
  9. Ann Nixon Cooper + 交響曲第9番《新世界より》:第2楽章(ドヴォルザーク
  10. Yes We Can! ~ 交響曲第9番《新世界より》:第4楽章(ドヴォルザーク)

脚注[編集]

  1. ^ “オバマ演説、クラシックとコラボ”. News2u.net. (2009年9月30日). http://www.news2u.net/releases/57338 2010年2月7日閲覧。 

外部リンク[編集]