YUME is VISION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Base Ball Bear > YUME is VISION
YUME is VISION
Base Ball Bearシングル
初出アルバム『完全版「バンドBについて」
A面 YUME is VISION
B面 君のスピード感
東京ピラミッド
ドッペルゲンガー・グラデュエーション
リリース
ジャンル ロック
レーベル RIHOMI RECORDS/BLITZ PIA RECORDS
再発:SPACE SHOWER MUSIC
Base Ball Bear シングル 年表
YUME is VISION
(2004年)
ELECTRIC SUMMER
(2006年)
テンプレートを表示

YUME is VISION」(ユメ イズ ヴィジョン)は、Base Ball Bearのインディーズ1枚目のシングル

解説[編集]

  • Base Ball Bearのインディーズ時代唯一のシングルである。
  • 初回限定盤では、片面DVDにて「SAYONARA-NOSTALGIA」のMVとライブのドキュメンタリー(ライブドキュメント04)が収録されている。
  • 2008年11月14日に、SPACE SHOWER MUSICより再発売された。(CDなどの表記はBLITZ PIA RECORDS)
  • ジャケットには、モデルの横山優貴が起用されている。

収録曲[編集]

  1. YUME is VISION
    • PVでは4人全員が役者として出演している。舞台は、Drの堀之内の地元である大井町駅周辺。
    • 元々はアルバム『夕方ジェネレーション』に収録される予定であった。しかし、レコーディング前に堀之内がアルバイトで足を負傷してしまい、バスドラムを連打することができなくなったため、別の2曲が同作に収録されることとなった。
  2. 君のスピード感
    • 関根から聴いた女の子の話が元になっている曲。
  3. 東京ピラミッド
    • 製作当時の小出はアンダーグラウンドな雑誌に凝っており、そんな感じの曲が作りたいと思い作った曲だという。
  4. ドッペルゲンガー・グラデュエーション
    • 小出が混沌としていた昔の自分からの「卒業」を意味して作った曲。

脚注[編集]

[ヘルプ]