YMO GO HOME!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
YMO GO HOME!
YMOベスト・アルバム
リリース
録音 1978年 - 1993年
ジャンル テクノ
時間
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
プロデュース 細野晴臣
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 6位(オリコン
  • YMO アルバム 年表
    We Love YMO
    1993年
    YMO GO HOME!
    1999年
    ONE MORE YMO
    2000年
    テンプレートを表示

    YMO GO HOME!』(ワイエムオー・ゴー・ホーム!)は、細野晴臣監修によるイエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)のベスト・アルバム

    1999年9月22日東芝EMIよりリリースされた。

    解説[編集]

    YMO結成20周年を記念して企画された一連のオリジナル・アルバム再発売と同時に発売されたベスト・アルバムである。従来のYMOのベスト・アルバムはレコード会社主導であったが、本作は初めてメンバー(細野晴臣)が公式にプロデュースしている。また、初のデジタルリマスタリング作品でもあり、リマスタリングは小池光夫(Ast)が担当した。

    ボーナストラックには1980年写楽祭で演奏された「Where Have All The Flowers Gone?(花はどこへ行った)」と「La Femme Chinoise」(中国女)が納められている(スタジオで録音され、ライヴ演奏と称して演奏されたもの)。それぞれアコースティック・トリオで演奏され、YMOメンバーのギター演奏を聴くことができる。また、いくつかの曲はオリジナル・アルバムとは異なるバージョンで収録されており、「THE END OF ASIA」は未発表バージョンとなっている。「NICE AGE」は、シングル及びアルバム『X∞Multiplies』(1980年)収録版と同じフェードアウトバージョンで収録している[1]。なお、ミックスはアルバム『増殖』(1980年)収録のカットアウトバージョンとの違いはない。「ポケットが虹でいっぱい/POCKETFUL OF RAINBOWS」(1993年)もシングルバージョンで収録されている。「ポケットが虹でいっぱい」のシングルバージョンが収録されたベスト盤は本作のみとなっている。「TIGHTEN UP (A&M MIX)」は「オーヴァー・シーズ・コレクション」にも収録されたアメリカで発売された12インチシングル盤に収録されたバージョン。

    ジャケットデザインは、テイ・トウワである。初回版はスリップ・ケース付き。

    リリース履歴[編集]

    No. 日付 国名 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
    1 1999年9月22日 日本 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-24231〜2 6位
    2 2007年3月21日 日本 ソニー・ミュージックダイレクト CD MHCL-1043〜4 198位

    収録曲[編集]

    Disc 1
    全編曲: YMO。
    #タイトル作詞作曲時間
    1.「JINGLE“Y.M.O.”」 イエロー・マジック・オーケストラ
    2.RYDEEN 高橋ユキヒロ
    3.BEHIND THE MASK クリス・モスデル坂本龍一
    4.INSOMNIAクリス・モスデル細野晴臣
    5.CUE高橋幸宏、細野晴臣、ピーター・バラカン高橋幸宏、細野晴臣
    6.「U・T」 YMO
    7.「NICE AGE」クリス・モスデル高橋ユキヒロ、坂本龍一
    8.体操/TAISO坂本龍一坂本龍一、YMO
    9.「COSMIC SURFIN'」 細野晴臣
    10.以心電信/YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF細野晴臣、ピーター・バラカン坂本龍一、高橋幸宏
    11.ポケットが虹でいっぱい/POCKETFUL OF RAINBOWSFred Wise、Ben Weisman/日本語詞:湯川れい子Fred Wise、Ben Weisman
    12.東風/TONG POO (SPECIAL DJ COPY) 坂本龍一
    13.中国女/LA FEMME CHINOISE (ACOUSTIC VERSION)」クリス・モスデル高橋ユキヒロ
    14.「FIRE CRACKER」 マーティン・デニー
    合計時間:
    Disc 2
    #タイトル作詞作曲時間
    1.「MULTIPLIES」 エルマー・バーンスタイン
    2.TIGHTEN UP (A&M MIX)」ビリー・ブッチャーアーチー・ベル
    3.SIMOONクリス・モスデル細野晴臣
    4.「CITIZENS OF SCIENCE」クリス・モスデル坂本龍一
    5.「CAMOUFLAGE」高橋幸宏、ピーター・バラカン高橋幸宏
    6.「GRADATED GREY」細野晴臣、ピーター・バラカン細野晴臣
    7.「PURE JAM」高橋幸宏、ピーター・バラカン高橋幸宏
    8.「LOTUS LOVE」細野晴臣細野晴臣
    9.君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-松本隆YMO
    10.「SHADOWS ON THE GROUND」坂本龍一、高橋幸宏、ピーター・バラカン坂本龍一、高橋幸宏
    11.BE A SUPERMAN坂本龍一、高橋幸宏坂本龍一、高橋幸宏
    12.WHERE HAVE ALL THE FLOWERS GONE? (ACOUSTIC VERSION)」ピート・シーガーピート・シーガー
    13.TECHNOPOLIS 坂本龍一
    14.「THE END OF ASIA」 坂本龍一

    曲解説[編集]

    Disc 1[編集]

    1. JINGLE“Y.M.O.”
    2. RYDEEN
    3. BEHIND THE MASK
    4. INSOMNIA
    5. CUE
    6. U・T
    7. NICE AGE
    8. 体操/TAISO
    9. COSMIC SURFIN'
    10. 以心電信/YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF
    11. ポケットが虹でいっぱい/POCKETFUL OF RAINBOWS
    12. 東風/TONG POO (SPECIAL DJ COPY)
    13. 中国女/LA FEMME CHINOISE (ACOUSTIC VERSION)
    14. FIRE CRACKER

    Disc 2[編集]

    1. MULTIPLIES
    2. TIGHTEN UP (A&M MIX)
    3. SIMOON
    4. CITIZENS OF SCIENCE
    5. CAMOUFLAGE
    6. GRADATED GREY
    7. PURE JAM
    8. LOTUS LOVE
    9. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-
    10. SHADOWS ON THE GROUND
    11. BE A SUPERMAN
    12. WHERE HAVE ALL THE FLOWERS GONE? (ACOUSTIC VERSION)
    13. TECHNOPOLIS
    14. THE END OF ASIA

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ シングルの方がフェイドアウトが早い。