YM3526

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Yamaha YM3526

YM3526(FM Operator type - L、OPL)は1984年ヤマハ(日本楽器製造株式会社(当時))が開発したFM音源チップである。 また、本チップより派生した上位チップを含めて「OPLシリーズ」と呼称される。 非常に多くのバリエーションが派生し、以後のほとんどのローエンド向けFM音源の基礎となった。

国立科学博物館の2019年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録された[1][2]

概要[編集]

2オペレーター、同時発音数最大9音のFM音源に加え、プログラマブルタイマーを2系統内蔵する。 キャプテンシステムおよび文字多重放送受信端末向けとして開発されたため、標準端末仕様のサウンド要件(メロディ6和音+リズム5音)を満たすためのモードがある。

ADSRパラメータは同時期のYM2203(OPN)と比べて簡略化されており、持続音モードと減衰音モードを選択することで、前者ではサスティン・レイトがゼロに固定され、後者ではリリース・レイトが約7(マスタークロックに3.58MHzを印加した場合の相当値)に固定される。レジスタ上のリリース・レイトは、前者ではリリース・レイト、後者ではサスティン・レイトとして機能する。

エンベロープパラメータは発音中に任意に設定可能であるため、キーON時に減衰音モードとしてサスティン・レイトを指定し、キーOFF時に持続音モードに変更してリリース・レイトを指定することで、YM2151(OPM)やYM2203(OPN)と同じようなエンベロープの生成が可能である。

発売後、ほどなくして完全上位互換のYM3812(OPL2)が発売されて製造が中止されたため、オリジナルのOPLの使用例は多くない。

動作モード[編集]

OPLシリーズの特徴として、キャプテンシステム端末仕様・文字多重放送受信端末仕様に適合するためのリズム音モードを有することが挙げられる。

これは、一部のチャンネルを1オペレータごとに分割、さらに内蔵のノイズジェネレータを合成することで、バスドラム、スネアドラム、タムタム、ハイハット、トップシンバルの5種類のリズム音を発生させる物である。

リズム音として使用されるチャンネルについても、リズム音に適した音色データをユーザーが設定する必要がある。また、発音する音程(周波数)も楽音と全く同様に指定するが、スネアドラムとハイハット、タムタムとトップシンバルは周波数レジスタを共有しているため、一つの周波数値(F-Number)でそれぞれの音色に最適な音程となるように倍率設定値(Multiple Level)を設定する。

バスドラムについては、音色設定も周波数設定も楽音用チャンネルと全く同様で、単にノートON/OFFを設定するフラグの位置が変わるだけなので、楽音用の音色と周波数値を設定することで楽音として使用する事もできる。[3]

このような使い方をする場合、当然バスドラム用チャンネルはバスドラムとしては使用できなくなるため、バスドラムを使用しない、またはタムタム用チャンネルの音色と周波数の設定によってバスドラムの代用とするなどの運用が要求される。

したがって、実運用上は以下の3つの動作モードを持っていると言える。

  • リズム音モード有効:メロディ6音+リズム5音
  • リズム音モード有効:メロディ7音+リズム4音
  • リズム音モード無効:メロディ9音

この特性は、後続のOPLシリーズにも引き継がれているが、同様の仕組みのリズム音モードを持つOPLL系では、リズム音モード用の音色をユーザーが設定できないため、大幅に使い勝手が異なる。

搭載されたパーソナルコンピュータおよび周辺機器[編集]

  • FM Sound Expander コモドール64用のFM音源カートリッジ。後にOPL2に換装する改造が流行した。

使用されたアーケードゲーム[編集]

  • テラクレスタ 前述の事情によりOPLが早々に生産中止となったため、OPNで代替されたバージョンが存在する。
  • バブルボブル ごく初期のロットにYM3526が搭載され、後にYM3812にリプレースされた。
  • TATSUJIN リズム音モードの使用方法が独特。

派生品[編集]

  • Y8950 (MSX-AUDIO) キャプテン端末仕様ではオプションだったADPCMを追加したもの。
  • YM3812 (OPL2) 変調の原波形を4種類から選べるようにした上位互換チップ。爆発的に普及した。
  • YMF262 (OPL3) OPL2を2つ分内蔵し、さらに2チャンネルを束ねて4オペレータとして使用するモードが追加された。PC向けにさらに爆発的に普及し、多くのバリエーションを生んだ。

脚注[編集]

[脚注の使い方]