YM2612

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
YM2612

YM2612 (OPN2) は、1988年ヤマハが開発した4オペレータ、同時発音数6音ステレオFM音源機能を持ったFM音源チップ。プログラマブルタイマーを2系統と、DACを内蔵している。

FM音源部はYM2608 (OPNA) に準ずる。SSG、リズム音源、ADPCMは搭載されていないが、Ch.6をDACとして使うことでPCMを再生することができる。レジスタは一部が多少異なるが、FM音源演奏部に関してはまったく同じ配置となっており、使い方も同様である。

このチップが搭載された主なハードウェアとして、富士通FM TOWNSや、SEGAメガドライブ(初期型)[1]セガ・システム32などがあげられる。 ただし、メガドライブの後期型は、本チップのCMOS版にあたるYM3438が搭載されている[1]。また、YM3438はSEGA UFOキャッチャーシリーズ(NEW UFOキャッチャーから7secondまで)にも搭載されている。

本チップの関連チップとして、YMF276があり、こちらはD/Aコンバータの精度が異なる (16Bit)。汎用のシリアル接続DACを接続できる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 風のイオナ (2020年9月25日). “ミュージック フロム ゲームワールド:Track 209 メガドライブ版「マッドストーカー」,「KOF'98」&「KOF'99」”. www.4gamer.net. Aetas. 2020年9月25日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]