YInMnブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
YInMnブルー
YInMn Blue - cropped.jpg
Identification
組成式 YIn1-xMnxO3
結晶系 六方晶系
結晶対称性 P63cm
単位格子 a = 6.24 Å; c = 12.05 Å
明るい青色から深青色
テンプレートを表示
YInMnブルー
インミンブルー
YInMn Blue
 
16進表記 #2e5090
RGB (45.82, 79.92, 143.51)
CMYK (68.07, 44.31, 0, 43.72)
HSV (219.06°, 68.07%, 56.28%)
表示されている色は一例です
Crystal structure of YInMn Blue

YInMnブルー(インミンブルー、: YInMn blue)は、無機青色顔料の一種である。Yはイットリウム、Inはインジウム、Mnはマンガンを示す。2009年にオレゴン州立大学のマス・サブラマニアン教授(Mas Subramanian)のチームによって偶然発見された[1]

チームの大学院生であったAndrew E. Smithは、その他の前駆体と混合し、1,093 °C (1,967 °F)まで加熱した酸化マンガン類の電気的特性を研究していた。この材料は鮮やかで完璧に近いを示し、異常に高いNIR反射率を示した[1][2][3]

この新たな顔料は2016年にShepherd Color Companyによって商品化される[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b Smith, Andrew E.; Mizoguchi, Hiroshi; Delaney, Kris; Spaldin, Nicola A.; Sleight, Arthur W.; Subramanian, M. A. (2009-12-02). “Mn3+ in Trigonal Bipyramidal Coordination: A New Blue Chromophore”. Journal of the American Chemical Society 131 (47): 17084–17086. doi:10.1021/ja9080666. ISSN 0002-7863. http://dx.doi.org/10.1021/ja9080666. 
  2. ^ Smith, Andrew E.; Comstock, Matthew C.; Subramanian, M. A. (2016-10-01). “Spectral properties of the UV absorbing and near-IR reflecting blue pigment, YIn1-xMnxO3”. Dyes and Pigments 133: 214–221. doi:10.1016/j.dyepig.2016.05.029. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0143720816302194. 
  3. ^ Cool Roofs | HEATISLAND”. 2016年7月2日閲覧。
  4. ^ New, Vibrant Blue Pigment Comes to Market - artnet News” (en-US) (2016年6月20日). 2016年6月29日閲覧。
  5. ^ Licensing agreement reached on brilliant new blue pigment discovered by happy accident | News and Research Communications | Oregon State University”. 2016年7月2日閲覧。