Ya-Ya-yah

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
YA-YAから転送)
Ya-Ya-yah
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2001年[1] - 2007年10月
レーベル ポニーキャニオン
2002年
事務所 ジャニーズ事務所
メンバー 薮宏太
八乙女光
鮎川太陽
山下翔央
旧メンバー 赤間直哉
星野正樹
安藤靖浩
吉田雄基

Ya-Ya-yah(ヤーヤーヤー)は、ジャニーズ事務所に所属していたジャニーズJr.男性アイドルグループ

グループ名の由来については、結成時のメンバーの頭文字[2]、初期メンバー[注 1]のイニシャル[3]ビートルズの曲『A Hard Day's Night』(旧邦題『ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』)[4][5]など諸説ある。

メンバー[編集]

プロフィール出典[2]

旧メンバー[編集]

  • 赤間直哉(あかま なおや、1991年4月5日 - ) - 東京都出身。
  • 星野正樹(ほしの まさき、1987年10月10日 - ) - 東京都出身。
  • 安藤靖浩(あんどう やすひろ、1987年1月21日 - ) - 大阪府出身。
  • 吉田雄基(よしだ ゆうき、1987年11月16日 - ) - 東京都出身。

来歴[編集]

2001年
2002年
  • Duet』4月号にて薮宏太・鮎川太陽・山下翔央・赤間直哉・星野正樹・安藤靖浩・吉田雄基の7名で、平均年齢12.7才のJr.新ユニット「YA-YA-YAH」として紹介される[2]
  • フジテレビの大型スポーツイベント「KICK!ODAIBA 2002」(4月27日 - 5月6日)のオープニングイベントに参加してスペシャルライブを行い、CDデビュー決定を発表[7]。この時のメンバーは薮宏太、赤間直哉、山下翔央、鮎川太陽、星野正樹の5人[1][7]
  • 5月15日、『勇気100%/世界がひとつになるまで』にてCDデビュー[1]。ユニットの平均年齢は当時の事務所において史上最年少のCDデビューであった[1][7]
2003年
2004年
2005年
2007年
  • 9月21日、薮と八乙女が同事務所所属グループ「Hey! Say! JUMP」のメンバーとなり[1]、番組『Ya-Ya-yah』も10月27日放送分で最終回を迎え、その後活動が見られなくなる[注 2]
2017年

作品[編集]

CD[編集]

楽曲[編集]

タイアップに関してはジャニーズ タイアップ一覧#Ya-Ya-yahを参照のこと。JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「Ya-Ya-yah」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

  • LOVE together 2002[7](作詞:堂本光一、作曲:馬飼野康二[注 3] - JASRAC作品コード:092-9792-8
  • 合言葉はYa-Ya-yah[16](作詞:YUKAKO、作曲:馬飼野康二) - JASRAC作品コード:106-0850-8
  • Singin for you[16](作詞:TAKESHI、作曲:ha-j/J) - JASRAC作品コード:108-0870-1
  • Just wanna lovin' you[16](作詞:平田純子、作曲:清水達也) - JASRAC作品コード:109-9452-1
  • Up Down Ya-Ya-yah[16](作詞・作曲:永井真人) - JASRAC作品コード:109-9349-5:
  • START![16](作詞・作曲:酒井ミキオ) - JASRAC作品コード:122-6017-7
  • Never stop the Music[16](作詞:成瀬英樹飯田建彦、作曲:飯田建彦) - JASRAC作品コード:122-6021-5
  • 2 of Us[16](作詞:821R・飯田建彦、作曲:飯田建彦) - JASRAC作品コード:122-6022-3
  • 風に乗って(作詞・作曲:岩崎貴文) - JASRAC作品コード:126-6173-2
  • ひまわりのメロディ(作詞:相田毅、作曲:谷本新) - JASRAC作品コード:128-7037-4
  • 新しい夜明け(作詞:小間浩子、作曲:酒井ミキオ) - JASRAC作品コード:122-6018-5
  • BAD★NICE(作詞:相田毅、作曲:西岡和哉) - JASRAC作品コード:134-9085-1
  • IKUJINASHI(作詞・作曲:宮崎歩) - JASRAC作品コード:128-7059-5
  • JEWEL STAR(作詞:821R/漆野淳哉、作曲:清水昭男) - JASRAC作品コード:132-4821-9
  • サマー×サマー×サマー!(作詞:日比野裕史・821R、作曲:日比野裕史) - JASRAC作品コード:132-7454-6
  • TO THE FREEDOM(作詞・作曲:Gajin) - JASRAC作品コード:134-9082-6
  • 愛しのプレイガール(作詞:Zopp、作曲:熊谷憲康) - JASRAC作品コード:137-0182-7
  • 手をつないでゆこう(作詞:Ya-Ya-yah・酒井ミキオ、作曲:酒井ミキオ) - JASRAC作品コード:137-0192-4
  • 世界がひとつになるまで(作詞:松井五郎、作曲:馬飼野康二) - JASRAC作品コード:028-9763-6
  • 憧れのEGOIST(作詞:古屋真、作曲:TSUKASA) - JASRAC作品コード:134-9096-6
  • いま進もう(作詞:八乙女光、作曲:磯崎建史) - JASRAC作品コード:140-7468-1
  • BABY BABE(作詞:白井裕紀、作曲:JOVETTE RIVERA AND JOEY CARBONE) - JASRAC作品コード:142-9646-2
  • U-WA U-WA(作詞:TAKESHI、作曲:飯田建彦) - JASRAC作品コード:103-5110-8

出演[編集]

各メンバー単独出演は、それぞれの記事に記載。

バラエティ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

コンサート[編集]

ジャニーズJr.としての出演のみ。その他は#単独コンサートを参照。

単独コンサート[編集]

2005年 1月2日 新年so-soh 金八トリオYa-Ya-yah コンサート 1か所1公演
1万5000人動員[12]
横浜アリーナ 初の単独コンサート[12]NEWSKAT-TUNが応援に駆け付けた[12]
3月26日 Ya-Ya-yah 春休み横浜アリーナコンサート 1か所2公演
3万人動員[31]
横浜アリーナ 2度目の単独コンサート[32]。オリジナル曲を中心に全25曲を披露。「金八トリオ卒業記念コンサート」と題され、亀梨和也がスペシャルゲストとして登場。『3年B組金八先生』で八乙女が演じた丸山しゅうの“特別卒業式”が行われ、劇中では受け取れなかった卒業証書が渡される演出もあった。[31][32]

イベント[編集]

  • KICK! ODAIBA 2002(2002年4月29日 - 5月6日、お台場 フジテレビ) - 薮・赤間・鮎川・山下・星野[7]
  • 忍たま乱太郎 10周年記念イベント(2002年5月12日、Zepp TOKYO) - 薮・赤間・鮎川・山下・星野[33]
  • 忍たま乱太郎 公開イベント(2002年6月22日、Zepp TOKYO) - 薮・赤間・鮎川・山下・星野
  • パタヤミュージックフェスティバル(2003年3月19日 - 24日、タイ王国) - 薮・八乙女(メンバー外として出演)・山下

連載[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 出典[3]にはY(藪)、A(赤間)、Y(山下)、A(鮎川)、H(星野)と記載されている。
  2. ^ 解散との公式声明は無し[14]
  3. ^ 原曲は2001年に発表された☆☆I★N★G★進行形のオリジナル曲[15]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 高城龍二 (2015年11月17日). “【ジャニーズ深堀】幻のグループ「Ya-Ya-yah」 Hey!Say!JUMP登場で複雑なファン心理と、メンバーの今”. T-SITEニュース. 2015年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月28日閲覧。
  2. ^ a b c 「YA-YA-YAH発進!」『Duet』2002年4月号、ホーム社、 50-51頁。
  3. ^ a b 田中誠「[ZipZap]仕事、気合入る いえーいッ Ya-Ya-yahの皆さん」『読売新聞』2003年3月6日、朝刊2部、第1面。
  4. ^ “ジャニーズJr.が最年少武道館ライブ”. Daily Sports online. (2006年11月26日). オリジナルの2006年11月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061128074940/http://www.daily.co.jp/gossip/2006/11/26/0000176808.shtml 2017年2月16日閲覧。 
  5. ^ a b “「ジャニーズJr」武道館で新春公演”. Sponichi Annex. (2007年1月3日). オリジナルの2007年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070110005917/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20070103008.html 2016年12月25日閲覧。 
  6. ^ a b アーティスト詳細 - 八乙女光”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2012年8月30日). 2016年2月21日閲覧。
  7. ^ a b c d e “Ya-Ya-Yah、光GENJIの曲でCDデビュー”. SANSPO.COM. (2002年4月28日). オリジナルの2003年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031005150927/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200204/g_top2002042804.html 2016年1月8日閲覧。 
  8. ^ a b “ジャニーズJr.藪宏太が宿題抱えて舞台”. nikkansports.com. (2003年7月25日). オリジナルの2003年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030810014118/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-030725-0005.html 2016年12月25日閲覧。 
  9. ^ Johnny’snet>Artists>Hey!Say!JUMP>Biography>2003”. 2019年10月2日閲覧。
  10. ^ 「アラタメマシテ!」『duet』2004年6月号、ホーム社、 56-59頁。
  11. ^ “Ya-Ya-yahの鮎川ら出演…TBS金八先生”. SANSPO.COM. (2004年9月5日). オリジナルの2005年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050207085849/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200409/gt2004090508.html 2016年7月7日閲覧。 
  12. ^ a b c d “Ya-Ya-yah初の単独コンサート…春休みにも”. SANSPO.COM. (2005年1月3日). オリジナルの2005年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051113091751/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200501/gt2005010305.html 2016年2月21日閲覧。 
  13. ^ a b “金八トリオ 麻薬・自殺未遂 重いテーマに10代が体当たり”. nikkansports.com. (2005年). オリジナルの2005年12月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051219123449/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/drama_gp/2005/dgp-0507shinjin.html 2017年8月1日閲覧。 
  14. ^ a b 薮宏太&八乙女光、“Ya-Ya-yah”復活が話題「帝劇が揺れた」”. モデルプレス (2017年1月19日). 2017年1月25日閲覧。
  15. ^ “光一“演出”ジャニーズ新ユニット”. Sponichi Annex. (2001年6月27日). オリジナルの2001年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011213232208/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2001/06/27/02.html 2016年7月7日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g 「金八トリオ卒業記念 Ya-Ya-yah 05春休み横浜アリーナコンサート」『Wink up』2005年6月号、ワニブックス、 74-75頁。
  17. ^ a b “関ジャニ8が「Ya-Ya-yah」の年末拡大版出演”. SANSPO.COM. (2003年11月3日). オリジナルの2005年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050207223841/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200311/gt2003110306.html 2016年7月7日閲覧。 
  18. ^ 鮎川太陽のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2015年12月27日閲覧。
  19. ^ 山下翔央のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2015年12月27日閲覧。
  20. ^ “Ya-Ya-yah主演で6年ぶり「スタンド・バイ・ミー」”. SANSPO.COM. (2003年7月25日). オリジナルの2005年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050206040044/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200307/gt2003072524.html 2016年7月7日閲覧。 
  21. ^ "Johnny's net>Artists>Hey!Say!JUMP>Biography>Hey!Say!JUMP>2003"”. 2019年10月1日閲覧。
  22. ^ “「Ya−Ya−yah」がスタンド・バイ・ミー”. Sponichi Annex. (2004年5月17日). オリジナルの2004年6月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040624212021/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2004/05/17/05.html 2016年7月7日閲覧。 
  23. ^ “Ya-Ya-yah1年ぶりの「スタンド・バイ・ミー」”. SANSPO.COM. (2004年5月16日). オリジナルの2005年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050207183646/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200405/gt2004051715.html 2021年8月8日閲覧。 
  24. ^ DVD『One! -the history of Tackey-』の付属ブックレットにあるクレジットにて確認。
  25. ^ “歴史的舞台「ジャニーズ」の42年をショー化”. zakzak. (2004年6月3日). オリジナルの2004年10月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041010103410/http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_06/g2004060305.html 2017年8月1日閲覧。 
  26. ^ “「ジャニーズサマリー」品川がラスベガスに”. Sponichi Annex. (2005年6月18日). オリジナルの2005年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051220165118/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050618031.html 2017年2月16日閲覧。 
  27. ^ 「ジュニアの夏も熱い!」『POTATO』2006年9月号、学研、2006年8月7日、 65-66頁。
  28. ^ “ジャニーズJr.大集合!「you達の音楽大運動会」開催”. SANSPO.COM. (2006年10月2日). オリジナルの2006年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061130215635/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200610/gt2006100207.html 2016年7月7日閲覧。 
  29. ^ “ジャニーズJr.デビュー前に武道館5公演”. スポーツ報知. (2007年1月3日). オリジナルの2008年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522080853/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070103-OHT1T00051.htm 2016年7月7日閲覧。 
  30. ^ 「完全燃焼夏LIVE!!ジャニーズJr.の大冒険!'07@メリディアン」『POTATO』2007年10月号、学研、 87-90頁。
  31. ^ a b “金八卒コンYa-Ya-yahハマで弾ける4人組、2度目単独ライブ”. CHUNICHI Web Press. (2005年3月27日). オリジナルの2005年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050327035429/http:/chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20050327/spon____hou_____000.shtml 2019年2月7日閲覧。 
  32. ^ a b “Ya-Ya-yahが2度目の単独コンサート”. SANSPO.COM. (2005年3月27日). オリジナルの2005年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051203222334/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200503/gt2005032704.html 2019年2月7日閲覧。 
  33. ^ “「Ya-Ya-yah」にキャーキャーキャー1万人”. SANSPO.COM. (2002年5月13日). オリジナルの2003年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031208050818/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200205/g_top2002051303.html 2016年7月7日閲覧。 
  34. ^ アーティスト情報 > ジャニーズJr.”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2007年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月24日閲覧。
  35. ^ ジャニーズJr. > Media”. Johnnys net. ジャニーズ事務所. 2007年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月24日閲覧。
  36. ^ ““ジャニーズ作品”漫画化ラッシュ”. Sponichi Annex. (2005年6月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050626011.html 2016年7月7日閲覧。