MSX-AUDIO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Y8950から転送)
Jump to navigation Jump to search

MSX-AUDIO(エムエスエックス・オーディオ)は、1986年に発表されたMSXの拡張音源の規格名の名称、およびFM音源チップY8950の俗称である[1]

MSX-AUDIO[編集]

もともとはMSX2のオプション音源として開発されたもので、MSX-AUDIOというのは規格名である[2]

しかし標準搭載される音源とはならずに、MSX2のオプション規格として、カートリッジの形態の周辺機器のみが商品化された。日本国外では、フィリップスより NMS-1205 Muziekmodule(ミュージックモジュール)、東芝より HX-MU900 MSX MUSIC SYSTEM という名称で発売された[3]

国内では、1987年に松下電器産業(当時)から、FS-CA1のみが発売されており、その仕様がMSX-AUDIOを認識されていることが多いが、規格としてのハードウェアの定義は、音源LSIにY8950、DACにYM3014、ADPCM/PCMデータ用RAMに256Kbit、プログラム用ROM128KiByte、プログラム用RAM4KiB、入出力端子として、ミュージックキーボード接続端子、音声入力端子としてマイクレベルのミニジャック、出力端子としてRCAジャックを最低限の装備とされている。同時に最大構成としてはその概ね倍の構成である、音源、DACを二つ、ADPCM/PCMデータ用RAMを、256K×8bit、ROMを256K×8bitにした構成とされている[4]。ただし、HX-MU900には、ADPCM/PCM用のメモリは搭載されておらず、海外では、その条件を満たしていない商品も存在している。

これらのハードウェアに加え、BASICのコマンドを拡張する拡張BASIC、アプリケーションから使用するために用意された、拡張BIOSと、実際の制御を行うMBIOS(Music BIOS)などのソフトウェアによって、構成される。

また、規格としては実際に販売された製品の2つ分のハードウェアの搭載を想定しており、I/Oポートは、二組分用意され、構成の設定として、割り当てるI/Oアドレスの指定以外に、1つのカートリッジ内に搭載された2つのY8950を割り当てるという状態が定義されているほか、拡張BASICには機能は見当たらないものの、仕様書によれば拡張BIOS、MBIOSでは、各々の制御をサポートする様に記されている[5]

前述のとおり、国内では、FS-CA1のみが発売されているが、YAMAHAのYIS805のカタログには[信頼性要検証]、一時期「MSX-AUDIO(オプション)搭載可能」と書かれていたことがある。

結果として、34,800円という値段の高さと、対応ソフトウェアの少なさから、ほとんど普及することは無く。その後、1988年に7,800円で発売されたMSX-MUSIC(YM2413)規格のFM Pana Amusement Cartridgeが普及、事実上の標準音源となった[1][2]

また、音源の俗称として、ハードウェアとしての規格に準拠したY8950をMSX-AUDIOと呼称することもある[6]

なお、MSXturboRの高速モードでは、ウェイトが不足し、内蔵ソフトウェアでは正常に演奏されない。[要出典]

YAMAHA Y8950[編集]

Y8950

MSX2をキャプテンシステム文字多重放送等のビデオテックス端末とするためのチップセットのひとつとして、アスキーより販売されていた。製造はヤマハで、ヤマハ社内のコード名はYM3801。

そのリリースの経緯から、MSXロゴが印刷されているが、実際にはMSX以外でも利用されている。SNE(シスネット)のサウンドオーケストラV/サウンドオーケストラVSや、UNICA(ユニカサウンド)のUB-1といったPC-9801用サウンドボード、MZ-2861用のADPCMボードMZ-1E35、アーケード基板などにも搭載された実績がある。

内部的に、FM音源部、ADPCM音源部、IO制御部と分かれており、FM音源部はYM3526と完全に同一である。


ADPCM音源部は、1.8kHz - 16kHzでサンプリングでき、1.8kHz - 50kHzで再生可能で、音階が付けられる。波形メモリとして、最大256KBのDRAMを実装可能である。データは8bitPCMであるが、内部では4bitADPCMデータとして処理される[7]

ほぼ同等の機能が後に同社製FM音源チップであるYM2608YM2610にも搭載されている。IO制御部は、ミュージックキーボードの接続を目的とした8bit入力+8bit出力のIOポートで、入力によって割り込み信号を生成することが出来る。

なおリズム音のパラメータについては、Y8950のアプリケーションマニュアルに音程の指定が必要である旨こそかかれているものの、設定値の指定は明示されておらず[8]実際に販売された、FS-CA1の持つ初期設定では、演奏時の音程は、楽器名より多少低めに出るようになっており、設定値の違いから、文法的には互換性が維持されるMSX-MUSICともリズム音部分の実際の音程には差異がある。[要出典]

FS-CA1[編集]

松下電器から発売されたMSX-AUDIOユニットのFS-CA1は、A1コンポシリーズと銘打ったパナソニックの「A1シリーズ」を想定した特異なカートリッジ形状になっているため、機種によっては装着が不可能なこともあった[1][9]

出力端子はRCA端子が色分けされて2つ用意されているが、Y8950からの出力はモノラルであるため、双方の端子へは同じ音声が出力され、カートリッジにもそのブロック図が図示されている。それとは別にPCM録音用標準プラグ鍵盤(YAMAHA製YK-20)を接続する端子も用意されている。

サンプリングデータを64KBのROMに18種搭載していたほか、拡張BASICやシンセアプリケーション(MSX-MUSIC SYSTEM)を内蔵していた。ROMのサンプリングデータは、犬や猫の鳴き声、ゴルフスイングなどほとんどが効果音で、楽曲作成に向いた物ではなかった[10]

当時はRAMの価格が高かったこともあり、価格も34,800円と、MSX本体に迫るものとなっている。上述の特異な形状の問題もあり、あまり普及はしなかった[要出典][9]

BASICからのMSX-AUDIOの使用[編集]

標準的な使用法は「FM-PAC#BASICからのMSX-MUSICの使用」(MSX-MUSIC)の項目も参照。なお、プリセットされている音色は、FM音源が63+1(無音)種、PCM音源は18種である[11]

CALL SYNTHE
付属のシンセサイザーアプリケーションを起動する。
CALL AUDIO(3,0,1,1,1)
MSX-MUSICと異なり、左端のパラメータに2か3を指定すると、PCMが使用可能になる。PCMはPLAY #2命令で、FM音源、PSGと同期演奏が可能。
CALL COPY PCM(#n,m)
ROMに搭載されているPCMデータをRAMに転記する。#nは音色番号。
CALL SET PCM
各音色番号ごとに、PCMのパラメータを設定する。
CALL LOAD PCM("FILENAME", #n)
ディスクからPCMデータを読み込む。
CALL SAVE PCM("FILENAME", #n)
ディスクにPCMデータを保存する。

MSX-AUDIO対応ゲーム[編集]

以下はMSX-MUSICと両対応

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「早すぎた迷オプション MSX-AUDIO」『MSX MAGAZINE 永久保存版 2』アスキー書籍編集部編著、アスキー、2003年、pp.148-151。
  2. ^ a b 「西和彦Special Interview 次期MSXの全貌 ユビキタスMSXが焦点」『MSX MAGAZINE 永久保存版 2』アスキー書籍編集部編著、アスキー、2003年、pp.60-61.
  3. ^ The Ultimate MSX FAQ - MSX Audio section
  4. ^ 『MSX Datapack』(1990, アスキー) 4.1.1
  5. ^ 『MSX-DATAPACK』(1990, アスキー) 4.1.2, 4.3.3 などを参照。
  6. ^ Y8950のアプリケーションマニュアルのタイトルに既にそれが見られている。
  7. ^ 「Y8950 APPLICATION MANUAL」
  8. ^ アプリケーションマニュアル 5-3
  9. ^ a b 『MSX/2/2+ ゲーム・ミュージック・プログラム大全集』p.218
  10. ^ 『MSX Datapack』(1990, アスキー) 4.2.4
  11. ^ 『MSX Datapack』(1990,アスキー) 4.2.4、FM音楽館 横川理彦 徳間書店 1989 ISBN 4-19-723969-6

参考文献[編集]

  • 『FM音楽館』 横川理彦 徳間書店 1989 ISBN 4-19-723969-6
  • 『MSX MAGAZINE 永久保存版 2』アスキー書籍編集部編著、2003 アスキー
  • 『MSX-DATAPACK』1990 アスキー
  • 『Y8950 APPLICATION MANUAL(MSX-AUDIO)』YAMAHA
  • 『YM2608 アプリケーションマニュアル』YAMAHA
  • 『YM2413 FM Operator Type-LL (OPLL) Application Manual』YAMAHA
  • 『マイコンBASIC Magazine DELUXE ゲーム・ミュージック・プログラム大全集III』1989 電波新聞社
  • 『マイコンBASIC Magazine DELUXE MSX/MSX2/MSX2+ ゲーム・ミュージック・プログラム大全集』 1989 電波新聞社

外部リンク[編集]