Ximalaya

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シマラヤジャパン株式会社
Ximalaya Japan,Inc.
種類 株式会社
市場情報 未上場
略称 シマラヤ ジャパン
本社所在地 東京都渋谷区宇田川町10-2 いちご渋谷宇田川町ビル6F(受付)
設立 2017年3月10日
業種 情報通信業
事業内容 音声プラットフォームの運営
代表者 瀋結強(Jerry Shen)
資本金 9,000万円
外部リンク jp.himalaya.com
テンプレートを表示

シマラヤジャパン株式会社 (Ximalaya Japan, Inc.)は、 中華人民共和国でインターネットメディアの企画・運営を行う会社であるXimalaya(シマラヤ)の日本拠点。

Ximalaya初の海外拠点であり、シマラヤジャパンを中心に海外展開を目指す。Ximalaya APP『Himalaya』=ナレッジシェアリングを標榜する総合音声プラットフォームを2017年9月14日にリリースした。 コンテンツの主要カテゴリーは音声書籍、エンタメ及び教養(文化・教育)。

概要[編集]

音声コンテンツ主な内容
  • 音声書籍
  • 漫才・落語
  • トークショー
  • 著名人の講演、レクチャー
  • トーク
  • ナレーションドラマ
  • 語学レッスン
  • オマージュ作品 など

ユーザー自身がコンテンツを制作し、それを公開していくサービスも行う予定。

社名の由来[編集]

中国語表記「喜马拉雅」(発音:シマラヤ)はヒマラヤ山脈を意味する。

ヒマラヤ山脈はアジアに位置し、地球上で最も標高の高い地域であることから、 ヒマラヤのよう世界的に認知されることを目標に命名された。

キャッチフレーズ[編集]

「いつでも どこでも、聴きたいものを」

提携先[編集]

大手出版社、大手芸能事務所および著名文化人事務所など

Ximalaya.com[編集]

ximalaya
Ximalaya.com
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
上海
設立 2012年8月
業種 情報通信業
事業内容 音声プラットフォーム運営
テンプレートを表示

Ximalaya.comが運営する喜马拉雅FMは、中国における主要音声プラットフォームである。2017年8月現在、中国市場における登録ユーザー数は4億人に達し、業界シェア73%を有する。

スマートフォン用アプリをリリースした2年後の2015年、ユーザー数は2億人以上となり、中国国内最大規模、伸び率最速の音声コンテンツ共有プラットフォームとなった。

シマラヤが提供するPUGCプラットフォームは、多くの音声コンテンツ制作者が集う場となっている。

シマラヤの音声プラットフォームにはUGC(User Generated Contents=ユーザー自身が作る共有コンテンツ)も多く、音声コンテンツ制作者が大勢集まる。500社以上の会社と提携し、各地でイベントも多数開催している。また33の放送局とも連携している。

沿革[編集]

  • 2012年8月 - ximalaya.comを設立
    • 2102年11月 - ウェブサイトで1.0版リリース
  • 2013年2月 - iOSアプリをリリース
  • 2014年5月 - ユーザー5000万人を突破
  • 2015年1月 - ユーザー1.2億人を突破
    • 2015年9月 - ユーザー2億人を突破
  • 2016年 - 格付け機関、Analysis international、Talking Data、Questmobileが「シマラヤFM」を中国のサウンドマーケットシェア第1位であるとする評価レポートを公表
  • 2017年5月 - ユーザー3.5億人を突破
  • 2017年7月 - ユーザー3.7億人を突破
  • 2017年8月 - ユーザー4億人を突破

外部リンク[編集]