ワークシャイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Workshyから転送)
Jump to navigation Jump to search
ワークシャイ
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ポップミュージック
活動期間 1986年~
レーベル Magnet/WEA
ポニーキャニオン
Portazul/日本コロムビア
インペリアルレコード
共同作業者 マーク・フィッシャー(プロデュース)
レイ・ヘイデン(プロデュース)
メンバー マイケル・マクダーモット
クリスタ・ジョーンズ
旧メンバー ケヴィン・キーホー(1986-1992)

ワークシャイ(Workshy)はイギリスのポップミュージック系バンド。 ポップミュージックと言っても、ラテン楽器を取り入れ軽音楽に近いイメージがあり、 バーシア、ファビアン、マットビアンコの影響が強い。

概要[編集]

1986年マンチェスター出身のマイケル・マクダーモット(Michael John McDermatt/ベース、ヴォーカル)とケヴィン・キーホー(Kevin Damien Kehoe/ギター)に、ロンドン出身のクリスタ・ジョーンズ(Chrysta Marina Jones/ヴォーカル)を加えた3人で結成された。1988年にシングル"Yours For The Taking"でレコードデビュー。セカンドアルバム発表後の1992年にキーホーが脱退、以後の活動はマクダーモットとジョーンズのデュオ形式で行われている。

音楽的には、R&Bジャズラテンなどを基本に、バート・バカラックトッド・ラングレン等のポップスの影響を受けたメロディアスでソフトな楽曲が中心であるが、歌詞の内容はイギリス的なシニカルさを含むものが多い。ほとんどの楽曲でジョーンズがリードヴォーカルを受け持つが、稀にマクダーモットがリードヴォーカルを取る場合もある。

バンド名"Workshy"は「仕事嫌い、怠慢」を意味する単語で、メンバーの「やりたくない仕事はしない」という皮肉を含んでいる。

イギリス本国での知名度は低いが、日本ではデビュー当初からFMラジオを中心としたエアプレイ率が高く、80年代イギリスのポップバンドとしてはスウィング・アウト・シスターと並び根強い人気を持つ。そのためか、セカンドアルバム以降は日本のレコード会社と契約し、アルバムの供給も日本から行っている、典型的な"ビッグ・イン・ジャパン"バンドである。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 1989年 The Golden Mile (邦題「いつかどこかで」) - Magnet/WEA
  • 1992年 Ocean - Pony Canyon
  • 1993年 Heaven - Pony Canyon
  • 1994年 Soul Love (カヴァー集) - Pony Canyon
  • 1995年 Under The Influence - Pony Canyon
  • 1995年 Coast[1] (日本未発売) - Pony Canyon
  • 1995年 The Finest Collection Of (ベストアルバム) - Pony Canyon
  • 1998年 Allure - Pony Canyon
  • 1999年 Unforgettable Collection (ベストアルバム) - Pony Canyon
  • 2000年 Clear (英題"Reason") - Portazul/Nippon Columbia
  • 2002年 Mood - Portazul/Nippon Columbia
  • 2007年 Smile Again - Imperial/Teichiku
  • 2011年 Bittersweet - Imperial/Teichiku
  • 2017年 wayward - p-vine

シングル[編集]

  • 1988年 Yours For The Taking (日本未発売)
  • 1989年 I Saw The Light
  • 1989年 You're The Summer (日本未発売)
  • 1990年 Love Is The Place To Be (邦題「愛の行方」)
  • 1992年 Troublemind
  • 1993年 Never The Same Again (日本未発売)
  • 1993年 But Alive
  • 1993年 Heaven Sent
  • 1994年 Finding The Feeling (日本未発売)
  • 1994年 I Say A Little Prayer (邦題「小さな願い」)
  • 1995年 Something Sweeter
  • 1995年 Under The Influence
  • 1996年 Pieces Of Mind (日本未発売)
  • 2000年 Got It Clear
  • 2000年 Get It On

その他[編集]

  • 2002年 SAVOY Remix (企画アルバム) - Nippon Columbia
  • 2007年 Free 'n' Easy featuring The Songs of Burt Bacharach[2] (企画アルバム・日本未発売) - E-2 Classics

脚注[編集]

  1. ^ 日本で1992~1995年に発表されたアルバムからのコンピレーション。一部楽曲は日本でのアルバムには未収録。
  2. ^ アルバム中、半数以上の曲の演奏と全曲のプロデュースを行っているが、ワークシャイ名義ではない。

外部リンク[編集]

  • HMV Japan - 作品リスト(日本語)
  • Workshy - インペリアルレコード内アーティストページ(日本語)
  • Workshy - 日本コロムビア内アーティストページ(日本語)