Workflow

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Workflowとは、appleによるiOS用スクリプトアプリケーションである。

MHacks Winter 2014にて、アリ・ワインスタイン、コンラッド・クラマー、ヴィーラル・パテル、ニック・フレイが開発した[1]。ユーザーが自身の端末で特定のタスクを実行するためにマクロを作成できるほか、これらのタスクはユーザーが作成できるだけでなく他のユーザーが作成したものをダウンロードすることもできる[2]

2015年、VoiceOverなどiOSのアクセシビリティ機能の利用でアップル・デザイン・アワード英語版を受賞した[3]

2017年3月22日、appleがWorkflowを買収した。買収額は非公表。有料だったアプリケーションも無料化された[4][2]

2018年9月28日にリリースされたiOS12より、本アプリの後継である「ショートカット」に統合された。

脚注[編集]

  1. ^ Workflow”. 2017年4月28日閲覧。
  2. ^ a b Apple snaps up Workflow, an iOS automation app for power users [Updated]”. Ars Technica. Conde Nast. 2017年3月25日閲覧。
  3. ^ Fantastical 2, Workflow, Robinhood Among Winners At Apple Design Awards”. TechCrunch. AOL. 2017年3月25日閲覧。
  4. ^ Apple bought the best utility app for the iPhone, Workflow”. The Verge. Vox Media. 2017年3月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]