Wolfenstein: The New Order

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Wolfenstein: The New Order
対応機種 Xbox 360
Xbox One
PlayStation 3
PlayStation 4
PC
[1]
開発元 MachineGames
発売元 ベセスダ・ソフトワークス
シリーズ Wolfensteinシリーズ
発売日 アメリカ合衆国の旗 2014年5月20日
日本の旗 2014年6月5日
対象年齢 ESRBM(17歳以上)
CEROZ(18才以上のみ対象)
テンプレートを表示

Wolfenstein: The New Order』(ウルフェンシュタイン: ザ ニュー オーダー)『Wolfensteinシリーズ』のリブートとなるコンピュータゲーム[2]

マルチプラットフォームで展開された本作は、アメリカ合衆国では2014年5月20日に発売され、日本では2014年6月5日に発売された。

概要[編集]

本作はシングルプレイ専用のゲームである。序盤から怒涛のアクションが繰り広げられるように作られている。ナチスの関係者のほか、マッドサイエンティスト・人造人間も存在し、内容の濃いドラマもある。

ストーリー[編集]

1946年、すでに終了しているはずの第二次世界大戦ヨーロッパ中で激しさを増す一方だった。史実通り大戦後期以降優位に立っていた連合国に対して、ナチス・ドイツは「デスヘッド」の異名を取るヴィルヘルム・ストラッセ親衛隊大将が開発した謎の新・高度技術を用い、再度の逆転に成功する。デスヘッドに対し連合国軍は最後の急襲作戦を試みるがついに失敗に終わり、襲撃に参加したアメリカ人諜報員B.J.ブラスコヴィッチは頭部に重傷を負って植物人間となってしまう。

1960年のある日、ブラスコヴィッチは収容先の保護施設で処刑される寸前、奇跡的に植物状態から目覚める事になる。世界大戦に勝利したナチスが支配する悪夢のような世界で、ブラスコヴィッチの壮絶な戦いが幕を開ける。

登場人物[編集]

ウィリアム・ジョセフ "B.J." ブラスコビッチ (William Joseph "B.J." Blazkowicz)
声 - ブライアン・ブルーム (英) / 中田譲治 (日) [3]
シリーズの主人公であり、本作の主人公。

脚注[編集]

外部リンク[編集]