Windows Store

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Windows Store
Microsoft Windows コンポーネント
詳細
種別 ダウンロード販売
標準提供 Windows 8.x, Windows RT, Windows 10
置換 Windows Marketplace英語版
関連コンポーネント
Xbox Live

Windowsストア(Windows Store、ウィンドウズ ストア)は、Windows 8.x/Windows RTおよびそれ以降のバージョンのMicrosoft Windows OS向けに提供されるアプリストアである。Windows Phone 8向けの場合は「Windows Phoneストア」と呼ばれる[1]。Windowsストアでは、対応する環境向けのアプリケーションを配布・販売・購入することができる。

沿革[編集]

以前からWindows 8に搭載されると噂になっていたが[2]、2011年9月13日の「BUILD 2011」カンファレンスで正式発表が行われた[3]

同年12月6日にはサンフランシスコで行われた「Windows Store」の発表イベントで詳細が発表された[4]

2012年2月29日にリリースされたWindows 8 Consumer Preview版と同時に一般向けにも開設された。Consumer Preview版では無料アプリのみ登録可能となっていた。

概要[編集]

プラットフォームの類似サービス(後述)と同様に、専用クライアントソフトウェアを用いてオンラインストアにアクセスする。Windows上では「ストア」と表記されるタイルからアクセスすることができ、ユーザーインターフェイスModern UIである。Windows Phone 7向けアプリストア「Windows Marketplace英語版」と似た構成となる[5]。無料および有料のアプリを登録することができ、有料アプリは一定の試用期間を設けたり、機能制限を設けたりすることが可能。各アプリはマイクロソフトによる審査を通過した後に登録される。

WindowsストアではWindows 8/8.1およびWindows RT/RT 8.1向けのWindowsストアアプリあるいはWindows 10ファミリー向けのユニバーサルWindowsプラットフォーム (UWP) アプリを配信することができる。従来のデスクトップ向けアプリは情報掲載のみが可能であり、ストアでの直接配信はサポートされていない[6]。Windows 10では「Windows Bridge」の一環として、デスクトップアプリをUWPアプリとしてパッケージし、ストアでの配信を可能とする"Project Centennial" (Windows Bridge for Classic Windows) が計画されている[7]

アプリストアはもともと携帯電話端末スマートフォンのプラットフォームで成熟したものであり、その発想をPC向けOSに統合したのは2011年に開始したアップルMac App Storeが先駆けであった[要出典]。Windowsストアはそれを強く意識しており、アップルが禁止しているアプリ内課金を許可する[4]などの特徴がある。

またWindowsストアはPC向けだけでなく、Windows RTをプリインストールしたタブレットなどのデバイスでも採用される。Windows RTではModern UI版アプリしか実行できず、Windowsストアがそれらを入手する唯一の正式な手段となる[8]

特徴[編集]

Windowsストアへのアプリ登録には、マイクロソフトによる審査を通過する必要がある。登録が拒否された場合は、アプリ開発者に対してフィードバックをし、開発者は問題に素早く対応することができ、修正したアプリを素早く再登録可能となる。

Windowsストアに開発者アカウントを作成するには、個人の場合49ドル、法人の場合は99ドルの登録料を支払う。なお2013年11月には、個人の登録料が19ドルに値下げされた[9]。さらに2014年9月には年間更新料が無料となった[10]。アプリが売れれば、開発者は売り上げの70%を受け取ることができる。もし、売り上げが25,000ドル上回った場合、80%を受け取ることができる[4]

類似サービス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]