Windows Live Alerts

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Windows Live Alerts(ウィンドウズ ライブ アラーツ)とは、メールやWindows Live Messengerを通じてあらゆる情報を、提供するWindows Liveサービスの1つである。2010年9月30日をもってサービスを終了した。

  • Windows Live Alerts 自体は無料だが、コンテンツにより有料のサービスもある。

機能[編集]

Windows Live Alerts には、次のような機能がある。

  • マイ アラート
プロバイダからのアラートを表示し、その配信先を設定できる。
  • アラートの追加
おすすめのコンテンツプロバイダが表示され、そのアラートを追加できる。
  • 最近受信したアラート
最近受信したアラートが日付順またはプロバイダ順に表示される。
しばらくの間、最近受信したアラートを参照しなかった場合は、期限切れとなり再度参照するまでは、この機能は有効にならない。
  • 配信先
Windows Live Messengerまたは、電子メールへの配信がされない設定の場合、その設定を変更することができる。
  • タイム ゾーン
アラートに適用するタイムゾーンを設定できる。
  • アラートを受信しない時間帯
アラートを受信したくない時間帯を5つまで作成できる。

アラート[編集]

現在配信されている日本語のアラートは以下の7種類である。

  • イサイズ
  • MSN Japan
  • MSN産経ニュースアラート
  • MSN Auction
  • MSN Calendar
  • JTB
  • GyaO
  • ニコニコ動画

他のWindows Live との連携[編集]

  • Windows Live Messengerが、アラートを受信するとポップアップして、ユーザに知らせる。
  • Windows Live Spacesの更新情報も Windows Live Alertsで受信することができる。
このサービスは、Windows Live Alerts Syndication Editionとも言われる。