Windows フォト ギャラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Windows フォト ギャラリー
開発元 マイクロソフト
対応OS Microsoft Windows
種別 画像ビューア画像管理ソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト Windows Live フォト ギャラリー
テンプレートを表示

Windows フォト ギャラリー(ウィンドウズ フォト ギャラリー)とは、Microsoft Windowsで動作する、画像の表示および管理用クライアントアプリケーションである。Microsoft アカウントを使用したサービスも利用可能となっている。マイクロソフトによるWindows Liveの一環として、「Windows Live フォト ギャラリー」という名称で提供されていた時期もあった。

概要[編集]

Windows フォト ギャラリーは、主にデジタル写真画像の管理と編集を行うソフトであり、特徴として XMPタグを利用したローカル画像の管理や、Windows Live Spaces へ簡単に投稿できることなどが挙げられる。

この製品は、Windows 画像と FAX ビューアMicrosoft RAW Image Thumbnailer and ViewerWindows フォト ストーリー英語版の後継ソフトと位置づけられている。Windows Vistaには「Windows フォト ギャラリー」として付属していたが、Windows 7以降は標準でバンドルされなくなり、別途Windows Live Essentials (Windows Essentials) をインストールする必要があった。なおWindows Live Essentials 2011からWindows XPは動作環境から除外され、Windows Vista SP2以降が必要となった。最終バージョンとなるWindows Essentials 2012はWindows 7/Windows 8をサポートするが、Windows 8.1およびWindows 10は正式サポートされていない[1]

機能[編集]

Windows フォト ギャラリーは以下の機能を持っている。

  • デジタルカメラおよびスキャナーからの画像取り込みが可能
  • Windows Live Spaces への投稿機能(2009まで)
  • XMPのタグおよびファイルによる画像ファイルの整理が可能
  • 画像に複数タグをつけることでの画像検索容易化
  • 写真の編集加工機能
  • スライドショー機能

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]