Windows Driver Kit

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Windows Driver Kit
開発元 マイクロソフト
最新版 10 (Version 1511) / 2015年11月30日(4か月前) (2015-11-30
対応OS Windows 10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7
Windows Server 2016 TP
Windows Server 2008 R2
種別 ソフトウェア開発キット
公式サイト Windows Hardware Dev Center - Windows 10 Hardware Dev Center
テンプレートを表示

Windows Driver Kit (WDK) はマイクロソフトWindows OS用デバイスドライバーを作成するためのソフトウェア開発キットである。

バージョン7.1までのWDKはドキュメント、サンプル、ビルド環境、ツールなどを含んでいた。

WDKはWindows Vistaよりも前までは、Microsoft Driver Development Kit (DDK) と呼ばれていた。 WDKはDDKのほぼ全てのものを含み、加えて、Installable File System Kit と Display Compatibility Kit を含むようになった。

ハードウェアのテストと測定[編集]

Windows XP/Windows Server 2003までは、ハードウェアおよび開発したデバイスドライバーのテストと測定を行なうツールとして、「ハードウェア互換性テストキット」(Hardware Compatibility Test Kit, HCT) が提供されていた。

Windows Vistaにおいて、HCTはDriver Test Manager (DTM) に置き換えられた。DTMはテスト自動化のフレームワーク(自動テストエンジン)を含む[1]。この時点では、DTMはWDKに含まれていた。

その後、DTMはWDKと分離され、Windows Logo Kit (WLK) に置き換えられた。

さらに、WLKは「Windowsハードウェア認定キット」(Windows Hardware Certification Kit, HCK) に置き換えられた[2]

Windows 10用には、HCKの後継として「Windowsハードウェアラボキット」(Windows Hardware Lab Kit, HLK) が提供されている[3] [4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]