Wikipedia:Bot/使用申請

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

下の部分は日本語が読めない人のためのボットの方針の要約です。日本語が読める人はWikipedia:Botをよく読み理解した上で、次の「使用申請を投稿」を押してください。

「使用申請を投稿」

Requests for bot approval

Summary of the Bot policy

  1. Respect m:Bot policy, WP:B#Additional_guidelines, and relevant policies.
  2. Identify your bot on its user page using the {{bot}} template.
  3. Provide following information on both the bot's user page and the approval request:
    • Details of the bot's task (or tasks)
    • Whether the bot is manually assisted or runs automatically
    • When it operates (continuously, intermittently, or at specified intervals), and at what rate
    • The language and/or program that it is running
  4. Keep intervals of 6 edits per minute or longer.
    • During the peak hours, try to refrain from running your bot, or slow it down at intervals of 3 edits per minute or longer.
  5. Unflagged bots shall not edit many pages at high speed.
    • Edit at intervals of one minute or longer when editing 200 or more pages without bot status.
  6. When requesting for approval of your bot, demonstrate a test run of 40 to 200 edits.
    • If the task is maintaining interlanguage links or fixing double-redirects, you may start a test run without prior consensus.
    • If local users found no problem, a bureaucrat may grant bot status to your bot.
  7. List your bot in Wikipedia:Bot/ステータス.

Submit your request.

# Bot使用申請 進捗 発言 人数 最終更新者 最終更新日時(UTC+9) 決裁者更新 決裁者最後更新(UTC+9)
1 InternetArchiveBot 対処 143 18 Cyberpower678 2018-07-19 04:00 W.CC 2018-06-15 20:42
2 PxyBot 4 2 Rxy 2018-01-03 22:47 Rxy 2018-01-03 22:47
5 WCCbot 除去 3 2 W.CC 2018-06-19 18:55 ぱたごん 2018-06-17 18:49

InternetArchiveBot[編集]

本審議[編集]

BTW, I need help for the translations for the bot. Can someone please translate the list below:

  • External links modified
  • Hello fellow editors,\n\nI have just modified {linksrescued} external links on [[{namespacepage}]]. Please take a moment to review [{diff} my edit]. If you have any questions, or need the bot to ignore the links, or the page altogether, please visit this simple FaQ for additional information. I made the following changes:\n{modifiedlinks}\nWhen you have finished reviewing my changes, you may follow the instructions on the template below to fix any issues with the URLs.\n\nCheers.
  • External links found that need fixing
  • Hello fellow editors,\n\nI have found one or more external links on [[{namespacepage}]] that are in need of attention. Please take a moment to review the links I found and correct them on the article if necessary. I found the following problems:\n{modifiedlinks}\nWhen you have finished making the appropriate changes, please visit this simple FaQ for additional information to fix any issues with the URLs mentioned above.\n\nThis notice will only be made once for these URLs.\n\nCheers.
  • Trouble archiving links on the article
  • Hello. During the archive process, the archive returned errors for one or more sites that I submitted for archiving.\nBelow, I have included the links that returned with an error and the following error message.\n\n{problematiclinks}\nIn any event this will be the only notification in regards to these links, and no further attempt will be made to archive the links.\n\nCheers.
  • {link} is found to be dead. Recommend adding {newarchive} to the original URL.
  • {link} is found to be dead. No archive was found.
  • {link} is considered to be dead, however has been found to be alive. Recommend removing the dead flag from the URL.
  • Added archive {newarchive} to {link}
  • Replaced archive link {oldarchive} with {newarchive} on {link}
  • Corrected formatting/usage for {link}
  • Added {{dead link}} tag to {link}
  • Removed dead tag from {link}
  • Modified source for {link}
  • {problem} with error {error}
  • Rescuing {linksrescued} sources and tagging {linkstagged} as dead.
  • Notification of errors encountered when attempting to archive links
  • Notification of altered sources needing review

Thanks so much.—CYBERPOWER (会話) 2017年8月2日 (水) 13:16 (UTC)

@W.CC: I'm pinging you as you seem to be involved in bot approvals.CYBERPOWER (会話) 2017年8月4日 (金) 22:34 (UTC)
  • コメント Bureaucrat note: I'm sorry for the late reply, I will assist you. Thank you for your comment. You are requesting the translation of the documents, which are necessary for your bot's operation, isn't it? As I'm not good at English translation, I have submitted Wikipedia:translation request instead. For users: Would you help us? / お待たせして申し訳ありません。Botの運用上必要な文書の翻訳をご依頼ということでしょうか。私は語学力に自信がないため、Wikipedia:翻訳依頼を提出いたしました。どなたか簡単な一次翻訳で構いませんので、ご協力いただける方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。--W.CC会話) 2017年8月7日 (月) 13:14 (UTC)
    @W.CC: Thank you for your assistance. Let me know what I need to do to get the bot approved. :-)—CYBERPOWER (会話) 2017年8月7日 (月) 13:45 (UTC)

コメント Hello, I translated the list, but I know very little about bots. I need my translation to be reviewed, especially by someone who knows bots well. / こんにちは。リストを翻訳してみましたが、私はボットについてほとんど知りません。ボットに詳しい方がいましたら翻訳に問題がないか確認していただけないでしょうか。

  • External links modified:外部リンク修正
  • Hello fellow editors,\n\nI have just modified {linksrescued} external links on [[{namespacepage}]]. Please take a moment to review [{diff} my edit]. If you have any questions, or need the bot to ignore the links, or the page altogether, please visit this simple FaQ for additional information. I made the following changes:\n{modifiedlinks}\nWhen you have finished reviewing my changes, you may follow the instructions on the template below to fix any issues with the URLs.\n\nCheers.
    • 編集者の皆さんこんにちは、\n\n「[[{namespacepage}]]」上の{linksrescued}個の外部リンクを修正しました。[{diff} 今回の編集]の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。\n{modifiedlinks}\n編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。\n\nありがとうございました。
  • External links found that need fixing:修正の必要な外部リンクを検出
  • Hello fellow editors,\n\nI have found one or more external links on [[{namespacepage}]] that are in need of attention. Please take a moment to review the links I found and correct them on the article if necessary. I found the following problems:\n{modifiedlinks}\nWhen you have finished making the appropriate changes, please visit this simple FaQ for additional information to fix any issues with the URLs mentioned above.\n\nThis notice will only be made once for these URLs.\n\nCheers.
    • 編集者の皆さんこんにちは、\n\n「[[{namespacepage}]]」中に対処の必要な外部リンクを検出しました。検出したリンクを確認し、必要であればリンクを修正してください。以下の問題を検出いたしました。\n{modifiedlinks}\n適切に編集できましたら、こちらのFAQをご覧いただき、上記のURLの問題を修正してください。\n\nこのメッセージはこれらのURLに対し1回だけ表示されます。\n\nありがとうございました。
  • Trouble archiving links on the article:アーカイブリンクの問題
  • Hello. During the archive process, the archive returned errors for one or more sites that I submitted for archiving.\nBelow, I have included the links that returned with an error and the following error message.\n\n{problematiclinks}\nIn any event this will be the only notification in regards to these links, and no further attempt will be made to archive the links.\n\nCheers.
    • こんにちは。アーカイブ処理中にアーカイブの保存に利用したサイトでエラーが発生しました。\n以下にエラーの発生したリンクとエラーメッセージを表示します。\n\n{problematiclinks}\nこれらのリンクに関して、このメッセージは1回だけ表示されます。これ以上リンク先のアーカイブ作成は行いません。\n\nありがとうございました。
  • {link} is found to be dead. Recommend adding {newarchive} to the original URL.
    • {link}はリンク切れになっています。元のURLに{newarchive}を追加することをお勧めします。
  • {link} is found to be dead. No archive was found.
    • {link}はリンク切れになっています。アーカイブは検出できませんでした。
  • {link} is considered to be dead, however has been found to be alive. Recommend removing the dead flag from the URL.
    • {link}はリンク切れと見なされていましたが、アクセス可能なリンクであることが判明しました。URLからリンク切れのテンプレートや項目を除去することをお勧めします。
  • Added archive {newarchive} to {link}
    • {link}にアーカイブ({newarchive})を追加
  • Replaced archive link {oldarchive} with {newarchive} on {link}
    • {link}のアーカイブリンクを{oldarchive}から{newarchive}に置換
  • Corrected formatting/usage for {link}
    • {link}の書式設定/使用方法を修正
  • Added {{dead link}} tag to {link}
  • Removed dead tag from {link}
    • {link}からリンク切れのタグを除去
  • Modified source for {link}
    • {link}の出典を修正
  • {problem} with error {error}
    • {problem}にエラー({error})が発生
  • Rescuing {linksrescued} sources and tagging {linkstagged} as dead.
    • {linksrescued}個の出典を修正し、{linkstagged}個にリンク切れのタグを追加しました。
  • Notification of errors encountered when attempting to archive links
    • アーカイブリンク作成時に発生したエラーの通知
  • Notification of altered sources needing review
    • 変更を加えたため確認の必要な出典の通知

Thank you.ありがとうございました。--SilverSpeech会話) 2017年8月8日 (火) 09:20 (UTC)

Thank you. In order to proceed with test edits, the bot needs the flag first. It's unable to edit.—CYBERPOWER (会話) 2017年8月8日 (火) 15:16 (UTC)
Fixed the translation for "Added {{tlx|dead link}} tag to {link}". It was missing a pair of curly brackets. 波括弧が1か所欠落していたので修正いたしました。--ネイ会話) 2017年8月8日 (火) 15:33 (UTC)
コメント SilverSpeech and ネイ, Thank you for your cooperation. Then, the jawp local bot policy requires test run of 40 to 200 edits before granted a Bot flag. If you can't operate your bot without a bot flag in jawp for technical reasons, I will grant a temporary bot flag (probably about a month) trusting your bot flag in other projects. (For users: Do you have any comment about a temporary bot flag?) After the test run, I will grant a permanent bot flag based on the opinions of the jawp users. / コメント SilverSpeechさん、ネイさん、ご協力くださりありがとうございます。さて、日本語版ウィキペディアでは、Botフラグ付与前に40回から200回の仮運用が必要となっています。もしも技術的な理由でフラグなしでBotが動かせないのでしたら、申請から48時間経過後反対がない場合のビューロクラット裁量付与を認める方針に基づいて、1か月程度の期限付きBotフラグを付与したいと思います。(他言語ではBotフラグが付与されているBotですので、一時的でしたら問題ないと考えますがいかがでしょうか。)正式なボットフラグは、仮運用後コミュニティの意見に基づいて付与します。--W.CC会話) 2017年8月9日 (水) 08:43 (UTC)
チェック I granted a temporary Bot flag(1 month + extended period). Please do a test run of 40 to 200 edits. After that, I will grant a permanent bot flag based on the opinions of the jawp users. / チェック 期限付きBotフラグ(3か月)を付与しました。当初1か月程度を考えていましたが、利用者さんは日本語版でアクティブなわけではありませんので、長めの猶予期間を設けています。--W.CC会話) 2017年8月19日 (土) 05:55 (UTC)
@W.CC: I completed the 200 edits. [1].—CYBERPOWER (会話) 2017年8月21日 (月) 12:39 (UTC)
コメント Thank you. I checked several versions, there is no obvious problem. I will grant a bot flag after one week, if there will be no opposite opinion from other users. / ありがとうございます。いくつか履歴をチェックしましたが、目立った問題は見当たりませんでした。念のため1週間待ち、その後Botフラグを付与します。何かご意見のある方はお早めにお願いします。--W.CC会話) 2017年8月22日 (火) 14:36 (UTC)
チェック Done. I granted a permanent bot flag as link maintenance bot. Thank you for your cooperation. / 対処 リンク整備ボットとしてフラグを承認しました。--W.CC会話) 2017年8月29日 (火) 13:11 (UTC) The jawp local bot policy requires keeping intervals of 10 seconds per edit (6 edits per minute). Please be careful.--W.CC会話) 2017年8月29日 (火) 13:22 (UTC)
本日ウォッチリストにてInternetArchiveBotの稼動を知り特別:投稿記録/InternetArchiveBotをチェックしたのですが、1分間に7から8編集という速度超過を頻繁に起こしており、多いときでは2017-09-03T01:00:22から2017-09-03T01:00:52までに11編集/分という大幅な編集超過を起こしています。Bot運用およびグローバルなBot運用について詳しくないため即時ブロックによるBOT運用の停止は控えたのですが、例えば記事ページとノートページをセットで編集するタイプのBotにおいては記事とノートの編集を併せて1編集としてみなす等の例外処置が何かあったりするのでしょうか?仮運用の時点でも2017-08-21T12:07:01から2017-08-21T12:07:58までの間で12編集/分、2017-08-21T12:09:02から2017-08-21T12:09:57までの間で9編集/分など、明らかに速度調整が上手くいっていないように思われますが、それでも「問題なし」としてフラグ付与されていることを鑑みると、運用上速度超過が容認されるケースあってそれを私が知らないだけなようにも思えてしまいます。Botフラグ付与時にW.CCさんが速度について注意を促していることを考えるとそんな例外はなくて単なる考えすぎなのかもしれませんが、念のためご確認いただければと思います。--重陽会話) 2017年9月3日 (日) 04:08 (UTC)
ご報告ありがとうございます。速度制限違反を確認しましたので、ブロックしました。本速度制限はローカルの bot フラグをもって作業している場合、原則として守ってもらう必要があり、常識的に考えて違反することがやむを得ない事情(例えば荒らしの復旧やそれに類する緊急対応)がある場合や、事前にフラグの申請時、または作業ごとに速度制限規定の超過が必要であることを申告し、コミュニティに合意を得ている場合のみに限って速度制限規定を合意によって上書きすることができます。1 編集は 1 編集です。現状ではカウント方法に関する例外規定はありません。--rxy会話) 2017年9月3日 (日) 06:37 (UTC)
@Rxy, 重陽, and W.CC: I totally forgot to implement the limiter, but with that being said, I would like to apply for an exception in this case. 6 edits per minute is way too slow for the bot to be able to keep up with link rot. With such a severe restriction the problem of dying links will continue to grow. When the bot has completed its initial run the number of edits per minute will go down again. There's also the case where users can call the bot here, which summons a second instance of the bot to the selected articles spiking the rate while it runs the job queue. Essentially two bot workers are running on the same account so even if one worker is limited to 6/minute, it can still cause a spike up to 12 since the workers do not communicate with each other. Not to mention the tool is also a global tool, so if the tool where limited in speed for jawiki, it would block the queue for enwiki until it slowly completed the job on jawiki.—CYBERPOWER (会話) 2017年9月3日 (日) 07:03 (UTC)
面倒くさいので日本語で書きます。よく見ると必要性も伺わずに "作業間隔/Interval: Varies" で承認しちゃってますね。本来なら適切な速度制限内に書き換えてもらうか、必要性を伺うまで承認すべきでなかったように思います。これはこちら(承認者・コミュニティ)の手落ちになります。承認後に追記として Special:Diff/65301246 で指摘されていますね。。速度制限規定の例外をご所望とのことで、必要性も上記にて記載されておりますので、速度制限の例外として適切か否かの審議を行った方が良いかと思います。なお、Wikipedia:利用案内#ボットでエラーになっています固定リンク)で指摘されていた事項は IRC にてオペレーターと連絡をとり、問題点を把握、修正していただけましたので、併せてこちらで報告いたします。現在は手落ちとはいえ記載事項で承認してしまっているため、前述の速度以外の問題も解決されていることから、ブロックは解除しました。 --rxy会話) 2017年9月3日 (日) 08:59 (UTC)
Rxyさん、ご対応くださいましてありがとうございました。Cyberpower678さんのご回答につきまして1点疑問があるのですが、「Essentially two bot workers are running on the same account so even if one worker is limited to 6/minute, it can still cause a spike up to 12 since the workers do not communicate with each other. 」という点につきまして、これは「2人のBOT運用者が1つのアカウントを共用していてお互いが連携しているわけではないから、1人ずつでは6編集/分の制限を守っていても2人の編集が重なって最大12編集になってしまうことがあるよ」というような意味でいいでしょうか?そうだとすれば、そのように1つのBOTアカウントを2人で動かすということは、Wikipedia:投稿ブロックの方針#共有アカウントに照らしてアウトであるように思えます。もしInternetArchiveBotが複数ユーザーによる運用を財団に承認されている等の事情があるのでしたら、それを提示していただく必要があるでしょう。質問ばかりになってしまって申し訳ないのですが、日本語版ローカルもしくはグローバルにおけるBOT運用について、そのような複数ユーザーによる1つのBOTアカウントによる運用が認められているというような例外規定があったりはしませんよね?そのような例外がないのでしたら、2人の運用者がいるならそれぞれ1人1つのBOTアカウントを作成した上で運用していただく必要があると思います。もしCyberpower678さんのご回答のがそういう意味ではないということでしたら申し訳ありません。--重陽会話) 2017年9月3日 (日) 13:14 (UTC)
Workers is a technical term. I am the only operator. Two instances of the same bot are running under the account InternetArchiveBot, sometimes. Usually IABot only runs a single worker per wiki, enwiki has two, and the tool I mentioned above has 3 workers to run on any wiki a user wants it to. If a user submitted three bot jobs to the tool, you would have the master worker, and 3 tool workers running concurrently. If the bot was capped at 6/minute, none of the other concurrent workers would be aware of what the other workers are doing. So with that scenario, the edit cap would be 24 edits/minute. Does that make sense? This is why I would rather not deal with rate limits at all.—CYBERPOWER (会話) 2017年9月3日 (日) 14:56 (UTC)
編集競合しましたがそのまま "worker の意味": ここでいう worker はシステムのスレッド、またはプロセスのことを指しているものと思います。例えば、どこかにリストをもっていて、そのリストを逐次処理していく job を処理する "worker process", もう一つユーザー側が手動で別作業をさせる "worker process" 。この両 Worker process は プロセス間通信 や 他スレッドとの同期処理 等を行わず互いに独立して処理している場合、投稿前に毎度自分の投稿記録を確認するだとか、前述の方法で互いの処理内容を把握するような構造にしない限り、自分の処理している分での最終編集しかわかりません。この場合、worker process 単位での速度制限であれば、worker process での速度制限付き分単位最大編集回数 × worker process 数 = 実際の分単位最大編集回数となります。まあ、worker が 2 つ固定としてあるのなら、一つの worker あたり毎分最大 3 編集とすれば 3 × 2 で 6 編集となり、閾値を超えることはありませんが、片方の worker が完全に停止している場合、毎分 3 編集分を使えないことになります。編集専用単一 worker でキューイング方式などを利用すれば、無駄も超過もない速度制限の実装が可能とはおもいますが、話を聞く限り大幅な仕様変更を求めることになってしまいそうです。
"共有 Bot アカウント": Wikimedia Toolforge や Wikimedia VPS を使う bot の場合、bot を動作させられるメンテナー(オペレーター)が複数人で、実際に Bot のアカウントパスワードを知っている人は一人のみ、という事例はいくつかあります。jawp としてそれを許容するのかは別ですが、他言語版でマルチオペレーター体制であることを公言しているものに w:da:User:Dawikibot, w:de:User:GiftBot, w:it:User:ItwikiBot, c:User:KrinkleBot, w:nl:User:Nlwikibots, w:pt:User:PtwikisBotm:User:CommonsDelinker 公言されていないものの、toolforge に複数名のアクセス権が確認できるものに c:User:CommonsMaintenanceBot (toollabs:admin/tools#toollist-commons-maintenance-bot), c:User:ArchiverBot (toollabs:admin/tools#toollist-archiving) などがあります。ちなみに、利用者:InternetArchiveBot には Operator に二名記載されていますが、toolforge 側のアクセス権を持っているのは toollabs:admin/tools#toollist-iabot を見る限り Cyberpower678 さんのみのようです。Web インターフェースから実行できるタイプのものもあるので、そういうものを含めると「実質オペレーター数」が複数となるものも前述のもの以外にもあると思われます。これらの事例から、Bot アカウントに対しては Wikipedia:投稿ブロックの方針#共有アカウント の文面における「不特定多数」には当たらず(つまり特定少数)、w:en:Wikipedia:Blocking_policy#Disruption-only などの記述に照らし合わせると、許容されるように見えます。以上が私の見解となります。--rxy会話) 2017年9月3日 (日) 15:16 (UTC)
ご説明いただきましてありがとうございます。Cyberpower678さんからも「Workers is a technical term. I am the only operator.」というご説明をいただきまして、私の無知による誤解であったようで失礼いたしました。そういうことであるなら、片方が完全に停止している際に3編集/分しか処理できないのでは非常に非効率だと感じますし、グローバルツールであるため日本語版で低速稼動している間は他の言語版での処理が止まるというような問題もあるようですから、現状の「6編集/分×2 workersの制限で動かして12編集/分を最大値とする運用」ぐらいであれば速度制限の例外として合意してしまっても構わないように感じました。ただ、「6 edits per minute is way too slow」とは言っても、他のbot運用者だってもっと高速で処理をしたい事が色々ある中でそれでも決まった速度制限で運用されているわけですから、それらの兼ね合いは考える必要がありますよね。確かに必要なbot処理ではありますが、荒らし対応などのような緊急性が非常に高いものというわけではありませんし、その辺のバランスを考えれば、Cyberpower678さんのおっしゃるようなmaster worker+ tool worker×3の4系列で最大24編集/分というようなシナリオまで許容できるのかは疑問です。
共有Botアカウントやマルチオペレーターの件につきましても、詳しいご説明をいただきましてありがとうございます。CommonsDelinkerは日本語版でも活発に稼動しているのを良く見かけますが、これもマルチオペレーターで動いているということであれば、日本語版でも実質許容されているようなものですね。投稿ブロックの方針も許容範囲であるということで、こちらにつきましても失礼いたしました。--重陽会話) 2017年9月3日 (日) 17:01 (UTC)
コメント rxyさん、ご対応ありがとうございます。今回のBotはグローバルでBotフラグは保有していませんが、多数の言語版で活動しており、metaのBotPolicyが毎分12回までの編集を許容していること、付与に至るまで多くのコミュニティの方々にコメントをいただけたこと、通常より慎重に長い時間をかけたことなどから、速度についてはVariesのまま承認し、編集速度の規定に関する案内を付与時に指摘する形にとどめてしまいました。承認前に運用者さんに確認するべきであったと反省しております。ご迷惑おかけしました。本Botの作業速度を、技術的な問題から日本語版の規定を超えて承認することについて、再度皆様のコメントをいただきたいと思います。--W.CC会話) 2017年9月5日 (火) 11:05 (UTC)
コメント 機能の性質上、対象件数も多いので、毎分最大 12 編集を限度とするなら良いかと思います。ただし、編集が多いであろう時間帯の日本時間 22時から 0時59分 (UTC 13:00 - 15:59) くらいは速度を落としてもらいたいです。--rxy会話) 2017年9月5日 (火) 11:33 (UTC)
  • IABot's absolute max speed is 60 edits/minute per worker. It usually edits around 6-12 edits/minute. It stops editing if the maxlag is 5 seconds or more. So if editing is too frequent, it will slow down.—CYBERPOWER (会話) 2017年9月5日 (火) 14:39 (UTC)

不具合報告:2017-09-13[編集]

コメント また同じエラーを出しています(Wikipedia:利用案内#ボットでエラーになっています)。取り急ぎ報告まで。--JapaneseA会話) 2017年9月12日 (火) 22:59 (UTC)

  • コメント 直ったようですが、また再現しそうな気がします。--JapaneseA会話) 2017年9月13日 (水) 00:33 (UTC)

コメント "you may follow the instructions on the template below to fix any issues with the URLs." の訳の「下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。」の辺りですが、すこし違和感を感じます。というのも、この部分はノートに自動投稿される際の最下部に入る一文のようなので「下記」は存在しません。修正案の提案をしたいと思ったのですが、自分もうまく解釈できないです……「以下に修正した問題をURLとともに続けて説明してください」みたいなニュアンスなんですかね? --Hina会話) 2017年9月30日 (土) 16:56 (UTC)

日本語訳は正しいです。英語版ではその下にen:Template:sourcecheckが展開されていますので、それを指しているものと思われます。ただ現時点の日本語版ではこれが存在しないわけですから、文章まるごと消してもらうのがいいと思います。
この件も含め、このbotは日本語版においては複数のバグ(例:Cite web内で既にarchiveurl=が指定されている時にオリジナルがリンク切れか確認せず無条件にdeadlinkdate=○年○月を挿入、ノートのurl変更告知のハイパーリンクが全部つながっていて意味を成していない)があります。もう少しローカライズしてほしいものです。--ひむちや (会話/投稿記録) 2017年9月30日 (土) 17:28 (UTC)
ああなるほど、そういうことだったのですね。そしてまたそれは改善して頂きたいですね……
(テンプレートについてはモジュール等外部依存が有ったりしてそのまま持ち込めるものでもないのですね。) ところで今日動作眺めていた感じなのですが、一応オリジナルの存在確認は意図するであろう挙動はしているような気もしました。ただ何故か存在しているのに404を返しているページが有ったり国外からアクセスできないページが有ったりするらしくdeadlink化してしまっていましたが…… --Hina会話) 2017年9月30日 (土) 19:07 (UTC)
コメント テンプレートの件ですが、ひとまず「下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。」の部分を「リンク切れやエラーがありましたらWikipedia:Bot/使用申請#InternetArchiveBotまで報告をお願いいたします。」のように置き換えてはいかがでしょうか。日本語話者でない運用者の会話ページに誘導するよりはこちらのページへ誘導した方が、エラーが発生した際に速やかに対応できるかと思います。--SilverSpeech会話) 2017年10月2日 (月) 05:39 (UTC)

不具合報告:2017-10-07[編集]

コメント リンク切れでない外部リンク[2]のようにリンク切れとしていました。このサイトだけがボット作業時にたまたまリンク切れだったのかもしれませんが、他も疑ってかかるべきかもしれません。--JapaneseA会話) 2017年10月7日 (土) 08:13 (UTC)

報告 多数のリンク切れでない外部リンクを「リンク切れ」と表示していることを確認しました。暫定で無期限ブロックを実施しています。報告によると、このBotは、Cite Webテンプレートに "archiveurl ="がすでに存在する場合、元のリンクが壊れていないかどうかをチェックすることなく、 "deadlinkdate = ○年○月"をCite Webに無条件に挿入しているようです。改善をお願いしたいと思います。また、このBotの運用継続の是非についても、コミュニティのみなさまからご意見いただきたいです。(なお、私は英語をあまり得意としておりません。得意な方、私の英訳にミスがありましたら、どなたでも直接修正してくださって構いません。)/ Report: I confirmed that this bot has regarded many available links as "broken links". I set temporary indefinite block. Some users point out that when "archiveurl=" already exists in the Cite web template, this Bot unconditionally inserts "deadlinkdate=year-month" in the Cite web without checking whether the original link is broken. Please improve these errors. to community users: I would like the opinion from the community about continuing or disapproving the InternetArchiveBot operation.--W.CC会話) 2017年10月8日 (日) 08:22 (UTC)
報告管理者伝言板でも同じような話がありました。--ひむちや (会話/投稿記録) 2017年10月8日 (日) 09:47 (UTC)
(御二方宛)御対応、御報告ありがとうございます。(皆様宛)ボット作成者には「リンク切れでないものをリンク切れとしてしまった箇所を修正するボット」を作る責任があると思いますが、ミイラ取りがミイラになりそうですね。--JapaneseA会話) 2017年10月8日 (日) 10:06 (UTC)
  • I just happened to notice this block, but nobody bothered to ping me, the bot, or leave me a message. I don't understand what the problem is. Can somebody please explain it to me?—CYBERPOWER (会話) 2017年10月8日 (日) 18:26 (UTC)

今後[編集]

現在IABotにかけられている無期限ブロックに関しては、Cyberpower678さんが日本語版ウィキペディアにおける動作を無効化したとのことですので、誤作動の危険がないものとして解除してよいものとおもいます。さて、User:W.CCさんはIABotの運用継続について意見を求めていらっしゃいます。他に議論が行われている場所はないようですから、勝手ながら私の方でここに節を設けさせていただきました。他に適切な場所がありましたら移動してください。

  • 「リンク切れとなり内容の参照が不可能と成る外部リンクを減らす」というIABotの作業目的は有用なものです。私の立場としては活動は今後とも継続していただければと思っています。エラーに関しては、「気づいた人が報告する。報告を受けてBotのアップデートを行っていただき、影響を受けた記事の修正をしていただく。」という流れが確立できれば問題ないと思います。--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月14日 (土) 23:12 (UTC)
    • 管理者ではない立場ですが意見を述べさせて頂けるなら、このBotの目的は私も大変有用かと思います。特にたくさんの人が関心を寄せる人物や事件などでネットに残る時間の短いニュースサイト等を出典にしているケースが目立ち検証できないことが多々あり、個人的にはもっとアーカイブを利用して欲しいと常々感じておりました。そのきっかけになる可能性を秘めているのでぜひ継続、アップデートしていただく方向になればと願いますPonfuni会話) 2017年10月15日 (日) 03:40 (UTC)
  • 「The bot should function correctly with the Exception of problem number 3.」とのことなのでひとまずこのページ内での報告済み事項は大丈夫そうですね。(他にも意図せぬ誤動作はしてそうですが、)見つけたら報告するとして、報告先はどうすべきなのでしょうか。本来はIABotのバグ報告ページ から行うべきなんでしょうが他者との認識共有や翻訳問題(このページでもakasenさんたちの仲介が大きく作用している件があります)等を考えても公開の場である方がいいのかと思ったりするのですが……(引き続きこのページをいつまでも使うのもどうかと思ったのですがそれもありなんでしょうか?) --Hina会話) 2017年10月15日 (日) 17:30 (UTC)
    • 報告 IABotのブロックは解除しました。当面の間は再稼働させないようにお願いしています。取り急ぎ報告のみで失礼します。--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月16日 (月) 01:56 (UTC)
  • コメント 私も上で話しに参加しながら今更ちゃぶ台返しのようなことを言ってしまって申し訳ないのですが、このBOTが日本語版で運用されるにおいて非常に重要な点が抜けてしまっていましたので、その指摘を1点。そもそもフェアユースのない日本法に準拠する必要がある日本語版において、インターネットアーカイブを利用することに対する妥当性・合法性について長らく議論が行われている背景があり、中にはインターネットアーカイブへの置き換えが不適切なケースもあるという意見もあったように思います。直近の議論としてはWikipedia:井戸端/subj/デッドリンクには「リンク切れ」テンプレートを貼るべきか、ウェブアーカイブへ誘導するべきかがありますね。そこからさらに過去の議論へのリンクもまとめられています。私も突っ込んだ内容まで把握できてはおらず深い見識もなく様々な意見をどう見たらいいのか判断しかねるのですが、少なくともインターネットアーカイブによる横断的なリンク修正の妥当性については、日本語版ウィキペディアにおいてはまだ意見が分かれていて一定の合意が得られていない状態にあるように思われます。このBOTの運用の妥当性の議論は、著作権法上の問題も加味した上で広く意見を募って話し合う必要があるように思います。個人的には、リンク切れの修正をアーカイブに置き換えることを良しという結論になって、このBOTがバリバリ運用されていく方向で合意されるのが一番だとは思いますが。--重陽会話) 2017年10月16日 (月) 22:31 (UTC)
    • 重陽さん、ありがとうございます。その視点は完全に欠けていました。過去の議論を読み込んだ上で、コメント依頼に出すなり井戸端に提起するなどの処置を考えたいと思います。Hinaさんご指摘のバグの報告先についてはいろいろ考えはありますけれども、すみませんがひとまずは先送りにさせてください。(@Cyberpower678: The legitimacy of InternetArchive itself and linking to it under Japanese laws is yet to be cleared, as User:重陽 pointed out. It takes longer than I expected before because it is needed now to ask for the community about the legal issue. And I personally want to thank you for your willingness to have the bot running despite the troubles you have and will encounter.)--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月19日 (木) 15:10 (UTC)
      • Why would InternetArchive be illegitimate? They are 100% legal.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月19日 (木) 17:15 (UTC)
        • Of course, InternetArchive are 100% legal under the American law. But they are not necessarily so under other countries law. Their legality are guaranteed by "fairuse". However, Japanese copyright law doesn't have "fairuse". And the Japanese wikipedia needs to follow both the American law and Japanese law. We have no consensus on the legality of InternetArchive. So, we need discussion.--重陽会話) 2017年10月21日 (土) 01:54 (UTC)

ボットオペレーターの対話姿勢について[編集]

  • botの会話ページに投稿されたコメントが運用者によって「English please」などという身勝手な理由で除去されていたので差し戻したのですが、再び消されてしまいました。日本語が読めないから対話をする気がないというのは論外ですし、百歩譲って英語でその旨記入すればいいのにコメントの改竄に走る行為には驚きました。上記のコメントもそうですが、運用者の姿勢に問題があります。--霧星小根会話) 2017年10月8日 (日) 23:30 (UTC)
  • @W.CC and Rxy: I have no idea what's going on here. Can somebody clarify to me what the bot is doing wrong? Someone is persistently edit warring on the bot's talk page placing a message that the translator can't translate. I've advised more than once to leave the message in English. I have no idea if the message left on that page is related or not, but in the interest of getting the bot working correctly, I do need someone to explain to me in English what the bot is doing wrong. I'm somewhat confused by W.CC's English summary above.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月8日 (日) 23:58 (UTC)
  • 上記コメントに私への皮肉と見られる箇所があることに厳重に抗議します。仰っていることも的を射ておりません。ここは日本語版ですから、会話は原則的に日本語で行うべきです。英語で返答してもらうこともあると思いますが、それは相手の厚意に基づくものであり、こちらに英語の使用を強制するようなご発言は筋が通っておりません。もしあなたが管理者として活動していらっしゃる英語版に日本語のコメントが来たらどう思いますか?しかも会話ページにおけるコメントを改竄し、利己的な編集合戦を起こすのは日本語版だろうと英語版だろうと適切ではないでしょう。既に赤の旋律さんが対応されていますが、このような態度を取る人物がbotを運用するのには強い懸念を覚えます。なお、私は英語を多少読み書き出来ますが、日本語版で英語の使用を強制される気はありません。--霧星小根会話) 2017年10月9日 (月) 02:09 (UTC)
  • If the translator is reasonably able to translate what you write, I will respond, in English. I do not trust the translator to accurately translate my responses, which is why I respond in English. However, if the translator produces meaningless translation, I obviously cannot understand what is being said and will request the message be written in English.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月9日 (月) 02:17 (UTC)
  • 未だに誰かが翻訳出来れば英語で返答するなどと仰るのですか。ここは日本語版ですので、英語を使用した会話自体が好まれないということは何度も申し上げました。しかも、わざわざ翻訳して下さる方が出て来た場合も、その内容を信用せずに英語で答えるというのはどういう了見なのですか。詰まる所、あなたは英語しか使用する気はなく、日本語版(全ての言語版に共通する気もしますが)のルールを教えられてもけんもほろろな対応に終始するのですね。英語版の管理者ともあろう方なのですから、もう少し考えた対応を取って頂きたかったことを申し添えておきます。--霧星小根会話) 2017年10月9日 (月) 02:31 (UTC)
  • 私はあなたに応答するためにGoogle Translateを使用しています。 あなたのメッセージの意味は、もう一度翻訳で骨抜きにされました。 しかし、私が正しく理解すれば、私は日本語で正しく答えることを望みますか?—CYBERPOWER (会話) 2017年10月9日 (月) 02:37 (UTC)
  • はい。多少おかしな表現であっても、日本語で返答して頂くことを望みます。確かに英語でお書きになったほうが意図がより伝わるかもしれませんが、全ての日本語版の利用者が英語を出来る訳ではありません。英語の原文と日本語の訳(これは機械翻訳でも何でもいいです)を併記して頂いた方がより深い理解に繋がると思います。宜しくお願いします。--霧星小根会話) 2017年10月9日 (月) 02:49 (UTC)
  • 結構。 私は自分の返答を日本語に翻訳します。 私はその意味が通って保持されていることを保証することはできません。 (Google翻訳で英語から翻訳された)—CYBERPOWER (会話) 2017年10月9日 (月) 02:53 (UTC)
  • 宜しくお願い致します。この度はやや言葉を荒らげてしまい申し訳ありませんでした。今後のご活躍を信じております。--霧星小根会話) 2017年10月9日 (月) 02:58 (UTC)
  • ウィキメディア・プロジェクトは多言語展開されて相互協調によって実現しているプロジェクトです。いくらウィキペディア日本語版だからといって、対話を必ずしも特定言語に制限される必要性はないと考えます。もちろん、霧星小根 さんは日本語のみを使い続けることもできますが、日本語の使用を他者に強要することに対して、今後の国際協調を妨げる可能性のあるものとして、非常に強い懸念をここで表明します。また、「自分が理解できない言語で書かれたから」という理由のみで発現を除去だけで返答を行わなかった Cyberpower678 さんに対しても、英語でいいので除去ではなく、対話していただきたいと思います。--rxy会話) 2017年10月9日 (月) 12:37 (UTC)
  • 念の為に書きますが、運用者さんは日本語版においてこちらに英語の使用を強制していたのです。それは「English please」という要約や、上記での英語で返信を書くよう求める文章(「However, if the translator produces meaningless translation, I obviously cannot understand what is being said and will request the message be written in English.」)から分かります。日本語版で日本語を使うよう求めるのと、英語を使うよう求めるのではどちらに理があるのか明白です。どうぞご理解下さい。--霧星小根会話) 2017年10月9日 (月) 22:59 (UTC)
  • どちらも特定言語の使用を強制しないように言っているのです。Cyberpower678 さんが英語の使用を強制したからといって、あなたが Cyberpower678 さんに日本語の使用を強制する権限は一切ありません(逆も然り)。特定言語の使用を強制した場合、他言語で利用されている有用な Bot やツールの移入を妨げることとなりますので、今までの Bot 運用慣例に反するようなオペレーターの行動束縛はおやめください。日本語を理解しない英語話者に機械翻訳の日本語のみを載せられると、意味が分からなくなります。なお、霧星小根 さんが引用された "translator" はおそらく機械翻訳のことを Cyberpower678 さんは指していると私は思いますが、半分は理解可能な主張であるものの、これをもっての除去は正当化されません。赤の旋律 さんが既にその旨を述べられておりますので、私からは日本語でのみ申し上げておきます--rxy会話) 2017年10月10日 (火) 11:43 (UTC)
  • 以上の内容はCyberpower678さんへ向けた注意と受け止めさせて頂きます。なお、日本語版で日本語を使用することをお願いするのは全くおかしなことではありません。--霧星小根会話) 2017年10月11日 (水) 03:07 (UTC)
  • 「お願い」はどちらにも可能ですが、「行うべき」などと強制をする権限は誰にもありません。Cyberpower678 さんは引き続き英語で質問や回答をすることができますし、霧星小根 さんは日本語で書き続けることができます。必要と思う人はそれらの翻訳をすることができます。--rxy会話) 2017年10月11日 (水) 03:13 (UTC)
  • それに関しては私の発言がやや行き過ぎていたことを既に認めております。ともかく、これ以上は終わりにしましょう。--霧星小根会話) 2017年10月11日 (水) 03:16 (UTC)

利用案内でのエラー報告[編集]

元のセクション名は「ボットでエラーになっています」でした。 Wikipedia:利用案内#ボットでエラーになっています 2017-10-09T10:36:48 UTC の版より節内部全文転記--rxy会話) 2017年10月9日 (月) 11:32 (UTC)

利用者:InternetArchiveBot会話 / 投稿記録 / 記録により大量にエラーが発生しています。2017年9月とすべきところを、2017年09月としているのが原因です。止め方がわからないので、ここにて報告します。--JapaneseA会話) 2017年9月3日 (日) 00:34 (UTC)

ありがとうございます。エラーは全て修正し、作者の会話ページで呼びかけて見ました(私のいい加減な英語が通じるかどうかはともかく)。--JapaneseA会話) 2017年9月3日 (日) 06:38 (UTC)

チェック 御報告ありがとうございます。他言語、他プロジェクトにまたがると私は無力です。コミュニティのありがたさを改めて感じます。対応頂いた皆様ありがとうございました。--JapaneseA会話) 2017年9月3日 (日) 14:55 (UTC)

再度エラー[編集]

コメント また同じエラーを出しています。--JapaneseA会話) 2017年9月12日 (火) 22:56 (UTC)

  • コメント 直ったようですが、また再現しそうな気も。--JapaneseA会話) 2017年9月13日 (水) 00:33 (UTC)

www.webcitation.org のリンク修正について[編集]

このセクションは 利用者‐会話:InternetArchiveBot#www.webcitation.org のリンク修正について 2017-10-09T02:25:24‎ UTC からセクション内を全文転記したものです。--rxy会話) 2017年10月9日 (月) 11:52 (UTC)

"#IABot (v1.5.2)" という履歴で、出典などで使用している www.webcitation.org のリンク修正作業をされていますが、逆にクリックしても何も表示されなくなります。明らかな改悪ですので、差し戻しをお願いします。例えば、

前者を後者に変更されていますが、後者ですと何も表示されません。間違いがあるのではありませんか。ご自身が行った編集については責任をもって元の正常なリンクに戻して下さい。--トトト会話) 2017年9月21日 (木) 00:21 (UTC)

First of all, please do not remove messages posted here, even if you cannot understand. Since it's Japanese wikipedia here, it's natural many of users coming this page do not understand English. Removing their message merely because you can't understand will be regarded as ill-mannered. Instead you should ask for help of other users, at places like Wikipedia:Help for Non-Japanese Speakers.
User:トトト complains the bot is replacing a link with an unavailable one. He showed an example of [3] being replaced with [4]. As for this case, both are available and they seem identical to my eye. Whether the replacement was necessary or not, I'm not sure.(I searched the article with this link, but in vain.)--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月9日 (月) 01:14 (UTC)
Thank you for the clarification. I guess my culture is somewhat different. I did not mean to appear rude. As for the complaint. There shouldn’t be any difference in what is loaded in both URLs. The URL the bot converted was to the archive’s long form equivalent. This is routine for enwiki and other wikis but it can be disabled for this wiki if desired.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月9日 (月) 01:18 (UTC)
「短いリンクと長いリンクは同等のもので、2つのリンクからは同一のページが読み込まれます。この置き換えは英語版を始めとする他のウィキでは普通に行われておりますが、必要があればこのウィキに対して無効化することも可能です。」とのことです。--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月9日 (月) 02:25 (UTC)


InternetArchiveBotによる誤った出典リンク切れのタグについて[編集]

このセクションは Wikipedia:管理者伝言板/その他の伝言#InternetArchiveBotによる誤った出典リンク切れのタグについて 2017-10-09T04:28:28 UTC からセクション内を全文転記したものです。--rxy会話) 2017年10月9日 (月) 11:52 (UTC)

Wikipedia:バグの報告に報告しましたら、対応しかねるので管理者伝言板にとアドバイスをいただいたので、こちらに書かせていただきます。

BotであるInternetArchiveBotにより出典リンク切れのタグが多くの記事につけられております。ですが、確認したところ切れていないものに一斉にダグつけしており、例えば、こんな具合です。レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳 Botなのでほかにも多数あるようです。2,3は取り消しで対処しましたが数が多そうなのと今後も増えるのかもと懸念いたします。正直Botに関しての理解もなく勝手が分らずに、このBotのタグづけに関する基準に困惑しております。もし可能ならば停止をお願いしたくうかがいました。ご判断いただき、ご検討ください。--Ponfuni会話) 2017年10月1日 (日) 07:49 (UTC)

返信 IABotについてはWikipedia:Bot/使用申請#InternetArchiveBotにおいて同様の話題が出ていますね。botの説明読んだのと動作報告見ている限り何らかの理由(アクセス制限等?)でbotからアクセスできない(どうも中国語のサイトにおいてこのパターンが多いようです)か、ページが存在しているのにサーバーが404を返してしまっているかが大半のようですが。
(もし特定のページで何度もこのbotが走るのを避けたい場合は{{cbignore}} or {{nobots|deny=InternetArchiveBot}}を使えってことですがまあ現状大量のページで同問題は発生しているので対処としては不十分ですよね…… --Hina会話) 2017年10月5日 (木) 17:04 (UTC)

Hinaさま 返信ありがとうございました。そうですか、それは弱りましたね。しかしながら問題になっているのなら何か動きがあるのかもしれませんね。わざわざ調べて頂いて感謝申し上げます。またこの流れで質問することいになり恐縮ですが、()内に書かれたコード?はどこを見れば使い方が分るか、もしご存知なら教えていただけませんでしょうか。お手数かけてごめんなさい--Ponfuni会話) 2017年10月7日 (土) 00:04 (UTC)

  • w:en:User:Cyberbot II/Run/Dead-links/ja の内容を disable に置き換えれば IABot は停止しますが、停止させる場合は理由をオペレーターに告げてあげてください。そうしないと、勝手に再開されてしまいます。--rxy会話) 2017年10月7日 (土) 01:43 (UTC)

rxyさま さっそくのご返事ありがとうございます。記事編集以外の事を何も知らないために、重ねて質問を申し訳ありません。まずは、Botであるために日本の管理者のみなさまでは判断がつきかね対処はできないという理解でよろしいのでしょうか。次に、rxyさまの教えて下さった方法は特定のページに来ないようにするわけではなく、Bot自体を停止させるという理解でいいですか。 また、その場合はw:en:User:Cyberbot II/Run/Dead-links/jaのページに行って、enableとだけ書いてあるのをdisableにすればよいということでしょうか。また停止させる理由をオペレーターに告げるにはどこに行けばよろしいのでしょうか、日本語で説明して大丈夫でしょうか。お手数ですがお知らせ頂けると幸いです--Ponfuni会話) 2017年10月7日 (土) 05:46 (UTC)

うーん…。誤作動としてブロックできなくもないですが(過去に一度私がブロックしています)、どうしましょうかねぇ。。。私が書いた方法は Bot をウィキペディア日本語版上での作動を停止させるものです。Ponfuni さんご認識のとおり、 disable に書き換えて保存するだけです。オペレーターへの連絡は w:en:User_talk:Cyberpower678 で可能であれば英語で書いてください。日本語で書いた場合、おそらく機械翻訳を使って読むことになるので、文章構成を機械翻訳に優しい書き方にしないと、理解してもらえない場合があります。また、差分やリンクで具体的な場所と問題を書いてあげると、直してもらいやすくなります。なお、生きているリンクが誤ってアーカイブをつけられてしまっているケースは、toollabs:iabot の "Submit Bug Report" から "Report false positive" のページで URL を1行ごとに列挙して偽陽性の報告をすることができます。 --rxy会話) 2017年10月7日 (土) 07:04 (UTC)

ご返事ありがとうございます。なるほど理解いたしました。日本語版での停止ですか・・・問題を把握しておられる管理者のみなさまがされないのに、理解の足りなさそうな自分がしていいものかどうか正直躊躇いたします。このBotが他の言語でも動いているなら多分同じような問題が起こっているのではないでしょうか。しばらく様子を見ればなんらかの改善もしくは停止があるかもと期待するのは無意味でしょうか。--Ponfuni会話) 2017年10月7日 (土) 08:09 (UTC)

ところで上記でPonfuniさんが示されていたdeadlink誤認ですが、存在しない(?)パラメータのdeadurl=noをデッドリンク表記の誤用と認識された可能性があることに気付きました。どうやら他のbotの生成したもので、それとの兼ね合いもあるようなので意図せぬバグとして報告して例外対応を含めてもらう必要があるかもしれません。--Hina会話) 2017年10月7日 (土) 09:57 (UTC)

ところでFAQも参照 --Hina会話) 2017年10月7日 (土) 11:32 (UTC)

Hinaさま ありがとうございます。何ぶん技術的な事を何も知らないためにひとつのご意見に質問ばかり増えてゆくのをお許しください。まず、おっしゃる「存在しない(?)パラメータ」というのはページから一般編集者が削除できるものではないものですか? 実は、自分がリンクを貼った記事で同じようにリンク切れをつけられたものが結構あり、一方でまだBotが巡回していないのか、タグがついていないもの、またBotが来た履歴はあるのにタグがついてないものもあります。おっしゃるパラメータとやらが本当に影響しているのか知るためにも、自分の知る誤作動記事やそうでない記事でパラメータが残っているのかどうか検証してみたいのですが、それは一般の編集者でも確認できることでしょうか?--Ponfuni会話) 2017年10月8日 (日) 14:04 (UTC)

コメント (ところで当該botですが現在暫定でブロックされています) もしdeadurlが原因であれば、差分:レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳のように除去することで問題を回避できます。(この変更後に手動でURL自動修正を実行しましたが問題の再発はしていません。) --Hina会話) 2017年10月8日 (日) 14:35 (UTC)

Hinaさま ありがとうございます。ゆっくりになるかもしれませんが、とりあえず自分の知るタグのつけられた出典にそのパラメータがついていないか、またタグのついていない方はどうか調べてみたいと思います。もし何か分りましたらこちらにご報告させていただきます。この質問に対しご返事くださった方に感謝いたします。いつも利用者の為にありがとうございます。--Ponfuni会話) 2017年10月8日 (日) 23:42 (UTC)

  • Hi, can somebody, explain to me in English what exactly the bot is doing wrong? I would like to fix any problems users have encountered with it.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月9日 (月) 00:00 (UTC)
At first (10/1), Ponfuni reported there are some articles where the bot tags links which is not dead as being dead. User:Hina suspects some pages deny access from the bot, resulting in false positives.
On 10/7, User Hina noticed the parameter "deadurl=", which is not in use in jawp, is perhaps making the bot confused. Hina suspects it may be interpreted as an improper expression of a dead link. He then removed the parameter from the article and make the bot run on it manually, confirming a proper run.--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月9日 (月) 00:37 (UTC)
@赤の旋律: Thank you for the prompt response. Do you think you can provide me an example so I can verify and look into this problem? Naturally I want IABot to function correctly on the wikis it runs on.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月9日 (月) 00:44 (UTC)
The case User:Ponfuni first reported was [5]. These links([6] and [7]) are not dead, but IAbot tagged them as dead and added "deadlinkdate" parameter, resulting in "[リンク切れ]" shown on the article.
At Wikipedia:Bot/使用申請#InternetArchiveBot there are some reports.
  1. User:JapaneseA reported the same problem as above([8]). IAbot added "deadlinkdate" parameter to [9], which is not dead.
  2. He also reported the expression of month is wrong, for example "2017年09月" should be "2017年9月". This has already been fixed, I assume.
  3. User:ひむちや reported the urls in the report IAbot puts on the talk page are wrongly interpreted by mediawiki. "urlの書式設定/使用方法を修正" is interpreted as one lengthy url. (I think making it "url\sの書式設定/使用方法を修正" will fix the problem.)
  4. And the one posted on the talk page of the bot.
These are all bug reports I have read so far.--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月9日 (月) 02:17 (UTC)
For number 1, I assumed the behavior was similar to enwiki and other wikis. On those wikis the presence of the archive without deadurl= implies the link is dead unless deadurl=no is set. Here it's the exact opposite, where one has to add deadlinkdate to mark the URL as dead. I will make the adjustments tomorrow. Number 2 is fixed. I received several reports early on and fixed them. For number 3, that is fixed by adjusting the on wiki configuration page. I'll fix that too tomorrow. For number 4, that isn't a bug, but a misunderstanding. The short form and longform URLs load identical content. If this conversion to longfkrm URLs is not desired, I can shut it off. I hope this helps.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月9日 (月) 02:25 (UTC)
I forgot tell you, JapaneseA requested the repair of false dead links by a bot.
When you finish the fix, please let me know. Then I will notify W.CC and others of it. --赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月9日 (月) 02:54 (UTC)
@赤の旋律: Regarding number 3, I cannot make the changes as my bot is currently blocked. An administrator will need to go to 利用者:InternetArchiveBot/Dead-links.js and make the appropriate text modifications.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月10日 (火) 01:47 (UTC)
Number 1 should be fixed now. I have disabled the bot for this wiki, so it can be safely unblocked, so I can fix number 3.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月10日 (火) 02:30 (UTC)

To:CYBERPOWER
These are examples大内貴仁 安志杰 導火線 FLASH POINT 恵英紅 嚴華 ワン・バオチャン 捜査官X 孫文の義士団 リン・ホン--Ponfuni会話) 2017年10月9日 (月) 04:28 (UTC)

I took a look at the first example, and indeed the URL is considered alive by the bot. It's just assuming the presence of the archive URL implies the URL is dead as it does on other wikis. Deadurl isn't supported on this wiki, so the bot ignores it here. I'll push all the necessary fixes into v1.5.6.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月9日 (月) 14:55 (UTC)
@Cyberpower678:So IABot now checks all the links it processes regardless of whether "deadurl=no" (or "=yes") is present?
I'm a bit confused. As for the problem #1( [10]) IABot assumed the link was dead because of the presence of "archiveurl" and the absence of "deadurl=no", adding "deadlinkdate= 2017年10月". Given that IABot took "deadurl=" into consideration and skipped the check, it makes sense. At レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳([11]), however, it seems IABot completely ignores "deadurl=no" (I don't know where it came from. User:Ponfuni inserted it with this edit. Probably from enwp?), similarily adding "deadlinkdate=2017年9月". And if "deadurl=" is ignored, removing it as User:ASCIIw did ([12]) would have had the same output, but ASCIIw says it had an effect.--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月10日 (火) 14:48 (UTC)
@赤の旋律: To clarify, IABot does not even acknowledge "deadurl" since it's an unsupported parameter on this wiki. Like on all wikis, if deadurl is not set, or supported, the presence of an archive URL leads the bot to assume the original URL is dead. On enwiki, setting "deadurl=no" tells the bot otherwise. This is based on how the template works on enwiki. On jawiki, as I mentioned, "deadurl" is not a recognized parameter, and therefore the bot ignores it here as well as it has no impact on how the template renders the output. For this wikipedia alone, as of v1.5.6, the bot determines the URL as being marked as dead when "deadlinkdate" is set. Otherwise, it defers to its own judgment on the URL's live status. Does this help?—CYBERPOWER (会話) 2017年10月10日 (火) 15:22 (UTC)
So the problem was:
  • nothing to do with "deadurl=" parameter.
  • IABot assumed the links are dead bacause of the presence of "archiveurl=" parameter alone.
  • It thought there was no way to mark the original links as alive. Actually "deadlinkdate=" parameter does it.
and this problem is now fixed. Is this all right?--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月10日 (火) 23:31 (UTC)
Yes, but how does deadlinkdate set the URL to alive?—CYBERPOWER (会話) 2017年10月11日 (水) 02:06 (UTC)
Sorry, I wrote it wrong. The absence of the parameter marks a link as alive. Thanks.--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月11日 (水) 02:28 (UTC)
@Rxy and 赤の旋律: The bot should function correctly with the Exception of problem number 3. I have disabled the bot for this wiki, so it can be safely unblocked, so I can fix number 3. Would you mind unblocking?—CYBERPOWER (会話) 2017年10月15日 (日) 15:23 (UTC)
I've unblocked User:InternetArchiveBot. Please do not reactive the bot for the time being. I'm consulting with the community about the continuation of operation of IABot, as requested by User:W.CC.--赤の旋律/akasen(talk) 2017年10月16日 (月) 01:35 (UTC)
@赤の旋律: Thank you. Be sure to let the community know that I am willing to fix any problems that come up in the future, and that the existing problems have been fixed.—CYBERPOWER (会話) 2017年10月18日 (水) 14:15 (UTC)

サブページ化とページ間の統合報告[編集]

このボットに対する不具合報告が Wikipedia:Bot/使用申請Wikipedia:利用案内利用者‐会話:InternetArchiveBot, Wikipedia:管理者伝言板/その他の伝言 と複数のページに跨っており、不具合報告の把握や審議に著しい不都合を生じると判断したため、まことに勝手ながら事前提案なく統合を行いました。不具合報告の集約のため、本措置をご理解いただけますと幸いです。--rxy会話) 2017年10月9日 (月) 11:44 (UTC)

Turning the bot back on[編集]

@Rxy: So it's been a really long time, discussions seem to have ceased, I can't even remember why IABot was stopped in the first place. Is it safe to turn it back on? It does still retain approval to operate in the speed it has operated in before.—CYBERPOWER (会話) 2018年2月19日 (月) 17:45 (UTC)

Also pinging @W.CC:CYBERPOWER (会話) 2018年2月19日 (月) 17:47 (UTC)

コメント テスト稼働(3、40ページ程度編集させて、バグが本当に修正されたかを見極める)に賛成します。また、バグ修正のプロセスが不透明とのコメントもあるので、日本語によるバグ報告をWikipedia:バグの報告で受け付け、英語とドイツ語によるバグ報告をPhabricatorで受け付けるようにすることを正式稼働に賛成する条件としてつけておきます。--ネイ会話) 2018年2月26日 (月) 04:37 (UTC)

(追記)それともう1件。前回の誤作動のときに行われた編集について、Cyberpower678氏がそれを差し戻せるとおっしゃっていますが、いかがしましょうか。わたしからは、緊急停止までに行われた編集の取り消しを提案します。--ネイ会話) 2018年2月26日 (月) 14:33 (UTC)

報告 議論が停滞してしまったため、コメント依頼を提出しました。必要があれば通訳を務めますので、コメントは日本語でも英語でも大丈夫です。Since the discussion is not going anywhere, I have listed this topic onto WP:RFC. I will do the translation between Japanese and English if required.--ネイ会話) 2018年3月12日 (月) 13:19 (UTC)

不具合報告:2018-3-17[編集]

2018年3月16日から17日にかけてこのbotが誤作動していたようですが、複数のページで、リンクが有効であるにも関わらずアーカイブ化する編集が行われておりました(例:[13][14] )いずれも「外部リンク」節にあるものは有効な公式サイトでした。--Takisaw会話) 2018年3月17日 (土) 12:41 (UTC)

さっきアクセスしようとしましたが、両方とも403エラーでした。もしかしたら、外国からのアクセスを遮断しているかもしれません(確証はありませんが)。ウィキペディアには日本以外からのアクセスも大量にありますので、そのような場合にアーカイブ化が行われるのは仕方がないのではないかと思います。--ネイ会話) 2018年3月17日 (土) 12:53 (UTC)
I too have looked at the URLs, and all of them are dead. I used my VPN to change my IP to a Japan IP and I still got 403 errors. The bot was 100% correct in this case.—CYBERPOWER (会話) 2018年3月17日 (土) 12:58 (UTC)
(上記コメントの翻訳)「URLを検査しましたが、どれもリンク切れでした。VPNを使って日本のIPアドレスに変更しても403エラーのままです。本件についてはボットが100%正しいです。」
また、会話ページでは「IABotの編集を取り消せば、報告が自動的になされます。Cyberpower678氏は報告を受けると当該ドメインをホワイトリストに入れ、以降IABotはそのドメインを検査しない」という仕様について説明しました。--ネイ会話) 2018年3月17日 (土) 13:06 (UTC)
改めて元のリンクからアクセスし直してみましたが、問題なく公式サイトが表示されます。また、google検索経由でも当該URLが表示されます[15][16]。意外な結果に驚いています。何が原因かわかりませんが、こうしたことが起こるような状態でこのままbotによって有効なリンクをアーカイブ化させてしまうことが適切とは思えません。--Takisaw会話) 2018年3月17日 (土) 15:04 (UTC)
Well, I think it is appropriate because when I tried accessing the site from a server based in Tokyo, I still couldn't access it. This to me suggests that not every reader in even Japan has access to it. Readers need to be able to access the content, especially if they're in Japan.—CYBERPOWER (会話) 2018年3月17日 (土) 17:44 (UTC)
確認しましたが、前者はトップページ以外は404、トップページはアクセス可能。後者はトップページ・アクセスへのリンク以外はアクセス不可。トップページ・アクセスのページはアクセス可能でした。Takisawさんの環境では、すべてのリンクに対してアクセス可能なのでしょうか?--翼のない堕天使会話) 2018年3月17日 (土) 20:56 (UTC)
確認を取りました。トップページを含む一部のページがアクセスできるのに置き換えた時点で許容できない誤作動であり運用を停止すべきです。この動作は日本国外からだからしかたがないと考えるべきではありません。いくらなんでもむつ湾フェリーのトップページにアクセスすらできないってのは、bot側に問題がありそうです(スクリプトで切り替える背景画像の読み込みに時間がかかるページなので、リンク切れ判定が早すぎる?)。なごみの湯のGIFにすら引っかかった可能性はありますね。この二つに共通しているのは、画像の問題ですから。加えてリンク切れであっても外部リンクにオリジナルを残さず置き換える時点で設計ミスですが、そこは改善可能でしょう。この2点は対処可能と思われますが、根本的な問題点があります。むつ湾フェリーは、青森県側のページ構造が変化しているのに追随できていません(19年度はgyoseiがgyokanに変更されただけ[17]。20年度はカスタム検索で行方不明)。これはbotでなければ容易に確認できるので、この精度でbotではなく人間がやれば「内部検索ぐらいしましょう」って言われかねませんから、対話が困難なbotがやってしまうのでは困ります。構造変更への追随まで考えるとinternet archiveへの置換作業が自動的に行うbotに向いてないのではと考えます。可能であれば「リンク切れ確認、アーカイブ探索、アーカイブへのリンク生成」を行うガジェットとして利用できるといいんですけどね。--Open-box会話) 2018年3月17日 (土) 22:40 (UTC)
お示しした2つのページ[18][19]、複数の環境で正しく表示されないことがあるとのこと。私の環境ではトップページからリンクしている他のページも問題なく閲覧可能でした(念のためブラウザを変えて試してみましたが同様でした)。また、Open-boxさん、むつ湾フェリーでの青森県資料のリンクの修正、フォローして下さりありがとうございます。確認を怠っておりました。実は今回、このようなURLの僅かな修正によるものも見つけております [20](index.htmlの有無、ただしページの一部は表示されており容易にトップページの表示が可能)、[21](index.phpの有無)。私がウォッチしていて現時点で気づいているものだけですので、実はもっとたくさんの不具合が起きているのではないでしょうか。こうしたものへの対応をbotに全て期待するのは困難とは思いますが、では、そもそもこうしたものをbotにやらせることが本当に適切なのか?という疑問は感じるところです。--Takisaw会話) 2018年3月18日 (日) 00:21 (UTC)
正式に運用が認められた他言語版でも発生の可能性があるので、日本語版で稼働を継続させるかどうかとは独立した問題として考えられる部分について書いておきます。外部リンクを置換してしまう問題ですが、<ref>[http://xx]]</ref>ですと正常に{{webarchive}}や{{リンク切れ}}を追加できるのですが、[http://xx]]ですと{{リンク切れ}}は正常ですが{{webarchive}}を適用せず機械的に置き換えてしまうようです。また、リンク切れを主張されている方が共通して国外からのアクセスだったのでアドレスを変えてなごみの湯のサイトを見てきましたが、403になりました。むつ湾フェリーでもcgiのアクセス権限無しになりました(Internet Archiveでも最新は同様の結果)。これはサイト側の処置なので、どちらもリンク切れ扱いするのが間違いです。VPNで日本国内に変更しても変化しないのが不自然ですがこれで置換を認めていたら、ほとんどのアドレスはその対象になるでしょう。私の場合ですと、過去に使用していたアドレスはWikipediaとは無関係に「荒らし」が多発する環境だったためか、アメリカの政府機関に一切アクセスできない時期がありましたが、だからといって環境を疑わずに置換したりはしないわけです。このような場合には利便性優先で、botに限らずアーカイブを追加できるようにする対処は可能だと思われます。リンク切れ判定を404に限定するのは可能でしょうか? 404以外の場合リンク切れではなく{{webarchive}}の機能を含むテンプレートの追加(リンク切れではないので代替アーカイブとして追加するぐらい?)を行うように変更すれば、この点はなんとかなりそうです。今回の報告とは無関係ですが、極端に古いアーカイブを拾っているのが気になります。これはむつ湾フェリーの2015年のアーカイブですが(正常にアーカイブされている最新版。この版以降はcgiのアクセス権限無し)、実際に置換されたのは2006年のものです。--Open-box会話) 2018年3月18日 (日) 00:47 (UTC)
I'm going to need some help with English translations.—CYBERPOWER (会話) 2018年3月18日 (日) 14:39 (UTC)
要点を翻訳します。(Translation) In short, the questions from Open-box-san are (1) Can you add {{リンク切れ}} only if the page gives 404 error? If the page gives other errors (e.g. 403 error for this case), it is possible that the site blocks non-Japanese users. In such cases, it is better to add {{webarchive}} but not adding {{リンク切れ}}. (2) Also, for the case currently in question, just wonder why the archive date used is a very old date one - the one chosen by IABot is from 2006, but there is a newer version from 2015. (3) When the link is contained within a ref tag, both {{リンク切れ}} and {{webarchive}} are used correctly; but when it is just a plain link (as in External Link section), only {{リンク切れ}} works fine. Namely, when there is an archived version available, the URL is simply changed to the archived one, without using webarchive. Questions from Takisaw-san: (1) Even very slight changes are ignored by IABot and simply switched to archived page - for example, in [22] one only needs to remove "index.html" to show the page correctly; in [23] one only needs to remove "index.php". If these were done by human, such errors would not have happened in the first place; but since it looks difficult for a bot to cope with such cases, it sounds questionable to me whether such changes should/could be handled by a bot. (Open-box-san has one more example but I am skipping it - almost impossible to be detected by a bot.)
何かニュアンスが伝わっていないところがございましたらお申し付けください。--ネイ会話) 2018年3月18日 (日) 15:17 (UTC)
@ネイ: For translation: @Open-box: So with my years of experience from this, dead URLs come in varying ways, including 403s. Then there are working pages that deliver valid content AND return a 404 for some reason. IABot works to try and avoid these confusing cases, but from my experience, geo-restricted domains is rare. They may be higher in Japan, I cannot confirm this, however, these domains can be whitelisted entirely so IABot no longer checks them and they will be maintained as live links. As for the archive date, IABot will typically pick a date closest to the time the site was initially accessed on Wikipedia, or to the time it was initially added to Wikipedia. In the case of an old archive, it may have gone to grab one from early on. You can of course instruct IABot to use a different URL by going to https://tools.wmflabs.org/iabot?page=manageurlsingle&wiki=jawiki and looking up the original URL. There you can change the archive URL IABot should use for it. As for number 3, when IABot edits a reference, it will format freely to keep as much data as possible for the sources. However outside of references, IABot assumes it may be editing a link that is integrated into the article and in order to ensure the article's readability isn't being disrupted, it will either tag the link dead, or outright replace the original with the archive to ensure the final render doesn't disrupt the page text. @Takisaw: Any change in a URL is not "slight". If the old does not point to the new URL in the header information IABot receives from the page, there's no way for it to tell where the content's new location is. In any event, one should be concerned about the readers. Most don't even know how a URL works. They just type it in and click links to get to where they want to go. It won't occur to them to remove index.php, and they will very well see a broken link. If a site recently changed their index file, then a local bot should go and change them to the new correct URLs. This is done routinely on the English Wikipedia when an editor realizes the original content is still accessible, but just under a different URL. In the meantime IABot would keep the original link alive by providing archives. I hope this helps.—CYBERPOWER (会話) 2018年3月19日 (月) 02:58 (UTC)
As an additional note, I've whitelisted http://www.mutsuwan-ferry.jp/ as I was able to access it using one of my methods, however the other 403 in the original post is not accessible by any of my means.—CYBERPOWER (会話) 2018年3月19日 (月) 03:07 (UTC)

改善点の提案 About "Template:Sourcecheck"[編集]

コメント  以前にも指摘がありましたが、英語版ではこのボット用のテンプレート「en:Template:Sourcecheck」があるのですが、日本語版には導入されておらず「下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。」という存在しないテンプレートについてのメッセージのみが残っています。このテンプレートの機能には、報告用ツール(英語)への誘導、Botによる編集が利用者によって確認されたかどうかを示すこと、報告用ツールが使えないなど他の利用者の協力が必要な記事を「en:Category:Pages with active help requests for the IABot Interface」(IABotについて協力要請されているページのカテゴリ)へ分類するなどがあります。特にメンテナンス用カテゴリへの分類は運用上極めて重要かと思いますので、このテンプレートをローカライズした上で日本語版に導入すべきだと思いますが皆さんの意見はいかがでしょうか。 コメント (In English) "en:Template:Sourcecheck" is the essential template for operating IABot, but it is not yet introduced to jawp, only leaving the message about the template, "下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。". To operate IABot, we jawp users need it, especially to categorize articles that need help by Tracking categories, don't you?--SilverSpeech会話) 2018年3月29日 (木) 01:23 (UTC)

@SilverSpeech: Actually on the English Wikipedia, talk page messages were now turned off entirely and the template's use deprecated. I would recommend doing the same here.—CYBERPOWER (会話) 2018年5月18日 (金) 13:19 (UTC)

Where we are at[編集]

@W.CC, Rxy, SilverSpeech, ネイ, Open-box, and Takisaw: Despite being listed at WP:RFC, the conversation has gotten nowhere. A lot of bugs that have been reported have been fixed and with IABot v2.0beta even further improvements are being made. If no one objects in the next 7 days, as the bot still has community approval, as well as official bot approval, I will turn it back on and monitor its contributions for problems. I've made a couple of test edits just now with IABot's newest engine in v2.0. The best example of what the bot does can be seen here. This is what can be expected when the bot edits links inside <ref></ref> tags. When the bot edits links outside of these tags, edits like this can be expected. This is done to keep page formatting consistent, however we can turn off the option to edit links outside of <ref></ref> tags. In terms of edits concerning altering links that are still alive, the false positive rate continues to go down as user's assist the bot in identifying them. To help with this process, all an editor needs to do is undo the bot's edit, and the bot will automatically identify the URL(s) as a false positive and flag them for human review.—CYBERPOWER (会話) 2018年5月28日 (月) 18:06 (UTC)

コメント Bureaucrat note: I will resign as a bureaucrat and other rights within a few months and I will take a Long-term-Wikibreak for personal reason. Thank you for your patience and I would like to apologize for waiting. If our community members accept your opinion, other bureaucrats may help you. / 移譲 私は(他権限での引継ぎが終了し次第、近いうちに)ビューロクラットを辞任し、長期のウィキブレイクに入る予定です。Cyberpower678さんには改めて、長くお待たせしていることを謝罪したいと思います。コミュニティのみなさまの一定の見解ができ次第、他のビューロクラットの方々に対応をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。--W.CC会話) 2018年6月3日 (日) 14:01 (UTC)

不具合報告:2018-6-5[編集]

2018年6月5日に「ノート:アシスト_(ソフトウェア会社)」を確認したところ、リダイレクトされてはいるものの元の URLでリンク先ページは生きて内容を確認できますので、Bot による Internet Archive へ外部リンクの修正は不要と思います。一旦は修正してしまったのですが、Bot の処理だと気付き、ここを探し当てて読んでみたところ、取り消しで戻した方がよいみたいなので、修正と Bot の処理の2つを取り消しました。Wikipedia:Bot#Botの条件 に「Botが「無害」であること」とあるように、利用者からみてリンク先が読めているのにリンクを差し替え、しかもそれがかなり以前の古い内容では「有害」であると言わざるをえないと思います。英語版以外に何度も支障がある旨の指摘されているようであれば、英語版で十分なテストと英語での十分な議論を済ませてから他言語で稼働させて欲しいです。少なくとも私はちょっとした編集や修正はできるので参加してますが Botのテスターではないので議論や不具合報告は本来の目的から外れるのでしたくないです。これを投稿するのにも普段はみない文書を各方面に渡り読んで、投稿場所も相当迷ったので、かなりの時間がかかりました。これだけ編集者に負担がかかるのであれば、テストやデバッグの負担をしいてほしくないです。--やんも会話) 2018年6月4日 (月) 22:52 (UTC)

@W.CC: Google Translate did a terrible job translating the above, can you or another helpful user translate please? :-)—CYBERPOWER (会話) 2018年6月5日 (火) 00:15 (UTC)

今後について 2018年6月[編集]

やんもさんご指摘の不具合は、3月17日のものですので、前回5月の仮運用では修正されている可能性があります。しかし、後段の本ボット有害性のご指摘については一考すべきと思います。運用者さんは、この不具合コメントの翻訳を求めていらっしゃいますが、今後日本語で寄せられる不具合報告のすべてを誰かが翻訳しなくてはいけない状態は、好ましくありません。(私の語学力では、自己のコメント以外の翻訳の責務は負えません。)2017年10月に、このBotの運用継続の是非についてみなさまにご意見をお願いしたときには、今後の運用に期待するコメントが多く寄せられ、承認の取り消しには至っておりませんが、すでに半年以上が経過しておりますので、再度何らかの対応が必要と考えます。そこで以下の通り提案いたします。

  • 今後の仮運用条件の提案
    • 現在の永久Botフラグから、再仮運用のための6か月間の限定フラグに切り替える
    • 編集間隔は10秒を限度とする
    • 1カ月間の編集回数はおおむね30編集以内とする(不具合の発見・翻訳・対応などをするための余裕を保つためです。30編集は方針で定める仮運用上限200回から上記仮運用期間の6か月を割り四捨五入した回数です。)
    • 不具合報告に関する議論はこのサブページで行う(報告自体はここ以外で行われる場合があるかもしれませんが、まとまった議論はここに集約しましょう。)
    • 各種方針や運用条件への違反、大きな不具合があった場合は、管理者がBotをブロックすることがある。
    • 上記内容をBotの利用者ページに日本語で記載する
    • 6か月以内又は以降に、コミュニティによって再度の合意がなされた場合は、ビューロクラットは永久Botフラグを付与するか、付与期間の延長を行う。
    • 日本語の条件提案と以下の英語訳が矛盾していたら、日本語のものを優先する。

一週間待って反対がない場合は、上記の通り対応します。また、私の辞任後まで議論が続いた場合は、対応を他のビューロクラットに一任します。以下の英語訳にミスがあれば、一週間以内であればどなたでも直接修正してくださってかまいません。

/ Mr.or Ms.やんも reported a bot error on 17 March 2018. It might be fixed May 2018 but you have to check it. However, It is also problem that you cannot read error reports written in Japanese. I am not good at English, so I can't translate other user's reports into English. I have suggested JaWp users as follows.

  • IABot test running requirements (proposal)
    • IABot will be granted 6 months temporary Bot flag to do test run.
    • IABot have to keep intervals of 10 seconds per one edit.
    • JaWp community users need much time to detect errors and translate error reports, so IABot can work only under approximately 30 edits per one month.
    • Operator(you) and other JaWp users will discuss error reports at this page.
    • This requirements will be written on IABot user page in Japanese.
    • If IABot makes a big problem or is against the JaWp policies or these requirements, it will be blocked by sysops.
    • If community users make a new decision about a bot flag within or after 6 months, bureaucrat will grant a permanent bot flag or other temporary bot flag following a decision.
    • If there is any contradiction between the two requirements of two languages, the Japanese version will take precedence.

I will wait a week from other community users. When I resign as a bureaucrat, other bureaucrats may help you.--W.CC会話) 2018年6月7日 (木) 12:48 (UTC)

@W.CC: Thanks. I hope you don't mind me continuing to ping you until you do retire. To answer the bug report, there is a nice feature of IABot that makes filing the above report unnecessary. All one has to do is simple undo the edit, and a report is automatically filed. As for the proposal. I'm a little confused. The bot already has a permanent bot flag and is approved already, by you. I understand the rate limit, but it's not really feasible to limit the bot to just 30 per month. In other words I can confine the limit to x/second, minute, or hour, but going beyond that is just too out of bounds. With IABot's newest version, I should be able to implement a rate limit. As for detecting errors, I will be monitoring edits the bot makes and fix problems that arise. I also recommend disabling the talk page messages it leaves behind. Also any established user can disable the bot by going to https://tools.wmflabs.org/iabot/index.php?page=runpages&wiki=jawiki and clicking the Disable button on the top. The bot will immediately shut off.—CYBERPOWER (会話) 2018年6月7日 (木) 15:35 (UTC)
コメント 説明足らずで申し訳ありません。ボットは一度コミュニティによって反対なく承認されているとはいえ、その後不具合を多発し、システムを改善されたとのことですので、やはり追加の仮運用は必要であると思います。Botの方針では、ビューロクラットは必要であれば追加の仮運用を要求できることになっています。もしもコミュニティから反対がなければ、永久承認を一旦取り消し、一時的な承認のもとで仮運用を行っていただきたいです。また、毎編集10秒間隔は仮運用中も仮運用後も守っていただきますが、毎月30編集の制限は、新たな正式承認後(仮運用終了後)は不要です。このルールは仮運用中にデバックと翻訳の時間を確保するためのものであるため、仮運用中のみ適用されます。実際、2018年5月のIABotの編集回数は28回のみですので、システム上可能な制限であると思います。お手数ですがご承知ください。また、仮運用中に不具合報告を会話ページや独自のデバックシステムで他の利用者から受けた場合は、その概要とご対応内容をこのページで説明していただけますか。やんもさんは、Botのデバックは難しく、余計な作業となり有害であるとおっしゃっています。分かりやすさの観点からも、仮運用中の全ての不具合報告はこのページに集約されるべきであると私は思っています。独自に整備されているBotのシャットダウンシステムは、有用と思われますので、継続をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。
/ コメント I'm sorry I didn't make them clear enough. Even if your bot had approved by our community users, it had many errors and you changed the bot system after that. Then, you have to do more test run. JaWp local policy says bureaucrats can request operator to do more test run if it is necessary. If there is no dissenting opinion with my proposal from our community users, I will remove your permanent bot flag and approve temporary bot flag for test run. Your bot should keep 10 seconds interval every edits before and after test run. However, you have not to keep 30 edits per one month after your bot approved another permanent bot flag. 30-edits-rule is only adapted during temporary test run. This rule is to keep time to ditect errors and translate error reports into English while your bot does test run. Actually, your bot edited only 28 times on May 2018, so your bot can work only short time. Thank you for your patience. Now, if you receive the error reports from other users on your talk page or your feedback systems during test run, will you summarize those reports on this page and explain what you will do about that? Mr. or Ms. やんも said it is too difficult to feedback for editors and this is harmful for some users. Then I think that all error reports should be corrected on this page during test run. Your emergency shut off system may be very useful. Please continue these system. Thank you for your cooperation.—W.CC会話) 2018年6月8日 (金) 13:25 (UTC)
@W.CC: Thank you!! I can agree to another test run with those conditions, but why even bother removing and re-instating the bot flag? I have no intention of violating policy or having the bot perform harmful edits on Wikipedia. Even if the bot loses approval the flag could be simply removed then, and the bot shut down on it's run page. As for reporting errors, in the event of the most common of the rare errors where a bot identifies the link as dead when it's not, users only need to revert the edit.—CYBERPOWER (会話) 2018年6月12日 (火) 00:57 (UTC)
コメント ご理解くださりありがとうございます。もちろん、Cyberpower678さんがBotの方針を順守されることを期待し、信頼しておりますが、一旦仮運用戻るのであれば、フラグの状態も一時的とすることが適当と考えます。また、再承認は別のビューロクラットによって、新しいフラグが付与される形のほうが、運用者さんにとってもコミュニティにとっても分かりやすいかと思います。/ I appreciate your understanding. Of course, I trust you will follow our policy and requirements. However, you will do temporary test run, so temporary flag is most appropriate. In addition, I will resign as a bureaucrat. It is better for you and the JaWp community that your bot will be approved by other bureaucrat.--W.CC会話) 2018年6月15日 (金) 11:42 (UTC)

再審議 2018年6月[編集]

InternetArchiveBot 仮運用条件
  • 仮運用のための臨時Botフラグ付与期間は6か月とする
  • 編集間隔は10秒を限度とする
  • 仮運用期間中、1カ月間の編集回数はおおむね30編集以内とする
  • 不具合報告に関する議論はこのサブページで行う
  • 各種方針や運用条件への違反、大きな不具合があった場合は、管理者がBotをブロックすることがある
  • 上記内容をBotの利用者ページに日本語で記載する
  • 6か月以内又は以降に、コミュニティによって再度の合意がなされた場合は、ビューロクラットは永久Botフラグを付与するか、付与期間の延長を行う。
  • 日本語の条件提案と以下の英語訳が矛盾していたら、日本語のものを優先する。
InternetArchiveBot test running requirements
  • IABot granted 6 months temporary Bot flag to do test run.
  • IABot have to keep intervals of 10 seconds per one edit.
  • IABot can work only under approximately 30 edits per one month during test run.
  • Operator and other JaWp users will discuss error reports at this page.
  • This requirements will be written on IABot user page in Japanese.
  • If IABot makes a big problem or is against the JaWp policies or these requirements, it will be blocked by sysops.
  • If community users make a new decision about a bot flag within or after 6 months, bureaucrat will grant a permanent bot flag or other temporary bot flag following a decision.
  • If there is any contradiction between the two requirements of two languages, the Japanese version will take precedence.
  • チェック 予告した1週間が経過しましたが、コミュニティから反対意見はなく、運用者さんからも一応の理解をいただきました。一旦永久フラグを除去し、上記の運用条件での仮運用を承認します。コミュニティのみなさま、今後ともご意見よろしくお願いいたします。/ I waited a week and there is no dissenting opinion from other community users. I granted a temporary Bot flag for test run. You should follow the above requirements.--W.CC会話) 2018年6月15日 (金) 11:42 (UTC)
    • @Bellcricket, Jkr2255, Penn Station, and ぱたごん: Since W.CC has retired, I am pinging you in the hopes one or more of you understand English, and also because I do not know where the Bureaucrats' noticeboard is on this Wikipedia. I forgot to run my batch of 30 for the month of June, but I just ran a batch of 33. I do not have a rate limiter installed yet. It's still a work in progress, so I've been manually throttling the bot. I was wondering if I should/could run another batch of 30 to make of for the missed month of June?—CYBERPOWER (会話) 2018年7月16日 (月) 19:22 (UTC)

不具合報告:2018-7-14[編集]

TIKI BUN/シャバダバ ドゥ〜/見返り美人でエラーになっていたのでRvしました。正直、このボット利よりも害を感じます。--JapaneseA会話) 2018年7月17日 (火) 10:42 (UTC)(Sutepen angel momo)

@JapaneseA: Would you mind explaining what the error is? I see nothing wrong with that edit. All links it modified lead to a 404 Not found error, and all of the supplied archives are working. If you ask me the revert is doing more harm here, not the bot edit.—CYBERPOWER (会話) 2018年7月17日 (火) 17:35 (UTC)
You have to see, before ask to me [24].「エラー: 日付が正しく記入されていません。」--JapaneseA会話) 2018年7月17日 (火) 18:48 (UTC)
@JapaneseA: My apologies, I did not see that initially. I'm assuming that's coming from "publication-date=—". IABot reads the template data of the cite templates. In cite news, "publication-date" is listed as a required parameter, yet it doesn't appear to be a required parameter. Since the parameter is required, IABot is defining it on the template, but since it doesn't have a publication date, it's using — as a placeholder. It would seem publication-date should be marked as an optional parameter in this case for the template data, or the template should be throwing an error since the parameter is missing. Thoughts?—CYBERPOWER (会話) 2018年7月17日 (火) 20:52 (UTC)
Or an alternate idea, define the parameter, but leave it blank. That shouldn't generate any errors in the template's output.—CYBERPOWER (会話) 2018年7月18日 (水) 00:37 (UTC)
Thank you very much.--JapaneseA会話) 2018年7月18日 (水) 05:48 (UTC)
@JapaneseA: Awesome. Let me know if you see any other issues. IABot v2.0 is a major change, and fixes a lot of known bugs on different wikis including jawiki.—CYBERPOWER (会話) 2018年7月18日 (水) 19:00 (UTC)

PxyBot[編集]

移管について Wikipedia:井戸端/subj/オープンプロキシ自動ブロックボットの検討#マルチメンテナーと Wikimedia Cloud への移管 で意見を募集しております。--rxy会話) 2017年11月21日 (火) 11:41 (UTC)

コメント このページはあくまで、Botの仕様変更の承認を行うところですので、井戸端やその他の場所での必要な事前議論を経て、CVNに移行することが決まったのちに、(新しい後見人がいらっしゃればその方とともに)CVNでのtest runを行っていただいたうえで、承認を行いたいと思いますが、いかがでしょうか。--W.CC会話) 2017年12月26日 (火) 11:50 (UTC)
こちらはボットに関する変更の告知ということで書いたものですので、それでよいと思います。--rxy会話) 2018年1月3日 (水) 13:47 (UTC)

マルチメンテナーと Wikimedia Cloud への移管[編集]

下記のセクションは、Wikipedia:井戸端/subj/オープンプロキシ自動ブロックボットの検討#マルチメンテナーと Wikimedia Cloud への移管 からの読み込みです。--rxy会話) 2017年12月22日 (金) 13:30 (UTC)

諸事情により私一人での維持管理、運用も難しくなってきたことから、User:PxyBot を万一の時に備えて m:CVNスタッフで、Wikimedia 財団パフォーマンスチーム、プリンシパル・パフォーマンス・エンジニア、システム管理者User:Krinkle さんやその他 CVN スタッフとともに運用する方向で調整しています。これにより、PxyBot の稼働サーバーは私の仮想マシンから CVN のものへ移管される予定です。プロプライエタリ コードでの利用は禁じられているので、調整の結果次第ではソースコードを公開することになるかもしれません。ご意見等がございましたら、こちらにて承ります。--rxy会話) 2017年11月21日 (火) 11:35 (UTC) Wikipedia:管理者への立候補/PxyBot/20170113 で私の管理者退任時は PxyBot も同様の扱いとすることになっておりますが、私の退任後も CVN による運用継続を望まれる場合、こちらで新たに合意を得たいと考えます。(ウィキペディア日本語版の現役管理者がひとり以上、メンテナーに加わっていただくか、後見人となっていただけると助かります)--rxy会話) 2017年11月21日 (火) 11:49 (UTC)

コメント 平素よりBotによるご活動に関し、大変お世話になっております。他利用者から反応がありませんので、私から数点質問いたします。
  1. CVNへの移行に関して、現時点でのStaffからの反応と、移行する場合のざっくりとしたスケジュールを教えてください。
  2. この移行によって、変わること、変わらないことをまとめていただけるとありがたいです。(例えば、変わること:ソースの公開 変わらないこと:Rxyさんによるjawpコミュニティに対する説明責任の有無など)
以上2点です。よろしくお願いいたします。--W.CC会話) 2017年12月19日 (火) 13:32 (UTC)
コメント これは私見ですが、私も含めて、m:Countervandalism_Networkについて深く理解している利用者は少ない気がします。このような段階で包括的な意見募集等を行っても、コメントは難しいのではないかと思います。--W.CC会話) 2017年12月19日 (火) 13:32 (UTC)
Special:Diff/66677994 2017年12月19日 (火) 13:32 UTC の版より追加文の転記。
  1. 完全にこちらの反応待ちです。CVN スタッフ間では調整済みです。こちらにて同意が得られ次第、CVN のサーバーにて稼働させる予定です(ソースコード開示・非開示の方は別途調整)。
  2. 私がウィキペディア日本語版の管理者在任中で応答可能である場合は私が今までのように対応することになります。私が退任後にも継続して Bot の運用をウィキペディア日本語版コミュニティが望む場合、CVN スタッフによる対応となります。
  3. CVN はウィキペディアをはじめとするウィキメディアプロジェクトにて、IRC での監視(小規模なウィキを監視する m:SWMT 他)のためのボットを提供と、関連 IRC チャンネルの管理を行うグループです。
--rxy会話) 2017年12月22日 (金) 13:26 (UTC)
コメント コメントしようしようと思いつつ書き忘れていました。オープンプロキシの自動ブロックは非常に有用なので、継続稼働してほしいと思います。
  1. CVNへの移行は賛成です。1人の個人サーバーに依存しないことは望ましいと思います。
  2. ソースコードを公開せずに済むのであればそれに越したことはありませんが、公開しても一定の効果は継続して持つと思います (穴をつくための手間はだいぶ大きいです)。
  3. お任せいただけるのであればメンテナー、もしくは後見人となってもよいと考えております。ただ技術者としてはフロントエンド寄りが専門であり、MediaWikiの仕様にもあまり詳しくない (Botも動かしたことがありません) ので即戦力人材ではないと思います。--Y-dash 2017年12月22日 (金) 15:48 (UTC)
  • ありがとうございます。Y-dash さんには既に PxyBot に関連する github の private repository に対する Collaborators アクセス権を付与しております(ソースコードの閲覧や変更が可能。ただし現状では CI 連携や自動展開されるようにはなっていないため、運用上現時点では何も変わりませんが、今後そうすることもできます)。--rxy会話) 2017年12月24日 (日) 07:28 (UTC)
コメント ご回答ありがとうございます。1人の方に依存しない体制が必要という趣旨には賛成いたします。--W.CC会話) 2017年12月26日 (火) 12:03 (UTC)

rxy の管理者退任に関して[編集]

Wikipedia:管理者への立候補/PxyBot/20170113 で私の管理者退任時は PxyBot も同様の扱いとすることになっておりますが、私の退任後も CVN による運用継続を望まれる場合、こちらで新たに合意を得たいと考えます。(ウィキペディア日本語版の現役管理者がひとり以上、メンテナーに加わっていただくか、後見人となっていただけると助かります)--rxy会話) 2017年11月21日 (火) 11:49 (UTC)

コメント 基本的には賛成したいのですが、管理者権限との兼ね合いについて少々懸念があります。Rxyさんが運用されるとのことで管理者Botとして信任されているものですので、コミュニティから十分信頼されているY-dashさんが後見人になってくださる可能性があるとはいえ、井戸端での話し合いのみで合意としてしまうことには違和感を覚えます。半恒久的なものとして運用するのであれば、一定の文書として方針化あるいはガイドライン化ができれば望ましいですが、そこまで必要でなくとも、解任投票等を利用して再度明確な形で運用者の変更(追加?)を合意しておくことに越したことはないかと。--W.CC会話) 2017年12月26日 (火) 12:03 (UTC)
「私の退任後も CVN による運用継続を望まれる場合」ですので、誰もそれを提起しない、または追認しないのであれば自動的に当初規定のとおり PxyBot の管理者権限は除去されることになります。一応ソースコードは現時点でも渡してあるので、その気になれば別のボットで運用することは知識があればできると思います。--rxy会話) 2018年1月3日 (水) 13:50 (UTC)

未蘭巴西[編集]

  • ボット名/Bot: 未蘭巴西 (会話履歴SUL1SUL2他P)
  • 運用者/Operator: Miraburu (会話履歴SUL1SUL2他P)
  • 作業間隔/Interval: 約30秒
  • 作業内容/Function: リンク修正、カテゴリの付け替えなど。
  • 運転方法/Operation: 基本的には自動運転ですが、場合によっては手動制御で行う場合もあると思います。
  • ソフト/Software: Autowikibrowser(AWB)
  • 連絡/Contact: 利用者‐会話:Miraburu
  • ボットフラグ/Has bot flag(s) on: なし
  • コメント/Comment: Wikipedia:ボット作業依頼の対応へのお手伝いができればと思い申請させて頂きました。よろしくお願いします。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年5月26日 (土) 10:28 (UTC)
  • コメント ビューロクラットより Botの方針では、Botは原則として、通常の参加者と別にアカウントを取得して、そのアカウントで実行するように推奨されています。Bot以外の他の編集履歴が混ざった副アカウントをご利用になっていることには何か理由がありますでしょうか。--W.CC会話) 2018年5月26日 (土) 12:43 (UTC)
    • すみません、本アカウントを使うのは投稿記録が見づらいせいでよくないのだろうということだと思ったのですが、わざわざ新しくアカウントを取るのもなと思い、現在は使っていない副アカウントで運用した方がベターかなと思ったのですが、これとは別にアカウントを取得した方が良かったでしょうか…。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年5月26日 (土) 13:32 (UTC)
    • コメント Bot運用を歓迎いたします。一利用者としてコメントいたします。作業内容が「リンク修正、カテゴリの付け替えなど。」となっていますが、これはWikipedia:ボット作業依頼を前提とされてのことでしょうか。そう解釈いたしますと、仮運用にはボット作業依頼あるいは事前合意のあるものを選んでいただくのが通例と考えていますが、特別:投稿記録/未蘭巴西を拝見する限り、見当たりません。2018年5月26日 (土) 06:06 までの投稿履歴にお示しのような、事前議論の必要ない簡単かつ件数の少ないリンク修正であれば、フラグは必ずしも必須ではないと思いますが、いかがでしょうか。(今後追加の仮運用を予定していらっしゃるのであれば、コメントは撤回いたします。)--W.CC会話) 2018年5月26日 (土) 12:43 (UTC)
      • コメントありがとうございます。あまりボットの運用ルールには詳しくないのですが、事前合意のある作業であればフラグは必要ないのでしょうか?(というより、フラグ無しのボットの本格運用は全面的に禁止だと思っていたのですが、なしでもいい場合とダメな場合が分かりませんのですが、もしよろしければお教え頂けないでしょうか。すみません。)--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年5月26日 (土) 13:32 (UTC)
        • コメント アカウントの件も含めて、Wikipedia:Botをご一読の上、申請なさるのがよろしいと思います。その上で、再度、私のコメントをご一読いただければ幸いです。「事前議論の必要ない、簡単かつ件数の少ないリンク修正であれば、フラグは必ずしも必須ではない」と述べています。事前合意が必要な作業について、フラグなしでの「本格運用」が可能とは全く申し上げていません。「あまりボットの運用ルールには詳しくない」とおっしゃっていますが、Botの運用ルールに詳しくない方のBotにフラグを付けることが、コミュニティに受け入れられるとは思いません。方針を理解されたうえで、方針に明記されていない細部に関する具体的なご質問であれば、お答えができると思います。--W.CC会話) 2018年5月26日 (土) 13:51 (UTC)
          • すみません、確かにおっしゃる通り仮運用のことをご説明頂いていたのに、本格運用の話をしたのは不適切でした。申し訳ありません。もちろんWikipedia:Botは一通り目を通させて頂いたのですが、その仮運用の手順がよくわからなかったので、少し混乱してしまっておりました。えっと、こちらで報告したらそのまま仮運用に入る形…という感じでよろしいのでしょうか…?--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年5月26日 (土) 14:03 (UTC)
            • 方針に目を通されたとは思えない状態での申請となっていますが・・・・。「Botは原則として、通常の参加者と別にアカウントを取得して、そのアカウントで実行するようにしてください(これをBotアカウントと呼びます)」フラグの付与を前提とされるのであれば、まずアカウントはお分けになった方がよろしいかと思います。現在の試験運用のようなかたちで、AWBの機能をあくまで通常編集の補助として、方針上の間隔を守ってお使いになるのでしたら、フラグは不要です。その際、フラグなしBotとして承認することもできますが、レアケースかと思います。また、「基本的には自動運転ですが、場合によっては手動制御で行う場合もあると思います。」とありますが、これもどのような場合なのかを具体的にご教示ください。さらに、方針には「Botアカウントの利用者ページには {{bot}} タグを使用し、Botの身元を明示してください。Botアカウントの利用者ページとBot使用申請との両方で、以下の情報を示してください。(以下略)」とあります。これも仮運用前に行ってください。これらの点をご考慮いただいた上で、実際に本格運用でやろうとしている作業内容に関する試運転(つまり仮運用)を行ってください。--W.CC会話) 2018年5月26日 (土) 14:21 (UTC)
  • 取り下げ(インデント戻し)コメントありがとうございます。運用形態は現在の形なら問題ないとのことでしたので、しばらくは編集の補助という形で使用させて頂くことにします。アカウントの分離については、利用者:未蘭巴西会話 / 投稿記録 / 記録アカウントは現状では既に通常の参加者のアカウントではない状態にあるため問題ないという解釈だったのですが、とはいえ利用者名が若干分かりづらそうな点などいろいろとトラブルを招いてしまうことも考えられるため、今後本格的にボットを運用することになった場合などには、新しいアカウントの取得を検討させて頂きます。W.CCさん、ご対応を頂きありがとうございました。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年5月26日 (土) 14:42 (UTC)
    • Botを使っていることが普通の参加者に分からない程度にしか使わない場合には、わざわざアカウントを分ける必要はありません。」に該当するのでしたら、現在のままで構わないということです。年に数件といった稀な頻度で、あくまで副アカウントによる編集の補助程度として、お使いになるなら問題ないですが、定期的に反復継続して行うのでしたら、やはりアカウントは分けたほうがいいでしょう。その際も、「使用申請せず大量(目安として 200 以上)の編集をする場合、編集間隔を1分以上あけるようにしてください」を順守してください。フラグ付きでなくても、あるいはBotアカウントとして使わなくても、Wikipedia:Botを順守する必要があることはご理解ください。蛇足ですが、慣れないツールを使うときは今まで以上に慎重に進められることをおすすめします。--W.CC会話) 2018年5月26日 (土) 14:55 (UTC)
      • 了解いたしました。作業の際はくれぐれも慎重に進めさせて頂きます。ちなみに念のためご確認させて頂きたいのですが、ボットとしての承認を得ていない場合は、やはりボット作業依頼に対処するのは適当ではない…でしょうか?--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年5月26日 (土) 15:04 (UTC)
        • 申請して使うことが大前提です。上記の申請不要論はあくまで例外です。依頼への対処は、「Botを使っていることが普通の参加者に分からない程度」を大きく超えますので、やはりアカウントを分け、ここで申請して使うことが好ましいと思います。--W.CC会話) 2018年5月26日 (土) 15:27 (UTC)
          • 了解いたしました。いろいろと理解が至らぬ点も多く、ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ございませんでした。現在翻訳中の記事が完成したら、過去の前例なども参考にもう一度運用方針を慎重に検討させて頂きます。W.CCさん、ありがとうございました。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年5月26日 (土) 15:35 (UTC)
  • 終了 改めて終了とします。--W.CC会話) 2018年5月27日 (日) 07:10 (UTC)

Miraburation[編集]

  • ボット名/Bot: Miraburation (会話履歴SUL1SUL2他P)
  • 運用者/Operator: Miraburu (会話履歴SUL1SUL2他P)
  • 作業間隔/Interval: 約30秒
  • 作業内容/Function: リンク修正、カテゴリの付け替えなど。
  • 運転方法/Operation: 基本的には自動運転ですが、誤作動が発生しないか確認しながら投稿を行いたい場合など、場合によっては手動制御で行う場合もあると思います。
  • ソフト/Software: Autowikibrowser(AWB)
  • 連絡/Contact: 利用者‐会話:Miraburu
  • ボットフラグ/Has bot flag(s) on: なし

コメント 前回の申請時は実際の手続きの詳細について熟知しておらず混乱してしまい、ご迷惑をお掛けしてしまって申し訳ございません。メールなどで他のボット運用者さんとも相談した結果、アカウントについては副アカウントとも分離した上で再度申請をさせて頂きました。後ほど仮運用を実施させて頂きますのでよろしくお願いします。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年6月2日 (土) 13:41 (UTC)、Symbol comment vote.svg 追記 すみません、ちょっと不具合が発生しているためもうしばらくお待ちいただければ幸いです。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年6月2日 (土) 15:09 (UTC)

  • コメント そもそも作業対象の選択に問題があると考えられます。版番68767246の編集など、その時点で存在しなかった名称で記述を書き換えないでください。--iwaim会話) 2018年6月2日 (土) 19:00 (UTC)
    • 仮運用における編集に一部不適切な点がありましたことを深くお詫びいたします。現状のままでは仮運用としては不適切なため、Bot作業依頼で依頼があった作業の中から仮運用をやり直します。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年6月3日 (日) 01:41 (UTC)
  • コメント 要約を見ると、AWBを使用した仮運用はわかりますがどのような作業をしたのかわかりません。作業内容が追加なのか修正なのか除去なのか、あるいは作業依頼名とかでもよいので書いほしいものです。あとAWBの仕様なのかわかりませんが、IATスーパーJチャンネル(差分:68770430)で要約を見ると、 (→‎脚注: 試験運用 using AWB)とありますが、脚注セクションはコメントアウトされているため適切ではありません。--duck775会話) 2018年6月3日 (日) 09:12 (UTC)
    • コメントありがとうございます。要約欄については仮運用段階であったためそれのみしか書かなかったのですが、今後は本運用/追加の仮運用があった場合などには「リンク修正」などの操作内容を要約欄に入れるように致します(一応設定してあります)。脚注のセクションのずれについてはAWBの仕様かと思われますが、解決策がないかどうかは私としても模索してみます。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年6月3日 (日) 11:11 (UTC)

報告 念のためお知らせですが、先日ボットの試験運転を実施いたしました。ANN (ニュースネットワーク)オールニッポン・ニュースネットワークへのリンク修正を約1分に2回の間隔で50回限定で実施しています。また先程、手動制御での投稿も数回実施し、動作を確認いたしました。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年6月9日 (土) 13:47 (UTC)

  • コメント 版番68841831の「出典」周りは意図した挙動でしょうか? また、この部分の編集を実施しないような運用は可能でしょうか?--iwaim会話) 2018年6月9日 (土) 13:56 (UTC)
    • すみません、これは全く想定してしない変更で、AWBのソフトが頭が良すぎる(?)のか勝手に脚注を識別化してしまったのだと思います。おそらくAWBの方の仕様だと思われるため、私個人としては修正の仕方が分かりません。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年6月9日 (土) 14:14 (UTC)
    • 失礼しました、確認しましたところ「Apply general fixes」ボタンが勝手にチェックされてしまっており先程修正しました、ご迷惑をお掛けしました。おそらくこれで大丈夫かと思います--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年6月9日 (土) 14:17 (UTC)
      • 原因が把握できていると理解しました。ボットフラグを付与してもよいと判断します。--iwaim会話) 2018年6月10日 (日) 14:18 (UTC)
  • 反対 本申請後の言動を見るだけでもbotフラグをお預けすることに不安を抱かせるに十分です。さらにRfAからの言動を見るに、申請者はbotがどうとかではなくて何でもいいから権限や地位が欲しいだけに見えます。--とすげ会話) 2018年6月17日 (日) 08:59 (UTC)
    • ボットフラグはあくまでボットであることを分かりやすく示すためのマークのようなものであり、特定の利用者グループに地位などというものは一切存在しません。当方が登録申請を権限や地位を得るために行っているかのような印象操作をされたことに対しては強く非難させて頂きます。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年6月17日 (日) 10:16 (UTC)
    • 発言者のアカウントは多重アカウントとして投稿ブロックされているようですね。--iwaim会話) 2018年6月23日 (土) 17:56 (UTC)
      • 確認致しました。ご報告頂きありがとうございます。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年6月24日 (日) 03:02 (UTC)
  • 言動の違いによってBot作業に変化が起こるなどまったく想像できないのですが・・・ 他人の投稿を止めてしまうとか記事を秘匿するなどの重要な権限とは異なりますし、手間さえ苦にしなければ差し戻しも可能ですから、気軽に申請していただければと思います。RfAとBot申請が期間的にたまたま近かっただけだと思いますが、管理系手続きというものはどれも似たところがありますので、このBot活動はきっとプラスになると思いますよ。--Triglav会話) 2018年6月17日 (日) 10:25 (UTC)
    • ありがとうございます。Botの運用についてはまだまだ不慣れな部分もありますが、不適切な編集だけは避けられるように可能な限りの点検は怠らないよう心掛けていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年6月17日 (日) 10:59 (UTC)
      • 実務以外のところはあまり急がないほうがいいかな? --Triglav会話) 2018年6月17日 (日) 11:51 (UTC)

WCCbot 除去[編集]

aki42006AWB[編集]

  • コメント 王者栄耀の編集ですが、51行目の =キャラクター= への処理が抜けているように思えます[25]。--duck775会話) 2018年6月17日 (日) 16:17 (UTC)
    • 返信 (duck775さん宛) 確認と指摘ありがとうございます。変更した箇所ばかり見ていました。無理にAutoWikiBrowserを使うより手作業で修正した方が良い案件かもしれません。また何かありましたら、よろしくお願いします--aki42006会話) 2018年6月17日 (日) 22:28 (UTC)
  • とりあえず2018年6月17日 (日) 01:47から2018年6月22日 (金) 07:58までの状況を報告します。Check Wikipediaの2対応として20項目、Check Wikipediaの19対応として10項目(ただし2件の抜けあり)、Check Wikipediaの93対応として19項目、Check Wikipediaの63対応として34項目をそれぞれ処理しました。--aki42006会話) 2018年6月22日 (金) 12:20 (UTC)