Wikipedia:Article Feedback Tool

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Article Feedback Tool
開発元 ウィキペディア
種別 評価 (ウィキ素材)
公式サイト Article Feedback @ Mediawiki
(利用者用ヘルプ: Wikipedia:Article Feedback Tool)
テンプレートを表示
註: Article Feedback Toolのバージョン5は、現在ウィキメディア財団により開発中です。新しいバージョンに関する詳細を調べたり、評価を送りたい場合は、AFT V5プロジェクトのページ参照。

Article Feedback Tool (AFT:記事評価器) は記事を評価し、記事品質の評価に読者を引き込むためのウィキメディアの調査ツールです。戦略計画において、優先5事項のひとつに位置付けられています。

このツールの目的は次の二つです。

  • 品質評価 – 記事評価により、品質が極端に高いあるいは低い内容を強調し、経時的な変化を測定することで、ウィキペディアの記事品質の内部調査とし、品質に関するデータの新しい情報源の補完とします。
  • 読者誘引 – 記事評価は、読者からの参加を促します。評価者に対して、記事を改良する行動への喚起が案内されます。

ツールの最新版は、ウィキペディアの各記事の下部に、評価表を表示します。読者は4つの評価項目に基づいて、その記事を評価するよう促されます。このバージョン (V4) は現在、ウィキペディア英語版のほぼ全ページをはじめとしたウィキにおいて適用されています。

Article Feedback Toolの新しいバージョン5 (AFT V5) は、最新版のための公開データの共同体評価と分析に基づき、現在開発中です。このバージョンの第一目的は、百科事典の製作に読者が生産的に貢献する方法を見つけることです。

最新版[編集]

第2段階「このページを評価」GUI:要素ごとに星を選択する。格付けの前に、利用者が既に格付けを提出している場合は、各評価項目に青い星が表示されます。

ツールの最新版には目標があります。1)記事の品質を評価する読者を助ける仕組みを提供すること、2)ウィキペディアへの参画を始める入口を、読者に提供することです。現在のツールでは、次の4つの品質で当該ページを評価するよう読者に促します。すなわち、信頼性、客観性、網羅性、文章力です(画像参照)。

"註: 登録利用者は、個人設定表示で「<articlefeedback-disable-preference>」のボックスにチェックを入れることで、この機能を無効にできます。

開発中[編集]

WMFは、ツールの次のバージョン (バージョン5) に取り組んでいます。共同体からのフィードバックと最新版の分析が、次のバージョンのデザインに組み入れられています。以下のブログ記事は、うまくいった品質評価や読者誘引とはまた別の特徴に対して働きかけるツールの特徴について、記述しています。

ツールの次のバージョンでは、百科事典の製作に読者が生産的に貢献する方法を見つけることに注力されます。読者からの評価としてどのような種類の評価が役に立つかを、ウィキペディアの編集者にIRCで訊ねたところ、読者が何を探していたのか、そして、それを見つけられたかどうかがわかると役に立つ、という意見がありました。次のバージョンでテストされる一つの方向としては、「あなたが探していたものは見つかりましたか?」を「はい・いいえ」ボタンで読者に尋ねる簡易フォームが考えられています。また、記事を改良するためのコメントや提案を加えるよう、読者は促されます。

品質は引き続き考慮すべき重要な事項です。ツールの次のバージョンでも、品質を測定する様々な方法を試験し続けます。現在のツールから離脱して、品質の潜在的な測定値を試験するかもしれません。例えば、「探しているものは見つかりましたか?」という質問における「はい」の割合は、記事の品質の指標値となりえます。

機能のソフトウェア開発に関する詳細はMediawikiサイトのバージョン5機能ハブ、機能に関する議論はウィキペディア英語版の機能ハブをお訪ねください。

歴史[編集]

フィードバック事業の第1段階は2010年に始まりました。7月9日にMediawikiページが始まり、9月15日に部会が出来、10月7日に事業ページが作成されました。 井戸端等での議論や、Signpost管理者掲示板での発表を介し、ウィキペディア英語版編集者と共に、様々な機能条件書が開発されました。

第2段階は未定で始まり、事業のためのウィキ・カテゴリは2011年2月14日に始まりました。2011年7月、「このページを評価してください」という枠の上の「これは何?」のヘルプ機能は、第2段階の「このページの評価に時間を割いてください」という言葉遣いに置き換えられました。

2011年夏に何千人もの利用者を対象に行われた調査では、90%以上の利用者がこのツールが役に立つと信じていて、半数余りの利用者が明確に記事の開発に影響したと信じていました。

2011年秋には、利用者から毎日3万~4万5000件の格付けが普段提出されました。格付けを提出する利用者の約97%が非ログイン編集者であり、読者による顕著な知識摂取が示唆されました。