Wikipedia:編集フィルター/提案

Jump to navigation Jump to search

ここは、新しい編集フィルターの作成や、既存のフィルターの(大幅な)仕様変更について、議論したり提案したりするページです。

原則として、新しいフィルターはここで提案し合意形成の後に作成するようにしてください。 やむを得ず合意形成をすることが出来ないまま作成されたフィルターについても、その狙いなどを報告をするように努めてください。

提案と作成[編集]

フィルターを提案する前に[編集]

Wikipedia:編集フィルター/一覧を参照し、同じ機能のものが既にないか確認してください。

また、フィルターの機能について以下の点に留意してください。

  • フィルターはすべての編集を対象とします。それゆえに、例えば、単一ページに加えられた問題のある編集への対処には、編集フィルターの利用は向かないでしょう。
  • フィルターはどれも作動に時間をとるので、編集が(およびその他も多少)若干ながら遅くなります。一つのフィルターにつき数ミリ秒程度遅くなるだけですが、フィルターが増えれば合算でそこそこになりえます。
  • フィルターがチェックできることには限界があります。もっと複雑で必要不可欠ではない機能(たとえば、ページ内容を掘り下げたチェックが必要な場合や、フィルターシステムでは取得できない情報を必要とする場合など)は、個人のコンピュータやツールサーバ上で別のソフトウェアを用いて行う方がよいでしょう。

新しく提案するには[編集]

新しい提案は「提案中のフィルター」の一番上に次の形式で追加してください。

=== フィルターの名前 ===
{{編集フィルター提案|提案中
|目的 = <!-- どんなページ、もしくはどんな利用者に、どんな働きをするフィルターか -->
|理由 = <!-- このフィルターが必要な理由 -->
}}
-- ~~~~ <!-- 署名を忘れずに! -->

目的にはそのフィルターの動作仕様、理由にはその動作が必要な理由を書いてください。

具体的なフィルターの発動条件などの提案は歓迎されますが、フィルターの提案するにあたって絶対に必要ではありません。 特に、明確な悪意を持った荒らしに対処するようなフィルターなど、フィルターの詳細を非公開にすべきようなものの場合は、発動条件を詳細に明記し議論しない方が良い場合があるので、注意してください。

新しく提案したものは、テンプレート:編集フィルターの一覧へ載せることができます。

提案から正式稼動までの流れ[編集]

以下の手順は草案です。以下の手順に支障や問題、コメントがあればWikipedia‐ノート:編集フィルターで提起してください。

  1. 新しく提案するにはの手順に従って、新しいフィルターがどんなものか提案してください。
  2. その作成提案に対して、{{賛成}}や{{反対}}、{{コメント}}、{{質問}}などを使って議論し、作成することに対する合意形成をしてください。
    • もし、提案後1週間が経過し、2人以上の賛成(提案者の提案者票を含めても良い)があり、かつ反対する人がいない場合は、合意がなされたとみなされます。
  3. 合意形成がなされたフィルターは、編集フィルター編集者によって新しく作成され、1週間の発動条件の試験と、1週間の対処操作の試験の、合計2週間の試験運用を行ないます。
    • 作成は、フィルター編集者であれば誰でもすることができ、自分が提案したフィルターの作成も可能です。
    • フィルターの提案は、試験中のフィルターに移動されます。移動した場合、{{編集フィルター提案}}を「試験中」とし、作成したフィルターの番号を示してください。
  4. 前半の1週間は、発動条件の確認をするための試験が行なわれます。この期間中は、対処操作(ただし、速度制限は発動条件とみなされます)を設定できません。
  5. 前半の試験期間が問題なく経過すれば、対処操作が付与され、後半の1週間は、対処操作の試験となります。
    • 各期間中に問題が発生したあるいは報告された場合は、修正を行ない、期間は修正からさらに1週間延長されます(つまり、修正が加えられると期間はリセットされます)。ただし、反応速度の向上などの微修正の場合は延長する必要はありません。
  6. 対処操作の試験期間が問題なく経過すれば、試験運用は終了し、フィルターは正式稼働となり、情報はWikipedia:編集フィルター/一覧に過去ログ化されます。

非公開フィルターに関する注意[編集]

非公開フィルターの作成を提案し議論する場合は、そのフィルターが非公開になる理由によく注意して、慎重に議論あるいは情報提供を行なってください。

特に、明確な悪意を持った荒らしに対処するようなフィルターなどの場合、詳細な発動条件などに関して公開の場で議論を行なうと、そのフィルターの有用性が低下するばかりか、かえって悪用される可能性もあります。

そのフィルターが、本当に非公開にしなければならないような深刻な問題に対するものなのであれば、あなたが詳細を述べなくとも編集フィルター編集者はその意図を十分に汲みとってフィルターを作成してくれるでしょう。

既存フィルターの仕様変更[編集]

新しく作成するのではなく、既存のフィルターの動作を大きく変えるような変更、つまり、

  • 対処操作の付与と除去
  • 通知文の(大幅な)内容の変更
  • フィルターの発動対象の操作(発動条件のねらい)の変更

といった、誤作動や誤りなどの訂正でない変更の提案は、仕様変更提案で扱われます。

ログ化[編集]

正式稼動もしくはフィルターの作成が合意できなかった提案は、1週間ののち過去ログ化されます。

仕様変更提案は、各フィルターのページに過去ログ化されます。

Wikipedia:編集フィルター/提案/ログをご覧ください。

提案中のフィルター[編集]

脚注がない記事の作成[編集]

提案中 提案中
目的 正しく働く脚注がない記事を検出する。
理由 出典を示すときは出典節に列挙するのではなく脚注を使って文章がどの出典に対応するか示す必要がありますが、脚注がない記事ではそれができていないと考えられます。出現率もかなり高く、特別:新しいページから100ページほど調べた結果、出典があるのに{{Reflist}}などがない記事が87記事(とさでん交通3000形電車ネルンスト効果1928年アムステルダムオリンピックのフランス選手団1928年アムステルダムオリンピックのスウェーデン選手団1928年アムステルダムオリンピックの南アフリカ選手団雷弱児スタニスラス・レピーヌ)、{{Reflist}}などがあるのに<ref>...</ref>がない記事が6記事(星稜vs済美延長13回浅香庄次郎海軍専門任務部隊大谷温泉 (和歌山県)Let's start nowLOVE×Quartet 2010)あります。Symbol comment vote.svg 追記 <ref>...</ref>があるのに<references />がない場合でも警告が出ないようです(NeoForce母艦)。

--プログラム会話) 2018年8月12日 (日) 09:20 (UTC) 一部追記。--プログラム会話) 2018年8月16日 (木) 17:36 (UTC)

  • <ref>...</ref>があり<references />がない記事については、Check WikipediaのID: 3として抽出されています。--aki42006会話) 2018年9月8日 (土) 10:54 (UTC)

Lintエラーを発生させそうな編集への警告[編集]

提案中 提案中
目的 Lintエラーを発生させそうな編集に対して警告を出すことで、Lintエラーの発生を抑止する。
理由 Wikipedia:井戸端/subj/RemexHTML移行に関する合意形成で、Lintエラーのうち、廃止されたHTMLタグや閉じタグ漏れは、編集フィルターで抑止できるのではないかという話が出ました。今から編集フィルターを実装してもRemexHTML移行には間に合いませんが、移行後も廃止されたHTMLタグや閉じタグ漏れがあるのは望ましい状態とは言えません。この編集フィルターが実装されれば、Lintエラーを編集時にユーザに分からせることができるようになり、Lintエラーの低減につなげることができます。
発動条件 (Lintエラー全てを厳密に編集フィルターで拾うのは困難なため)、廃止されたHTMLタグや閉じタグ漏れがあった場合。
対処操作 警告(nowiki中の廃止されたHTMLタグを拾うfalse positiveなどの場合が考えらえるため)

-- MawaruNeko会話) 2018年6月22日 (金) 17:04 (UTC)

すでにLintエラーがあった場合に、後続の編集者にエラーがずっと表示されてしまうことも考えらえるので、発動条件に「既存の編集になかった場合」を追加してもいいかもしれません。--MawaruNeko会話) 2018年6月22日 (金) 17:04 (UTC)

記事主題の利害関係者による編集の抑制[編集]

不作成 不作成
目的 記事(標準名前空間のページ)に対する、明らかに記事主題の利害関係者であるアカウントからの編集について、WP:AUTOを警告し、あるいは加えて禁止する。
理由 CAT:SDなどを対処していると、少なくない数で「明らかに利害関係者の編集のため、WP:CSD#全般4。」となっていることがあります。本当に宣伝的かどうかはともかく、確かにほとんどの場合、百科事典としての記事にはふさわしくない分量であったり、内容だったりします。そういうアカウントに対して、「自分自身の記事を作らない/編集しない」ことを明確に伝えることで、それを抑制できると考えています。

-- 青子守歌会話/履歴 2018年2月10日 (土) 02:12 (UTC)

なお、実際に編集フィルター#4変更履歴一致記録にて少し試験しています。このフィルターでは、発動条件を「アカウント名に記事と同じ文字列が含まれるか、その逆の場合」にしてありますが、2/3から試験的に作ってみて、今日(2/10)現在の約1週間弱で78件の一致がありました。数件少し偽陽性がありますので改良の余地はあるでしょうが、現実的には作成可能なフィルターだと考えます。あとは、このフィルターの対処操作について、単なる警告だけにするのか不許可にもするのかが議論すべきことかと思います。個人的には、不許可にできるのであればそうした方がいいと思いますが、厳しすぎる気もするので、みなさんの意見を聞きたいです。あとで、WP:AUTOのノートにもこのフィルターの議論についての案内をしておきますね。--青子守歌会話/履歴 2018年2月10日 (土) 02:12 (UTC)
ちなみに、対処操作については「新規作成記事の場合は不許可」「既存記事の編集は警告のみ」とか、2つのフィルターに分割するのもアリだと思います。--青子守歌会話/履歴 2018年2月10日 (土) 02:23 (UTC)
  • コメント その発動条件ではわたしは大いに困ります(苦笑)。ネイティブ (コンピュータ)英語版の作成すら禁止されますので。--ネイ会話) 2018年2月10日 (土) 03:51 (UTC)
  • コメント 新規作成は手法としてありかもしれません。でも「別アカウント作るだけじゃ?」って気もします。そもそも「明らかに利害関係者の編集のため、WP:CSD#全般4。」ってほうが方針に該当しないのでそっちを制限すれば良いと思うんだけど。あと、非公開情報を除去する・データを正しいものに修正する行為はは正当な編集ですから一律に制限をかける必要はありません。--Vigorous actionTalk/History) 2018年2月10日 (土) 04:01 (UTC)
  • コメント WP:AUTO#IFEXISTにあるように、利用者が本人であると明記し合意を得ているならば「既存記事の編集は警告」はすべきではないでしょう。--duck775会話) 2018年2月10日 (土) 04:49 (UTC)
  • 新規作成時に警告(WP:AUTOへ案内)するだけぐらいなら賛成。編集禁止・作成禁止にするなら反対です。Wikipedia:自分自身の記事をつくらないで述べられているのは「自分自身についての記事を新しく作ることは、基本的に推奨されません」や「他の利用者に執筆を任せるのが望ましい」程度であって、「作ってはいけません」や「編集してはいけません」と禁止を断言するようなことはそもそも述べられていません。関係者と推測されるような利用者の編集を禁止するような強力な措置を作るならば、Wikipedia:自分自身の記事をつくらないの文言を関係者の記事編集を全面的に禁止するように作り替え、ガイドラインではなく方針にし、文書の強制力を高めた上でそれを行うべきでしょう。しかし、私はそんなことまでは必要ないと思っています。--Yapparina会話) 2018年2月10日 (土) 06:03 (UTC)

ここまでのコメントをみると、やはり不許可は厳しそうですね。警告・案内を念頭にしましょう。あとネイさんの件は、試験結果を(見られる方は)見て分かる通り、極端に短いアカウント名・記事名は例外にしないといけないのが明白です。例えば、試験結果には、数字が入ったアカウント名の方が数字の記事を編集された場合がありました。2文字あるいは少し緩めに見て3文字の場合は除外が良いと思います。--青子守歌会話/履歴 2018年2月10日 (土) 09:23 (UTC)

  • 私には今回の提案より、方針上明確に書かれてる『立項アカウントが記事名(人名・団体名など)と同じということは即時削除理由になりません。』とあるのに「明らかに利害関係者の編集のため、WP:CSD#全般4。」ってほうが問題だと思いますが?新規利用者への警告より常連の方の対策が先じゃね?順番間違えてるよ。と言うことで、現状では明確に反対しておく。--Vigorous actionTalk/History) 2018年2月10日 (土) 09:39 (UTC)
    • なんていうか、落ち着いてください。提案趣旨読んでないというか、ちょっと一部の単語に過剰反応してるだけにしか聞こえません。この提案は「明らかに記事主題の利害関係者であるアカウントに対してWP:AUTOというガイドラインを教える(そして不適切なら編集を控えてもらう)」ためのフィルターについての議論をする場で、WP:CSD#全般4は「実際にアカウント名から判別できる記事は百科事典としては相応しくない記事が多いという経験則がある」という例にしか過ぎません。そういう不適切な使用が多いことは否定も肯定もしませんが、それはWT:CSDあたりでやっていただけませんか?--青子守歌会話/履歴 2018年2月10日 (土) 13:47 (UTC)
      • でも「別アカウント作るだけじゃ?」ってとこ見た?結局は、フィルターに記事の内容を判断する事が出来ないから適切な内容であってもフィルターに引っかかるのね。逆にアカウントを作り替えたら不適切な内容でも引っかからない。それじゃ結局は意味ないと思うのよ。だったら、自動承認された利用者以外にはAUTOを含む『投稿前のチェックリスト』を表示させて案内する方がまだ効果あるんじゃ?
それに同じ文字列を含まない場合(専務の個人名で会社記事を編集・アカウントがローマ字)とかって場合も在るしコスパ悪いと思うんだが?「実際にアカウント名から判別できる記事は百科事典としては相応しくない記事が多いという経験則がある」との事ですが、ふさわしく無いと思うのは内容?対象?内容なら書き換えれば良いし、対象ならケースEでvfd送れば良い。もちろん何が問題だったのか明確に作成者に伝えるべきだけど。
過去にあったよ、詳しくは財団との契約があるんで書けないけどA社が自社ドメインとかホームページの階層の変更に伴い、jawpにある自社の旧ドメインのリンク変更を人間ボットしてたこと。そのアカウント名は書き換えた内容の一部を含むものだったけどその時にAUTOの警告とか案内って必要かい?この場合必要なのはAUTOじゃなく有償受託寄稿の案内でしょ?更にWP:BOTRでしょ?色んなパターンが在るわけでフィルターの機能の案内じゃ全部は膨大すぎて読んで貰えない。少なけりゃ、意味の無い案内が送付されるって状況になると思う。
ここはフィルターの作成の話しをする場所であって、即時削除の方針の話じゃない。WT:CSDでするまでも無く「明らかに利害関係者の編集のため、WP:CSD#全般4。」と言ったような方針に適合しない投稿を制限するフィルターは作成可能でしょ?--Vigorous actionTalk/History) 2018年2月10日 (土) 14:48 (UTC)
あぁ、意識のずれが分かりました。悪意をもった編集を止めるのは無理です。そこまで出来るとは思っていません。おっしゃるとおりフィルターごときで判断できることではないので。他の方々も「案内」と言っている通り、知らない人に伝えるだけで十分だと思っています。そういう意味では、vaさんの意図とはぜんぜん違うかと思いますが、警告操作は自動承認された利用者は除外でもいいかもしれませんね。ドメイン書き換え程度の細かい大量編集の時に邪魔でしょうという件については、WP:AUTOの意図からするとそれにも「慎重になって、事前にどこかで合意とって」という案内(警告)は有用だと考えます。ただ一方で、合意が取れたらどうするかも案内しないといけないも確かなので、BOT含めて誰かにやってもらうのか、あるいは手動で承認された利用者に昇格させて作業してもらうのか、議論と検討する必要がありますね。--青子守歌会話/履歴 2018年2月10日 (土) 15:58 (UTC)
  • 何度か会って飲みに行ったり、チャットでのやりとりもあった青さんだからぶっちゃけて書くけど、本当にAUTO理解してる?誤った情報・古くなった情報の更新だけを行うのに『慎重になって』も『事前に合意とって』も要らない自由だと明確に書いてるよ?そんな時に案内するのは逆効果です。あとね、見たとおりあなたの提案に今んとこ諸手を挙げて賛成してるひと誰も居ないんだわ。あなたは提案者だから作るという前提で書いてるんだろうけど、反対者を納得させることも無く「あれもこれもどうするか」とかって、人の意見を聞いてなく先走ってるんじゃ?って印象をうける。それにさ、例に挙げたようなドメインの書き換えたみたいな奴だと日数問題で自動承認された利用者になる前に作業は終わっちゃうんだけど、対象が数百って事もありますよ?数百回無駄な警告を見続けよって言うのかい?どんな苦行だそれ。まあタグ付けだけして、投稿内容を見て人力で案内するってのなら作成に強く反対はしないが、最近はあんまり見てないんで知らんが「明らかに利害関係者の編集のため、WP:CSD#全般4。」と言ったような方針に適合しない投稿をするような人が多く居るならやらない方がましだとおもう。--Vigorous actionTalk/History) 2018年2月10日 (土) 23:18 (UTC)
  • 反対)発動条件の設定が雑すぎます。その発動条件では第1種・第2種の過誤がともに大きすぎます。つまり、アカウント名に記事の利害関係者であることを示す情報が何もない場合(極論すればIPユーザの場合も含む)に全く無力である一方で、特にアカウント名がよくある愛称や一般的な語句の組み合わせであるような場合に、全く無関係なものが引っかかる可能性が高いです。1週間の間にどれだけログを取って「78件一致した」のか知りませんが、その標本が母集団を代表している保障はどこにもありません。Yassie会話) 2018年2月10日 (土) 16:07 (UTC)
  • コメント 検出結果を公開して頂くことは不可能なのでしょうか?それを見ないと何とも申し上げれないというか…。個人的にはアカウント名では巻き込みが多いと思われるので、発想を変えて例えば新しい記事に「会社」「弊社 / 当社」「です。 / ます。」などのワードが揃っていたら、会社記事における非中立的な立場からの宣伝とみなして警告とか、そういうNGワードを活用する方向なら巻き込みも減ると思うんですが…(もちろん引用ということもあるので100%ではないですが…)。--ミランブラジル (会話 / 投稿記録) 2018年2月11日 (日) 00:36 (UTC)
    • 検出結果はこれで見れませんか?詳細は差分で確認しないといけないでしょうけど。--Vigorous actionTalk/History) 2018年2月11日 (日) 01:02 (UTC)
      • 気付くのが遅れてしまい申し訳ありません。ご案内ありがとうございます。ご参照頂いたリンクを経由してい50件程度の差分を参照させて頂いたのですが、想定したほどではないとはいえ若干巻き添えが多すぎるかなという印象を受けました。やはり可能であればNGワードによる絞り込みも併用した方が良いのではないかなと感じました。--Miraburu (会話 / 投稿記録) 2018年3月7日 (水) 15:39 (UTC)(ミランブラジル)
  • 条件付賛成 実際に本人投稿を検出できるとした場合、問題になりうるのは新たな内容を追加する編集でしょう。新規作成ならば確実に内容を追加しており、それ以外ではフィルターでの検出は誤検出が多くなりそうなのでひとまず新規作成に絞るのがいいと思います。また、一致記録を見る限り自分の記事を編集するためにアカウントを取得するパターンが多そうなので、自動承認されていない利用者に対して発動させるのが良いと考えます。この発動条件なら案内を出す効果が大きいと思います。--プログラム会話) 2018年2月11日 (日) 16:09 (UTC)
  • 却下 議論が3か月間停止しており、また試験フィルターの結果に対する懸念が解消されているとは言えないので、一旦却下とします。合意の見込みがある場合、再提出は妨げません。--ネイ会話) 2018年6月23日 (土) 16:24 (UTC)
  • 情報 英語版にはen:Special:AbuseFilter/148という新規利用者による利用者名に関係する記事の新規作成に対しタグ付けのみを行うフィルターがあるようです。--プログラム会話) 2018年9月16日 (日) 18:26 (UTC)

ノートページでの除去[編集]

提案中 提案中
目的 ノートページで除去があった編集を検出する。
理由 他人の発言の改竄や、取り消し線を引くべき自分の発言の除去を発見しやすくするため。他人の発言を除去できるケースは同意があった場合と過去ログ化に伴う場合以外では限られており、自分の発言を除去する場合は基本的に取り消し線を引く方が良いため。Wikipedia:編集フィルター/提案/ログ/2011年#会話ページのコメントの除去の防止の再提案。同意がある場合でもタグ付けなら大きな問題にはならないと判断。
発動条件 ノートページで何らかの除去があった場合。
対処操作 タグ付け

--プログラム会話) 2017年5月9日 (火) 08:02 (UTC)

コメント 私の一存では作成すべきか決められませんので、コメント依頼を提出いたしました。--ネイ会話) 2017年10月21日 (土) 12:46 (UTC)
賛成 過去の利用者とのやり取りで会話ページの白紙化や発言除去が見られたため。--Licsak会話) 2017年10月21日 (土) 14:22 (UTC)
コメント では、2人以上の賛成があり、かつ反対がなかったため合意成立とみなします。ただし、発動条件の詳細についてお聞かせください:
  1. 過去ログ化は除外しますか。除外する場合、どのような条件を想定していますか。
  2. 「ノートページで除去があった」の判定条件は何を想定していますか。「removed_linesが空ではない」という条件では緩すぎると考えます。
以上です。--ネイ会話) 2018年1月12日 (金) 14:20 (UTC)
返信 過去ログ化のみを抽出するのは難しいと考えているため、過去ログ化を含めて検出することを考えています。当初考えていた判定条件は「removed_linesが空ではない」でしたが単純な追加も検出してしまうので、複数行に書き加える頻度は低いと仮定する必要はありますが「removed_linesが複数行あるか、added_linesが空である」あたりでしょうか。--プログラム会話) 2018年1月15日 (月) 14:02 (UTC)
コメント 2つ質問があります。
  1. 意味を変える文字を挿入するなど、バイト数が増える形で荒らしがあった場合はその文字を除去しますが、フィルターだけ見ると荒らしを除去した人が荒らしをしているように見えてしまいますが、それは想定の範囲でしょうか。
  2. 理由に他人の発言の改竄がありますが、検知するのは除去のみで、前の投稿と比べて増減なしの±0バイトになるような改ざん編集は検知しないのですか。
以上です。--duck775会話) 2018年2月19日 (月) 14:31 (UTC)
1については「ノートページからの編集除去があった」という事実を意味するタグを付与するだけなので杞憂だと判断します。そのタグ付けで《荒らしを除去した人が荒らしをしているように見えてしまいます》というように見る人がいるとしても、そもそも現時点でも同様に(バイト数が減る時点で)荒らしをしているように見てしまうんじゃないかと。--iwaim会話) 2018年4月10日 (火) 06:30 (UTC)

返信 コメントの改竄はできれば検出対象に含めたいと考えています。--プログラム会話) 2018年9月16日 (日) 18:26 (UTC)

試験中のフィルター[編集]

現在、試験中のフィルターはありません。

仕様変更提案[編集]

#47の「発動条件」と実装の相違[編集]

ネイさんが実装してくださった編集フィルター#47変更履歴一致記録ですが、「Wikipedia:編集フィルター/一覧/Refタグつき記述の除去」の「発動条件」と実装に相違があると認識しています。このため、高橋まことノート / 履歴 / ログ / リンク元で実施された「発動条件」に合致するであろう編集で発動していません。

実装では閾値が設けられていますが、その理由は何でしょうか。--iwaim会話) 2018年9月16日 (日) 03:12 (UTC)

現在の実装はen:Special:AbuseFilter/636を踏襲したもので、閾値があるのは英語版の実装にその閾値が設けられていることが理由となっています。提案者としては、閾値を除去しても残してもかまいません。--ネイ会話) 2018年9月16日 (日) 03:40 (UTC)
英語版に閾値が設けられている理由が自分では見つけられなかったのですが、どこかに書かれているのでしょうか。個人的には閾値はなくてもいいと思います。--プログラム会話) 2018年9月16日 (日) 18:26 (UTC)
返信 (プログラムさん宛) ネイさんは「編集フィルター#47変更履歴一致記録に閾値が設けられている理由は、英語版の実装にその閾値が設けられていたからだ」と述べています。--iwaim会話) 2018年9月19日 (水) 11:48 (UTC)

ログ[編集]