Wikipedia:ハット・コレクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Wikipedia:帽子収集から転送)
Jump to navigation Jump to search
帽子収集狂じゃないんだから…

帽子収集英語: Hat collecting)とは、ウィキペディア(や姉妹プロジェクトなど)において、権限を使うためではなく、自己顕示欲などの欲求から、見せびらかすためや自己満足のために権限獲得に動くことを指します。管理者への立候補における投票者は、管理者へ立候補している利用者が実際に管理者の権限を使うか、それとも「帽子収集」をやっているだけなのかを見極めなければなりません。そのため、立候補者には管理者になるはっきりとした理由があってしかるべきで、「ウィキペディアで数年活動したからそろそろ」といった感覚だけではだめです。

特定の権限を持たないことはあなたに欠陥があることを意味しません。多くの人は編集フィルター編集者の権限を有しませんが、その理由は編集フィルターを編集する必要がある人自体が少ないからです。その反面、編集フィルター編集者の権限を持っていても編集フィルターの専門家であることを意味せず、ただその権利が付与されただけにすぎません。一部の管理者にとって、信頼のおける利用者に権限を与えることはその利用者からの(その権限で解決できる)依頼を減らす手段として有効です。

もちろん、利用者に帽子収集の疑いをかけることは慎重に検討しなければなりません。巻き戻し者の権限を申請している全ての利用者や管理者への立候補者全員に帽子収集であると指摘することは善意にとるのガイドラインに反します。

もしあなたが権限を申請しようとしている場合、その権限を持つことでウィキペディアをどう改善できるかを説明してください。これには活動記録や良好な態度を伴わなければなりません。「その権限は役に立つ」とだけ主張せず、権限を必要とする証拠を提出すれば、帽子収集との疑いはおのずと消え失せるでしょう。

例えば、巻き戻し者の権限を申請する場合、管理者伝言板での通報、保護依頼、会話ページで行った警告などは有力な証拠になります。

明らかに帽子収集である事例[編集]

帽子を収集するだけでなく、かぶって!
  • 方針に関する質問すら明確に答えられないのに、方針に従って行動することを信任してください、と要求する利用者
  • 権限の使い道をまるでわかっていないような権限申請。
  • 仮想に基づく利益を証拠として提出している権限申請。
  • まるで交渉しているように、スチュワードやオーバーサイトなど高度な権限から申請する。
  • 行動が全く変わっていないにもかかわらず、何度も同じ権限申請をする。
  • 権限申請が却下された後、「あいつには権限があるのになんでわたしはないの」と愚痴を漏らす。
  • ほかのウィキで権限を持っていることだけを理由に、ウィキペディア日本語版でも同じ権限を与えられるべきと主張する。これはウィキペディア日本語版とほかのウィキでは方針が違う可能性もあるからです。同じように、ウィキペディア日本語版で何らかの権限を獲得した後、別のウィキで権限を申請し、その後ウィキペディアに戻って(ウィキをまたがる帽子収集が信頼性につながるといわんばかりに)より高度な権限を申請する。

帽子収集の兆候[編集]

  • 権限申請管理者へ立候補で示された、経験の少ない利用者は権限申請や立候補をすべきでないとのアドバイスを無視する。
  • Wikipedia:管理者伝言板などウィキペディアの管理に関連するページへの頻繁すぎる参加。
  • 記事の編集や荒らしの対処に参与せず、いきなりWikipedia名前空間での議論から活動をはじめる。
  • はじめからウィキペディアの知識を豊富に有している。帽子収集をする利用者はより早く帽子を収集するために、方針とガイドラインを熟読していることが多い。なお、この場合は帽子収集のほか、ソックパペットの疑いもあります。
  • 権限を申請するとき、必要性を示さない。
  • 権限申請が妥当に却下されたとき、どうすれば権限を獲得できるかを何度も質問英語版する。

ウィキをまたがる帽子収集[編集]

帽子収集はいくつかのウィキにわたって行われることがあり、1つのウィキで権限を獲得した後、それを根拠に別のウィキで同じ権限を申請するという形で行われます。これは必ずしも問題となるわけではない。なぜなら、権限のほとんどは信任が必要だからです。ウィキソースで長らく管理者を務めた利用者が権限を申請してきた場合、直近に活動を始めた利用者と比べて信頼性が高いことがほとんどです。

ただし、一部のウィキは権限申請の簡単さで知られています。例えば、シンプル英語版ウィキペディアでは以前、ウィキメディア・コモンズで巻き戻し者に就任していれば2回の編集で巻き戻し者の権限を取得できた時期があります。英語版ウィキブックスでは条件を満たせばレビュアー権限を自動で付与します。そのため、ウィキペディア日本語版における権限申請では、ほかのウィキで取得した権限については割り引いて考えるべきかもしれません。

関連項目[編集]