Wikipedia:削除された悪ふざけとナンセンス/散花前線

ナビゲーションに移動 検索に移動

散花前線(さんかぜんせん、さんげぜんせん)とは、民間気象研究団体 花筏(はないかだ)[1][2]が発表する、花が散っていく様子を結んだ線のことである。この項では1979年から続いているソメイヨシノの散花前線について述べる。

観測風景

概要[編集]

の散花前線は、例年4月宮崎県日南市モアイ像前での散花観測セレモニー[3]をもって調査が開始される。桜前線と同じように、全国各地に点在する調査ポイントの報告が中心になるため、セレモニー自体は大規模なものではない[4]。その後、山口県下関市徳島県鳴門市香川県女木島奈良県天理市姫路市の「太陽公園」、宮城県南三陸町などの調査ポイントからの報告を、調査最北地である札幌市南区滝野霊園に設営された特設テントにてまとめていく形式をとっている。

調査ポイント[編集]

上野公園植物研究所の研究[5]によると、調査ポイントに選定された土地の選択については、なぜかモアイ像がある土地が多く、これはオリジナルのモアイ像があるイースター島チリ領であることから、「散り」と関連させているのではないかと推論付け[6]、料理研究家であるキャシィ塚本[7]は、下関市と鳴門市はそれぞれ「ふぐちり」「たいちり」が名物であることから、こちらも「散り」に関連があるとしているが、主催である花筏はそのいずれをも公式に手旗信号により否定している。

発表方法[編集]

散花前線。「チリダスによる衛星写真」(2006年:水彩)

調査ポイントのボランティアがゴールデンウィークごろまで随時報告するほか、花筏が独自に開発した散花観測気象衛星「チリダス」によるリアルタイムデータが集積される。宮崎:七分散り、香川:五分散りなど、花筏の公式サイトで随時発表されている(データを見るにはブラウザに指を押し当てる方式の指紋認証が必要)[8]

近年異常気象の影響[編集]

地球温暖化の影響があるかないかについては、分析されていないのが実情である。調査ポイントのボランティアは毎年「ああ、散っていくね」と淡々と報告をしているが、その実態は単なる花見なのではないかという指摘がある。

調査ボランティアのみなさん

”木のもとに汁も鱠も桜かな 松尾芭蕉 ”

脚注[編集]

  1. ^ 花筏は、桜などの花びらが散って川面を流れていく様子を表す言葉です。これは本当。Googleでの画像検索結果
  2. ^ 民間気象研究団体 花筏 はないかだの公式サイトへようこそ
  3. ^ 2004年度のセレモニーの様子
  4. ^ 2007年度のセレモニーの様子
  5. ^ 研究白書2005
  6. ^ 「イースター島と私」より
  7. ^ 四万十川料理学園
  8. ^ 自宅ブラウザ上で動く指紋認証システムについて

関連項目[編集]