Wikipedia:個人情報の拡散に関する注意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Gartoon-Galeon.png 個人情報の拡散に関する注意

このページは、インターネット上での個人情報の扱いについて取り上げたページです。

ウィキペディアは編集を行うと、履歴やログに記録されます。編集者はアカウントログインしていない場合はIPアドレス)単位で管理されています。編集する内容や発言からある程度ユーザーの情報を割り出すことが可能です。ウィキペディアは利用の結果発生した損害に対し、一切の保証を行っておりません(Wikipedia:免責事項)。そのため個人情報の拡散をユーザーは意識的に制御する必要があります。

Fairytale personal.png 普段からの心掛け
ログインする

ウィキペディアではログインを推奨しております(Help:ログイン)。ログインせずにIPアドレスのまま投稿を行うと、編集を行ったおおよその位置が他のユーザーから判別されやすくなります。ログインすることにより、IPアドレスは他のユーザーに伏せることができます。また投稿記録が残ることにより、他のユーザーからの信頼が得やすくなります。ただし一人一アカウントが原則です(Wikipedia:多重アカウント)。多重アカウントの不適切な利用は投稿ブロックの対象となりますので、ご注意ください(Wikipedia:投稿ブロックの方針)。

利用者名への意識

本名や過去に同じ名前のアカウントで別のサイトにて活動していた場合、検索エンジンの結果やそのページを見ていた他の利用者が同一人物であると気づく可能性があります。また前述の利用者ページの情報や投稿記録から、あなたのことを知っている人物が気付く可能性があります。登録する際には、利用者名が他のユーザーや別のサイトにて交友関係を持つ人物に知られても問題ないかを確認してから決定してください。なお、利用者名の変更については「Wikipedia:利用者名」及び「Wikipedia:利用者名変更の手引き」をご確認ください。

実社会での行動や会話

例えば実社会でウィキペディアで起きたことを話す、公共の端末からログインする、出先で周囲に人が居る状態でログインするなどの可能性があるかもしれません。それはウィキペディアと実社会の利用者を結びつけられる可能性があります。ログインする際に周囲に気を配る、ウィキペディアで起きたことをむやみに実社会で話さないなどの対策をおすすめします(ソーシャルエンジニアリングも参照)。

Wikiproject todo icon.png 利用者ページについて
利用者ページの編集

Wikipedia:利用者ページ」は自己紹介や過去に編集した記事を記載できるため、利用者自身や他のユーザーがどういうユーザーかを調べる、あるいは発信するのに役立ちます。しかし住所、実名、生年月日、身長、体重、性別、出身地、出身校、所属(勤務先や所属団体など)、その他特徴などの情報を記載した場合、あなたのことをウィキペディア外で知っている人から同一人物と判断され、個人情報の特定に繋がる可能性があります。その結果片方のウェブページでは公開していない情報が共通するものとして公開されたり、現実での知り合いが情報提供者となってしまう可能性があります。また利用者ページでは過度の個人情報の記載は禁じられております。他にもいくつかの注意事項があるので、リンク先のガイドラインに目を通してから編集してください。また、利用者ページは利用者が占有するものではありません(Wikipedia:記事の所有権)。ウィキペディアのページは全てライセンスの記載などの条件を満たせば二次利用が可能です(Wikipedia:ウィキペディアを二次利用する)。これは利用者ページにも適応されることにご留意ください。

利用者ページの削除

編集除去してもその版が削除されない限り誰でも確認できます(Wikipedia:版指定削除)。そのため、利用者ページの情報の撤去を依頼する場合は「Wikipedia:利用者ページの削除依頼」にて削除依頼を提出する必要があります。もし削除を依頼するのが利用者本人であれば、即時削除依頼の提出が可能です(Wikipedia:即時削除の方針#利用者ページ1)。ただし削除するのは利用者自身ではなく管理者です。乱用は管理者の極端なタスク増加に繋がりますので、計画的にご利用ください。また削除依頼では削除される内容が他のユーザーに確認されてから削除されるので、ストライサンド効果が起きてしまう可能性もあります。後々削除が必要となりそうかどうか判断してから投稿することをおすすめします。また削除する際にはタイミングや内容にご注意ください。

他の利用者ページをみて不安に思ったら

もし他の利用者の利用者ページを見て個人情報を出し過ぎていると感じた場合は、ウィキメールの利用をおすすめします。迷惑メールとの混合を防ぐための簡易的な連絡やそれ以外の「Wikipedia:利用者ページ」の内容からの逸脱は、ノートページにて告知してください。

Update-manager-icon.svg 投稿内容の注意
写真の投稿

ウィキメディア・コモンズでは利用者からの写真提供を積極的に受け付けております。一方で、それが残念ながら意図しない個人情報の漏洩に繋がる可能性があります。例えば特定の地域の写真を長期に渡ってアップロードし続けるなどすれば、他の利用者から「この利用者はこの付近に住んでいる」と推測される可能性があります。それを避けるために、数年前の異なる場所の写真をいくつかまとめてアップロードすることで住所を明示しない、ウィキペディアタウンでピックアップされた場所であれば開催に合わせて投稿するなどの工夫をしてみてください。ただし、写真の投稿時には正確な情報の記載をお願いします。また撮影した写真の背景や鏡、人間の瞳などに利用者の身分を明示するものが写り込まないようにするなど、撮影時に周りに注意して撮影することをおすすめします。必要に合わせて画像編集ソフトを活用するのもいいでしょう。またExifなど画像自体に埋め込まれている情報も投稿前に確認し、不本意な実名の公表やGPSによる自宅の発覚などに繋がることのないようにご注意ください。

編集する記事について

投稿している内容はそれだけでは個人の特定に繋がりにくいものですが、前述した利用者名との関連や他のサイトでの行動、あるいは極端に専門的過ぎる内容である場合、個人が特定される可能性があります。そうなって欲しくない場合には外部での行動や発言に気を配るなどの対処をおすすめします。また編集する記事が特定の地域のものに偏っていると、居住地が第三者に推測されるおそれがあります。

Bomb icon.svg 個人情報拡散によって発生しうるトラブル
炎上

Wikipedia:方針とガイドライン」や、他のウェブページのルールやマナーに反した行動をとった場合、それらの行動は炎上に繋がる可能性があります。個人情報が特定された場合、Wikipedia以外のウェブサイト(SNSなど)にまで炎上が拡大したり、現実での家族や知り合いにまでサイバーストーカーによる攻撃や吊し上げなどの被害が及ぶ可能性があります(バカッターなどを参照)。過去には特定の利用者とある個人が同一人物と確定し、その結果その人物の住所や家族の名前や身分が別のウェブサイトにて公開されたケースが存在します。場合によってはウェブアーカイブスクリーンショットによって元のページが削除されたとしても、過去のページの記録がインターネット上に出回り、デジタルタトゥーとして残り続けることがあります。ウィキペディアに限らず、ウェブページ上でのトラブルは生活に影響を及ぼす可能性があることを常に心に留めておいてください。またトラブルがもう自分の手ではどうにもできない場合は、弁護士事務所法テラスなど専門機関に相談することをおすすめします。

誹謗中傷

編集内容によっては、ウィキペディア内外で反論が起きる可能性があります。それが建設的な議論であればいいのですが、残念ながら必ずしもそうとは限りません。いわれのない誹謗中傷が含まれていることもあります。もしご自身に関する誤情報が拡散されている場合、慌てて火消しをすると逆に疑いを深める可能性が高いです。その場合はご自身の利用者ページなどで出典を集め、まとめて事情を説明しておくことをおすすめします。「Wikipedia:コメント依頼」が提出されているようであれば、そこで弁解しておくこともいいでしょう。この時他の利用者への誹謗中傷を行わないこととマルチポストを避けるようにして下さい。

Icon tools.svg 参考となるページ

参加者の皆さんにとって特に参考となるページを以下に挙げます。