Wikipedia:ブック

ナビゲーションに移動 検索に移動

Template:Bookcreatorstatus

Wikipedia ブックの印刷が仕上がったところ

概要

Wikipedia ブックとはウィキペディアに掲載された記事を整理してまとめ、外部サービスに送信してデータから PDF 形式に変換したり、書籍の印刷を注文したりできるものです。サービスがブックのコンテンツを検索するごとに新たに編集され、アップロードは常にその時点の最新版の記事を反映しています。

ウィキペディアはどのブックにも専用のページを作成、それぞれに記事の目次と章の題など書式設定のメタデータを保存します。ブックの保存先は自分の利用者ページのサブページにしたり、コミュニティ用ならBook:名前空間が選べます。ブック作成ツール「Book Creator」はブックのデザイン面をほぼすべて自動化し、使い慣れた編集者ならコードを手書きしてブックをデザインすることもできます。

以前はウィキペディアで電子ブックを作り、その場でダウンロードするサービスがありましたが、廃止されています。現在は、ブックを完成させたら外部の会社PediaPress 宛てにアップロードしてオンデマンド印刷で好きな部数を注文できます。またその他のウィキペディア系列ではないツール(MediaWiki2LaTeX)から検索をかけ、印刷させることもできます。

ウィキペディア・ブックス全般に関する情報やご質問は、Help:ブック (一般的なヒント) やHelp:ブック/フィードバックをご参照ください。

ブックの検索

ブックはカテゴリで検索するか、特定の題名や話題を指定して検索すると見つかります。

ブックのカテゴリ

ウィキペディアはブックの位置情報で自動的にカテゴリを割り当てます。

本棚

本棚

75冊のWikipedia ブックをあなたと

本棚は上記のオプションに統計を組み合わせ、その時点で作成されたWikipedia ブックを検索したり閲読したりする簡単なツールです。 実際に使うと、Wikipedia ブックの一覧つまり「本棚」が作れます。

秀逸な記事と良質な記事

Featured article star.svg
秀逸な記事良質な記事には、ウィキペディア日本語版でも高品質な記事を集めてあります。

経緯

Wikipedia ブックは2009年に英語版に実装されたときは、主に2つのパートで構成されていました。

  • ブック作成用UIはデータを加工してブックのデザインを決め、電子書式を選択して1冊ずつ電子書籍としてレンダリングする準備に使いました。
  • en:Wikipedia:Offline Content Generator (OCG) (英語)はバックエンドのサービス。選択した書式でブックをレンダリングし、ダウンロードの準備と実行ができました。

ただしウィキペディアでは経費がかかるため、直接、ブックを印刷したり注文の取次ぎはしていませんでした。そこで外部企業の PediaPress との契約でウィキペディア用のレンダラを開発、出版用ウェブサイトを開設して利用者に Wikipedia ブックのアップロードと、オンデマンド印刷の注文をしてもらっていたのです。

やがて OCG サービスが陳腐化、維持不可能になったため2017年に停止しました。それ以来、Wikipedia ブックの印刷版は PediaPress など外部のプロバイダからしか入手できませんでした。

代わりとして名前が挙がった Electronオープンソースの Chrome HTML-to-PDF レンダラエンジンを採用していましたがブックには不向きと評価され、それでも OCG の後継として単一記事を PDF 形式でダウンロードする機能を引き受けました。第2の取り組みとして Proton にも取り組み頓挫しています。2018年4月に PediaPress がそれまでの自社内レンダラの経験に基づき、実行可能な代替品「Collector」の開発を試みました。新レンダラは初期機能を限定し、時間の経過とともに徐々に改善していく予定です。クローズドソースの事業として開発中です。

2019年4月現在、ブック作成用のデザインツール、PediaPress の印刷サービスが利用できます。ただし、旧来Collector がコアとしていたサービスのアルファ版リリースは、まだ実用段階に至っていません。

関連項目