Wikipedia:バグの報告/説明

ナビゲーションに移動 検索に移動

Phabricatorへの報告について[編集]

ウィキペディアのシステムに使われているMediaWikiの修正・機能追加の要望は、専用サイトのPhabricatorにて英語で行われています。

Phabricatorに直接、バグ報告を行うときは、ウィキメディアのSULアカウントでPhabricatorにログインしてください。 Phabricatorでは、プロジェクトのマネジメント、バグの報告、新機能のリクエスト、コードレビューをなど行います。 バグや機能の要求について議論するときは、別の場(ウィキペディアのバグの報告や井戸端、関連ノートページなど)を利用してください。

システム管理者はときには新機能の追加を拒否したり、バグレポートを誤解してしまうこともあります。直ったものと勘違いしてそのレポートをクローズ(終了)してしまうこともあります。もし問題が直っていないようなら、もう一度レポートを開いて、より詳しく報告をすることもできますし、メーリングリストで直接システム管理者とやり取りすることもできます。

Phabricatorへのバグ報告の方法は以下をご覧ください。


2014年11月、BugzillaからPhabricator(ファブリケータ)にバグの報告その他の場が移行しました。詳しくは以下をご覧ください。

Phabricator移行に伴い、Bugzillaの内容は順次、Phabricatorに移植されつつあるようです(mw:Phabricator/Planmw:Phabricator#Migration timeline参照)。


2004年8月以前のバグ報告および機能の要望は、SourceForge.net(日本版のSourceForge.jpではありません)にある、Bugs(バグ追跡システム)およびFeature Requests(機能要望追跡システム)というTracker(サポート管理ツール)にあります。またm:MediaWiki 1.3 comments and bug reportsにも以前のバグ報告があります。