Wikipedia:チュートリアル 編集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Quill-Nuvola.svg 記事の編集[編集]

記事を編集するには「編集」をクリックします。

一部の保護されているページを除いて、全てのページには「編集」と書かれたリンクがあり、このリンクを使って、あなたが閲覧しているページを編集することができます。編集ができることはウィキペディアの大きな特徴で、この機能を使って、あなたが記事を修正したり、記事に加筆することができるのです。記事に情報を加筆する時には、情報の出典を明記してください出典が不明な記述は、除去の対象となります

サンドボックスのページに行き、「編集」リンクをクリックしてみましょう。クリックをすると、そのページのソース(ウィキテキスト)の書かれたページが開きます。なにか気の利いた言葉か、「みなさん、こんにちは。」と書いて、「以上の記述を完全に理解し同意した上で投稿する」ボタンを押して保存してみましょう。あなたが書き込んだ文字は、どうなったでしょうか。(注意!:練習はサンドボックス以外のページでは絶対にしないでください。荒らしなどの迷惑行為と認められて、あなたが投稿ブロック処分の対象となる場合もあります。)

プレビューを実行[編集]

プレビューを必ずしましょう

これから常に使ってほしい大切な機能が「プレビューを表示」ボタンです。サンドボックスでなにか編集をして、それから「以上の記述を完全に理解し同意した上で投稿する」ボタンではなく、「プレビューを表示」ボタンを押してみましょう。そうすると、あなたがページに加えた変更の結果を、実際に保存する前に確認することができます。間違いは誰にでもあります。この機能は、間違いがないか自分で確認するためのものです。また、wiki文法を記述したときに、そのwiki文法がどのように表現されるのかも、このプレビュー機能で確認をすることができます。また、「プレビューを表示」ボタンを使えば、試しにページの体裁や表現をいろいろと変えてみても、ページの変更の記録にいちいち記録されずにすみますし、他にもいろいろと利点があるのです。でも、プレビューをした後、最後には保存するのを忘れないでくださいね!

編集の要約[編集]

編集内容の要約:  

「以上の記述を完全に理解し同意した上で投稿する」ボタンを押す前に、あなたが行った編集の説明を、編集用のテキストボックスと保存ボタンの間にある要約欄に書き込むようにしましょう。ウィキペディアでは、ここに編集の説明を書き込むことが大切なエチケットと考えられています。ただ単に誤字を直したような時には「誤字修正」と書けば充分です。文章の意味に影響を及ぼさないような、小さな修正のときには、要約欄の下にある「これは細部の編集です説明」のチェックボックスにチェックをいれておいてください(この機能はログイン時にのみ有効です)。


サンドボックスでいろいろと試してみましょう
次へ進む → 整形のチュートリアルに進みましょう