Wikipedia:スタイルマニュアル (見出し)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

見出し(heading)のスタイルマニュアルです。見出しは、ページの本文を節(セクション)に分けます。読者が文章を細分化したり、記事を要約するのに役立ちます。きちんとマークアップされた見出し語は検索において重視されます。

マークアップには=を使用し、2階層目==から始めます。見出しの上下の空行と、見出し名の前後の半角スペースの有無はどちらでも構いません。英語の見出しは、最初の単語とすべての固有名詞の1文字目だけを大文字にします。各見出しが目次となるため、ネスト(入れ子)の階層は正しく用います。見出しの中ではリンクや脚注を用いません。

目の不自由な利用者は、見出しタグから生成した記事の要約を最初に提示するソフトウェアを使っているかもしれません。

マークアップについて[編集]

見出しのマークアップには、見出しのための==を使用し、2階層目から始めます。見出しの上下の空行と、見出し名の前後の半角スペースはあってもなくても構いません。

例:==見出し== あるいは == 見出し ==

どちらであっても結果は同じです。これをどちらかに直すだけの編集はお控えください[注釈 1]

見出しの直前に複数行の空行を入れると、空白が大きくなるので入れないようにしてください。特にコメントアウトを使用した際など、よくプレビューして取り除くようにしてください。

なお、1行だけの改行を取り除くのは無意味です。セクション編集で投稿した際に、そのすぐ下の同じ階層(編集画面に表示されるソースの下)のセクションとの間に1行も改行がない場合は自動で1行の改行が加わります。

また、英語の見出しでは、最初の単語とすべての固有名詞のそれぞれ1文字目だけを大文字にし、その他は小文字にして下さい。

見出しの中でリンクはしない[編集]

見出しの中でリンクはしないでください。設定によってはリンクがはっきりと見えなくなるユーザーがいます。見出しの後の最初の文で適切なリンクを張る方がよいです。リンクを張るには{{Main}}のようなテンプレートも使用できます。

また、同様の理由から見出しの中で脚注をつけないでください。脚注をつけると、見出しの名前が変わり#をつかったセクションへのリンクが適切に行えなくなります。

ネスティング[編集]

上述と同じ理由で見出しは正しくネスト(入れ子)してください。どのページも最上位の見出しはページのタイトルを示すH1タグです。ですから、記事内の最初の見出しはH2タグ、つまり==でなくてはなりません[注釈 2]

その下層の小見出し(項)は===、さらに下層の小々見出し(目)は====という風に用いるようにして、==の後にいきなり====を用いたりしないようにして下さい(内容により、逆は可能)。目次を確認することでネスティングが正しく行われているか確認できます。

使用は適度に[編集]

見出しは長い記事を扱いやすい大きさにまとめたり、複雑な主題を構造化するのに役立ちます。でも、きちんと使いましょう。正しくネストしているか確かめて、たった1つや2つの段落には用いないでください。

水平分割線[編集]

水平分割線はかつて用語の2つの意味を書く場合などに大きな節分割の意味で使われていましたが、セクションの番号付けや目次の生成に反映されません。単語の2つ目の意味の説明は1つ目の意味の最後のセクションの一部として扱われます。これを避けるには適切な見出しを追加して下さい。

「関連項目」の置き方[編集]

記事が節立てされていて「関連項目」が記事全体に関わる場合、最後のセクションの一部として扱われないよう目次に現れるよう目次からたどれるように個別の節としてつくってください。

1つのセクションにのみに関連する「関連項目」はそのセクションの中に置いて下さい。同じ段落中に書いても、段落を分けても、新たな下層節をつくっても(#ネスティング)構いません。

注釈[編集]

  1. ^ 半角スペースを入れたり削ったりするだけの編集や、他の利用者に対してどちらかを使うように注意することは無意味ですのでやめてください。
  2. ^ Help:Formatting (Mediawiki), version: 22 August 2014, at 07:07. ページタイトルがレベル1の見出しであるため、==から用いることに触れている。

関連ページ[編集]