Wikipedia:コメント依頼/Bellcricket 20210309

ナビゲーションに移動 検索に移動

利用者:Bellcricket会話 / 投稿記録 / 記録さんによる2021年3月8日の権限行使およびその後の説明に関して、適切なものであったか否か、不適切である場合には今後も引き続きBellcricketさんに権限を預けておくべきであるか否かについてコメントをお願いいたします。--かかかたなな会話) 2021年3月9日 (火) 10:55 (UTC)

これまでの経緯[編集]

Bellcricketさんは2006年から権限を保持する最古参の管理者(2007年よりビューロクラット・チェックユーザー)です。

今回の事態は、2021年3月8日 (月) 12:30に関東ITソフトウェア健康保険組合での編集合戦を理由としてBellcricketさんが、IP 2400:4000::/22を1週間ブロックしたことに始まります。

IPアドレスについてご存じない方のために補足しておきますが、2400:4000::/22というのは極めて広大なIPアドレスの範囲を表しており、私の計算間違いがなければ2400:4000:: (2400:4000:0:0:0:0:0:0) から2400:43ff:ffff:ffff:ffff:ffff:ffff:ffffまでのおよそ1 (100000000000000000000000000000000) 個のIPアドレス全てが含まれます。なお、IPv6は固定回線でも通常/64の範囲で変化しますが、それを差し引いたとしても1兆個以上のIPアドレスが該当することになります。

関東ITソフトウェア健康保険組合で編集合戦を行っていたIPアドレスについて郊外生活さんが確認したところ、2400:4050:a581:4200::/64の範囲、すなわち2400:4050:a581:4200:: (2400:4050:a581:4200:0:0:0:0) から2400:4050:a581:4200:ffff:ffff:ffff:ffffまでの範囲のみであり、Bellcricketさんがブロックした範囲の1兆分の1以下でした。私自身も目視で確認いたしましたが、郊外生活さんのご指摘通りであると判断いたしました。

このような広大な範囲でブロックを行えば当然とも言うべきですが、巻き添えが発生し、利用者‐会話:2400:4070:13A2:F400:6450:5E3F:2D25:5BBD利用者‐会話:2400:4153:5000:4A00:C17E:EC06:2138:6EBFなどで一日も経たずに複数のブロック解除を求める訴えがありました。 また、郊外生活さんにより、その旨の報告がBellcricketさんの会話ページになされました。

これに対し、Bellcricketさんは、ブロックを解除し、以下のように説明しました(全文)。

お問い合わせいただきありがとうございます。申し訳ありませんが、詳しい理由は説明できません。ただし、ノート:関東ITソフトウェア健康保険組合」にて対話の呼びかけがあったことを考慮し、ブロックは解除しました。--Bellcricket会話) 2021年3月8日 (月) 22:37 (UTC)

また、巻き込まれであるとしてブロック解除依頼が提出されていた利用者‐会話:2400:4153:5000:4A00:C17E:EC06:2138:6EBFには、「編集合戦が行われた記事のノートページで対話の動きがみられるため」との理由で解除を認めた旨の書き込みがBellcricketさんからなされました。

Bellcricketさんの一連の説明の中で、2400:4000::/22のブロックが誤りであったと認める文言は一切ありませんでした。

私は今回の出来事に関係しておりませんが、これらの権限行使およびその後の説明を目にし、コミュニティから権限を預かる管理者として到底許されざる極めて不誠実極まりないものであると感じたため、皆様にコメントを依頼する次第であります。

(以下、2021年3月19日に追記いたします--かかかたなな会話) 2021年3月19日 (金) 09:02 (UTC))

  • Wikipedia:投稿ブロックの方針#範囲ブロックには、「多くの場面では、範囲ブロックはいくらかの適正な利用者にまで波及します。そのため、範囲ブロックは破壊行為が頻繁であり、他のあらゆる手段が無力である時に限って用いられるべきです。これはトレードオフであり、巻き込まれると予想される適正な利用者の数の問題でもあります。使用されるときは、範囲ブロックはできるだけ短期間であるべきです。また、ブロックの範囲は、Whoisなどの情報を参考にして、極力狭く設定すべきです。」(太字は引用者が強調)と記載があります。

依頼者のコメント[編集]

まず、/22の範囲でのブロックは、あまりにも広大であり、これが正当なブロックであると考えて実施したのであれば、管理者として不適格です。とはいえ、できるだけ善意に取るべきですから、故意ではなく不可抗力によるミスであろうと思います。人間のやることですからミスをことさらに責め立てるつもりはありません。しかし、それが指摘されたにも関わらず、ミスであったと認めず、あたかも当初の権限行使は適切であったが、その後ノートでの対話の呼びかけという新事由が発生したから解除をしたかのように言い繕うのは保身のための詭弁にほかならず、極めて不誠実であると感じます。

また、その際には、「申し訳ありませんが、詳しい理由は説明できません」などとあたかも他人には知りえない隠された事情があって/22の範囲でのブロックは正当であると第三者に思わせようとしているように私には見えます。仮にそのような事情があるのであれば、詳しく述べることはできないにしても、例えば「CU情報からこのような範囲のブロックが適切であると判断した」というような最低限の説明をしなければ、権限行使の正当性をコミュニティが確認する契機すら失われることになります。

しかしながら、これほどの広大な帯域でのブロックを行い、それによって現実に巻き込みブロックを発生させている事態を正当化するほどの隠された事情は、到底想像できません。Bellcricketさんが、万が一「ひょっとするとCU係しか知りえないなにがしかの事情があるのではないか」とのミスリードを狙ってこのような説明をしたのであれば、私たちのCU係への信頼を著しく傷付けるものであり、言語道断です。かねてより、Aoiouiさんの提出したWikipedia:コメント依頼/Wikipedia:投稿ブロック依頼/129femtoseconds 追認では、多数の利用者の方々からBellcricketさんを含むCU係の権限行使の不透明さと説明責任の尽くし方について疑問の声が上がっていたばかりです(なお、このコメント依頼においてもBellcricketさんは一切事情を説明することはなく、自身の非を認めることもありませんでした)。CU権限を錦の御旗にしてやりたい放題は許されません。

Bellcricketさんは、余人をもって代えがたい、管理者として比類なき経験と実績をお持ちの方とお見受けいたします。しかしながら、その経験と実績ゆえに驕りが生じ、自分が過ちをおかすはずがない、自身の過ちは何が何でも絶対に認めないというような思い上がりが生じてしまったとすれば、残念でなりません。私といたしましては、Bellcricketさんが今後も管理者を続けるつもりであるならば、是非ともこの場にて、今後そのような思い上がった態度は捨てると明言していただきたいと思います。--かかかたなな会話

明文化された方針に違反する権限濫用であり、その後の説明も虚偽であると強く疑われますが、Bellcricketさんは申し開きをするつもりはないのでしょうか。管理者不足が叫ばれる中、経験豊富なベテラン管理者が解任されてしまうことにならないよう、態度を改めてくださることを期待しております。--かかかたなな会話) 2021年3月19日 (金) 09:02 (UTC)

私が問い合わせましたところ、本日Bellcricketさんから、今後も今回と同じように対処をするとの回答をいただきました。これが追い詰められて思わず口をついたハッタリでないならば、Bellcricketさんの範囲ブロックに関する方針無理解は深刻です。引き続きこの方に管理者権限・CU権限を預けてよいのでしょうか。皆様のご意見をお待ちしております。--かかかたなな会話) 2021年3月27日 (土) 10:01 (UTC)

CUしか知りえない情報があるのではないか、CU係間の相互監視に委ねるべきではないか等のコメントがありましたので、CU係の方々(Penn Stationさん、Y-dashさん、さかおりさん、Infinite0694‎さん)に、相互監視が存在しているならばBellcricketさんの対処が望ましいものであったかどうかについてコメントしていただけないかと、さきほど会話ページにてお願いいたしました。--かかかたなな会話) 2021年4月4日 (日) 12:14 (UTC)

報告 私が関わることで問題は解決から遠のいていくであろうということが分かりましたので、私はこの件から手を引きます(Bellcricketさんの権限行使をよしとするものではありません)。このコメント依頼は終了していただいても続けていただいても構いません(みなさまにお任せいたします)。コメントをくださったみなさま、ありがとうございました。--かかかたなな会話) 2021年4月6日 (火) 11:23 (UTC)

他の利用者の方への返信[編集]

返信 (2001:240:241C:6B89:B4ED:EED3:DAF1:41C1さん宛) おっしゃる通り、関東ITソフトウェア健康保険組合のみの部分ブロックとすればよかったのでしょう。そのようにしていれば、同ページを編集するIPの方以外はこれまで通りに活動できますから、今回のように多数の巻き込みブロック被害が起きることはありませんでした。逆に言えば、巻き込みブロックの被害が複数発生していることを郊外生活さんから報告された時点で、部分ブロックではないということがBellcricketさんにも分かります。したがって、Bellcricketさんは自分のミスに気付きながら、それを誤魔化すために虚偽の説明をしたということになります。--かかかたなな会話) 2021年3月19日 (金) 09:02 (UTC)

返信 (Triglavさん宛) 様々なご指摘、ありがとうございます。ひとまずこちらからお伝えしたいことは2点です。まず1点目として、Bellcricketさんは2400:4000::/22のブロックに際して「アカウント作成も禁止」としています。Triglavさんは基本的に、嫌ならアカウントを取得しろよという立場だと思いますが、当該帯域にIPが含まれている者はBellcricketさんの対処によってアカウントを取得することさえできない状態になっていたということです。2点目として、そもそも今回の事例では/64のみのブロックや当該記事のみの部分ブロックなど、より制限的でない手段で目的を達成することが可能でした。ぱたごんさんらから保護対処が適切だったとも指摘されています。Bellcricketさんの対処よりも「損」が少ない対処方法が存在していたのは自明であり、損得を勘定せよという命題自体が意味を成しません。以上、年度の変わり目で忙しかったということもありますが、正直に申しますとどのように返信すべきか悩んでいたこともあり、御返事が遅れましたことをお詫びいたします。--かかかたなな会話) 2021年4月4日 (日) 11:46 (UTC)

Bellcricketさんのコメント[編集]

Bellcricketさんはこのコメント依頼にコメントしたくないとの意思をお持ちと伺いましたので、会話ページにて今回の件についてご意見を伺いました。会話ページにて私が問い合わせた結果をこちらに転記いたします。

私はあなたが「(CU係であるから詳しく述べることはできないが)編集合戦を理由として2400:4000::/22をブロックした権限行使は正当だった」と主張していると理解しております。また、仮にあなたがこの権限行使が正当であると思っているのだとしたら、今後も編集合戦を理由として/22のレンジでのブロックを行う場合がありうるということだと理解しております。私の理解に何か誤りはありますか。あれば訂正をお願いいたします。--かかかたなな会話) 2021年3月26日 (金) 12:43 (UTC)

回答済みです。今後もブロックなり保護なり必要な対処を行い、必要なくなれば解除します。今回と同じように。--Bellcricket会話) 2021年3月27日 (土) 08:42 (UTC)

以上、「これまでの経緯」欄に掲載すべきか「Bellcricketさんのコメント」欄に掲載すべきか悩みましたが、掲載欄が不適切と考える方がいれば、移動してくださっても構いません。--かかかたなな会話) 2021年3月27日 (土) 10:01 (UTC)

コメント[編集]

  • 広い広域ブロックは部分ブロック(全ウィキペディアページに対してではないブロック)で行われることが多いようです。部分ブロックにしたつもりで間違えていた(会話ページの会話でもそのつもりで話していた)、ということはないでしょうか。 --2001:240:241C:6B89:B4ED:EED3:DAF1:41C1 2021年3月9日 (火) 13:02 (UTC)
  • これは編集合戦なのでブロックではなく保護対処でしょう。かりにIPをブロックするとしても2400:4050:a581:4200::/64の一人(IPアドレスの後半はインタフェース識別子なので/64で事実上IPひとつ)だけで済み話でしょう。関東ITソフトウェア健康保険組合を見ても2400:4050:a581:4200::/64の人には昨年には2400:4050:ad41:be00::/64が当てられていたみたいですが、動くとしても数カ月に1度でこんなに巻き込みを発生させる必要は無かったものと思います。--ぱたごん会話) 2021年3月10日 (水) 01:40 (UTC)
  • CU係以外の管理者がアカウントとIPを関連付けてブロックする場合、投稿記録などの傾向で判断するのですから漏れが生じるのは仕方ありませんが、第三者が追認しやすいのは言うまでもないと思います。しかし、これがCU係となるとアカウントとIPの使い分けも含めてすでに機械が関連付けているところがあり、そこは「秘密」になるものの機械の癖に逆らって裏目に出る以外は人為的なミスは生じにくいのでしょう。それがIPに限ったこととなるとログインすらしてないのでCU係が判断したことであっても、「機械とは関係のない話」であり漏れが生じるどころか、それで当たり前です。今回はたとえばこれら「秘密」と「機械とは関係のない話」を可能性の部分で抱き合わせて説明できないとしているのか、理由自体が言えない「秘密」だけの話とは考えにくい気がします。--市井の人会話) 2021年3月12日 (金) 13:59 (UTC)
  • 大前提として、IPv6の割当方法は前半64ビットが利用者、後半64ビットがインターフェースID[1]となっています。それで、2400:4050:ad41:be00::/64は2400:4000::/22のサブセットなのですが、以下にコマンドの実行結果を貼っておきます:
whois 2400:4050:a581:4200::0/64
〔前略〕
% Information related to '2400:4000::/22'

inet6num:       2400:4000::/22
netname:        OCN-CIDR-BLK-JP
descr:          NTT COMMUNICATIONS CORPORATION
remarks:        Email address for spam or abuse complaints : abuse@ocn.ad.jp
country:        JP
admin-c:        JP00009614
tech-c:         JP00009427
〔中略〕
last-modified:  2019-02-20T22:26:42Z
source:         JPNIC
〔後略〕
  • ここから読み取れることは2400:4000::/22NTT、もといOCNが管理しているということですが、果たして全域をブロックする必要があったのでしょうか。--Semi-Brace (会話 / 投稿) 2021年3月13日 (土) 10:28 (UTC)

脚注

  1. ^ ただし、実際はランダムであることが多い
  • 本来でしたら、近鉄の駅記事においてBellcricketさんがなさっているような記事の半保護が適切です。レンジブロックする際に/22の範囲を指定することはやりすぎです。編集合戦や荒らしに携わったIPv6利用者は、通常/64の範囲で数週間 - 数年ブロックされることが多いです。ブロックしてしまった利用者に対し、レンジブロック範囲を誤って/22に設定したことを謝罪してもらいたいです。--Clover Tigers会話 / 投稿記録) 2021年3月23日 (火) 07:05 (UTC)
  • 上記の件とは無関係ですが、私は最近のBellcricketさんの対応の仕方に疑問を感じます。先日、荒らし差し戻しの過程で編集合戦とみなされ投稿ブロックされたのですが(詳細は団長安田HIRO (お笑い芸人)の履歴参照)、原因を作った側であるIPユーザーはお咎めなしになっており、その結果一部の記事が好き勝手に書き換えられ続けています。また、このコメント依頼のように他のユーザーが質問や議論参加要請をしても全く応じていないように思えます。公平な立場を要求される管理者として、これはどうなのでしょうか?--Cross-j会話) 2021年3月25日 (木) 10:26 (UTC)
  • 本件については散々言われているので、私からも別件で1つ。最近、Bellcricketさん(以下、被依頼者)はおっふ会話 / 投稿記録 / 記録さんをWP:SCRUTINYによる履歴の分断を理由に「無期限ブロック」とされましたが、おっふさんには悪意は全く無かった様ですし、会話ページへのブロック通知を端緒に対話に応じられており、この対話を基に被依頼者もブロックを解除されておられます。この事から鑑みるに、このブロック対処は適切ではなく、まず会話ページでIPアドレスでの編集の意図について(悪意の有無も含めて)問い合わせるか、或いはブロックの期間を1週間か長くても1ヶ月の有期のブロックにすべきだったと思います。--知識熊会話) 2021年3月26日 (金) 11:29 (UTC)
コメント 依頼者様の問い「Bellcricketさんの範囲ブロックに関する方針無理解は深刻です。引き続きこの方に管理者権限・CU権限を預けてよいのでしょうか。」についてコメント。
権限を預けておいて問題はないと思います。どちらかというと無理解なのは依頼者様のほうではないでしょうか? 100投稿ほどの投稿履歴の実績で、いきなり技術的な難しい部分に踏み込むには、表面に出ている規約や過去の事例などを読み解くしか理解する手段がなく、それはとても困難なことだったと思います。
ブロックやあるいは保護に関しても事例によっては荒療治となることもあります。対処の瞬間に最善と思った処置がなされているわけですから、その後もっとよい手が見つかれば再設定するだけです。別に謝る必要はありません。大切なのはレンジブロックは必ず有期限とすること。これだけです(個人的には無期限を設定してそのまま引退してしまう管理者の気が知れない。誰が面倒を見るのか?)
CUは相互監視によってその運用が支えられています。現役管理者との世代間的ギャップを感じるのなら、その相互監視の場に踏み込み作業を引き継ぐ形で世代交代を推し進めるべきでしょう。依頼者様ならびにコメント依頼にぶら下がっている全ての皆様の善処に期待します。
あと、またかと思われるでしょうが、今回も言わせていただきます。IPってなんでアカウント取得しないんですかね? --Triglav会話) 2021年3月27日 (土) 15:39 (UTC)
余談ですが、アカウントを登録する利点は、たとえばFusianasan#毎日新聞による批判楽天証券、Wikipediaからの情報削除で謝罪なんてこと(法人や加入エリア等)がIPアドレスから割れてしまう覚えがない接続元であれば、登録することによって投稿記録から監視されるのに同意したり、パスワードを設定してメモするか端末に記憶させて不正アクセスの可能性を(アカウントを取りさえしなければ)考えたりすることもないですよね。中にはパスワードを管理できない(そういう学習障害の方も含む)人もいて個人設定にメールアドレスを入力するのも抵抗があるまま、パスワードを忘れても再設定できない人だっているはずです。Triglavさんくらい管理者を長くやっていた方なら見かけたのではないでしょうか。あとは他のプロジェクトではアカウントを登録してもWikipedia日本語版ではしたくない(または統一ログインの関係)という方もいたようです。ウィキメールの送信の有無もCUの範疇ですから必要なら他のプロジェクトからでいい(となるとスチュワードや他のプロジェクトのCUの範疇に)という方もいますね。なんとなく不審な意地や方針違反とみなされる使い分けだけとは限らないと思います。--市井の人会話) 2021年3月28日 (日) 00:45 (UTC)
Triglavさんはまさに広域ブロックに関する権限濫用・方針無理解が原因で管理者を解任された人ですよね(Wikipedia:管理者解任の投票/Triglav_20171020)。--220.98.169.178 2021年3月28日 (日) 04:12 (UTC)
Triglavさんは、執筆での貢献を確約しアカウントを取りさえすればLTAでも大歓迎というテーゼをお持ちでしたし、傍から見るとIPユーザーを排斥したがっているほどアカウント登録に拘るのも、CU係が蚊帳の外にされるのを嫌い、(たとえ推奨事項であっても)こういうのは同調圧力をかけていると思われても仕方ないと考えますけどね。IPユーザーは、そもそもアカウントを登録することによって1人1アカウントの原則に縛られることはなく、5chの名無しよりも同一性の保証はないわけですから、これはアカウントユーザーであればCUレベルでしかわからない回線や端末の共有が仮にあって、端末に記憶されたアカウントとパスワードが端末の使用(場の共有)を意味するだけで、ランダムな底ぬけ状態や複数のアカウントがミートパペットとみなせる使用状況であっても、アカウントを持たない(ログインでCUに引っ掛かることもない)IPユーザーなら余程のことがない限り論外というのがあって、それをTriglavさんがどうにかしたくて、いつまでもアレルギー反応を起こすのは(管理者在任中に成し遂げられなかったことへの)ご自分のほうの課題ではないかと、この際ですから申し上げておきます。--市井の人会話) 2021年3月28日 (日) 06:48 (UTC)
  • コメント依頼にコメントしたくないということであれば、解任動議を出しても良いのではと個人的には思います。各々微妙な違いはあれどBellcricketさんに改めていただきたい点がある、というコンセンサスはとれていると考えますので。ここで話してくれないなら違う場を設けて、という意味合いも含めて次のフェーズに移行すべきではないでしょうか。余談ですが、アカウント取得の是非は利用者各々の判断に任されることですしここで論じる事項ではないと考えます。--240F:79:9287:1:D110:E5C5:702C:5231 2021年3月28日 (日) 05:26 (UTC)
「解任動議を出しても良いのでは」「次のフェーズに移行すべき」というのは、いわゆる駄目元までは否定しませんけど、実際問題として考えるとBellcricketさんが自らに対する動議を提出するとは現状では到底思えませんし、アカウント登録済みでしかもWikipedia:管理者の解任#動議提出権者の条件を満たすユーザーが5人以上集まらないことには投票フェイズへの移行もありませんので、そういった見込みが予測されるだけの先立つ議論としてこの依頼における結論が出ていて、なおかつ動議提出権者相当の解任動議に踏み切るべきだという意見(単に管理者として不適切と考えてここで話しても必ずしもそう結びつくとは限りませんので)が一定数ないことには、悪い言い方をすると、「出せるもんなら出してごらん」になってしまうと思います。このことは解任動議に進むべきだという局所的な意見があって特に反対がなく、一見合意に至っているように見えても、ありえるわけですから。ちなみに私は次の段階への移行は止めはしませんけど、(今回のこの依頼へ寄せられた問題点とされる範囲では)時期として(意外にも)投票に移行したとしても解任には反対すると思います。--市井の人会話) 2021年3月28日 (日) 13:09 (UTC)
  • 散々言われているようにおそらく対処ミスなのではないかと思います。理由を説明せずに再犯(?)を予告している被依頼者の対話姿勢にも問題はあります。しかし、CUの対処の是非を一般利用者が100%正確にジャッジするのは不可能なので、基本的にCU間の相互監視に委ねるべき問題だと思います。他のCUが口を挟んでいない現時点で解任というのは時期尚早でしょう。--180.24.186.90 2021年3月28日 (日) 15:01 (UTC)
コメント 市井の人様。「おとなしく執筆でもしてくれていたら取り締まるまでもないよ」が「大歓迎」に置き換えられてしまうのは、LTA憎し、擁護する者も許さないという思想が根底に存在しているからなのでしょうね。
IP様(問いかける人は必ずIPさんなんだね)解任の決議は総合的な判断を投票という形で積み重ねたことによるものですが、コメントによれば広域ブロックに触れている方は少なく、留任意見においては評価してくださる方もいらっしゃる中で、唯一詳細に指摘され解任票を投じた管理者の方は、数年後このウィキペディアを去ってしまわれました。
(前置きが長くなりましたが)依頼者様。今回のような対人のコメント依頼ではなく、/22の広域ブロックについてのコメント依頼とするのがスマートでした。その議論の結果をどう思われるかを当該管理者に聞いてみるのがよかったのではないでしょうか? 「1兆個以上のIPアドレスが該当」と聞くと驚いてしまいますが、その中で対象の1週間のうちに何個のIPから書き込みがあるのか? そしてそのIPからどれだけ優良な産物が生まれるのか? ここまで考えて損得です。
IPとは何者か? 広域ブロックのやり方はまだまだ途上です。そこで前の発言を繰り返します「作業を引き継ぐ形で世代交代を推し進めるべきでしょう(つまり立候補が先。当然100投稿で信任されるはずがないので本アカでおねがいしますよ)」。--Triglav会話) 2021年3月29日 (月) 00:48 (UTC)
余談にもなりますが、せっかくなので私から見たらLTAと親和性が高い(よい意味で通じている)Triglavさんに今後の期待を込めて申し上げます。Vigorous actionさんがああなってしまう前に方針と仕様の違いみたいなことを話せて個人的には記念になっているのですが、Triglavさんとは記念にではなく可能な限りずっと、特に元CU係としてお話を伺いたいと思っておりますので(こういう場にお顔を見せてくれる存在感だけでも貴重です)。で、Triglavさんのような元CU係から、現役の非CU係の管理者、その他の方々がどこまで把握されているかはわかりませんが、CUに関して、ここ数年で時間切れの期限(私はこれを技術的なことよりも正確性の観点で設定している他言語版の解釈から理解しています)が変わりました。また最近でも鼻に豆を詰めるので詳細は伏せますがLTA側からの対策を見破る、ある大きな変更点があったはずです(探っているわけではなく事実です)。ということもあって私が思うに、CU間の相互監視と言っても看過と鼻に豆を詰める(手の内を明かす)のを避けることの区別は、そのようなことに気付いた時点で無闇に個人的に問い合わせしていいものか、おそらく大概はもはやセンスの問題となり、優先されるのは信頼関係、それが(CU間の問い合わせというアクション自体によって)崩れた途端に内部分裂しかねない、秘密主義以前の(余程のことがないと連携しかねる独立した)事情があると思うんです(CU係の誰かが看過したであろうソックパペットは第三者が気付いた時点で対処する場合も不意打ちも見ています)。そのあたりはTriglavさんのような元CU係ならおわかりでしょう。そこにはコミュニティには説明しようのない、秘密主義とは違う何か流れているものがある。また、CU係だった人が、現在はこう変わっているかもしれないと思いつつ(以前のままを想定して違う前提で見解を示す方はいないでしょうから)噂に聞いてもコメントを控えることはあると、そういう理解であります。そのあたり現役管理者でもCU係への疑念として無闇に突っ込むのはLTAに餌を与えるだけだと危惧しています。--市井の人会話) 2021年4月7日 (水) 01:33 (UTC)
コメント - 私が 2021年3月29日 (月) 12:13に出した削除依頼、去年削除票を投じた依頼におけるBellcricketさんのお話し方(書き方)に少し不安感をいだきます。こちらは削除依頼を軽く考えて出したり票を投じている訳ではないのですが。--快速フリージア会話) 2021年4月4日 (日) 03:14 (UTC)私もおります。--快速フリージア会話) 2021年4月6日 (火) 13:15 (UTC)
コメント 「軽く考えて出した」のではないのであれば、どう考えて出したのかを、その削除依頼で説明なさればよろしいのではないでしょうか。このコメント依頼の議題は「2021年3月8日の権限行使およびその後の説明が適切だったかどうか」です。なぜ別の削除依頼に対する話題が出てくるのか、疑問をいだきます。--西村崇会話) 2021年4月6日 (火) 10:50 (UTC)
  • コメント 依頼文は、本件広域ブロックがミスである前提で記載されておりますが、ミスであるのか適切な対処であるのかということを検証できるような根拠がありません。被依頼者が「詳しい理由は説明できません」としている以上、プライバシーポリシーによってコミュニティに公開されない情報を根拠としてブロックを行ったことが推測されます。ゆえに、本件広域ブロックの妥当性をコミュニティで検証することもできなければ、ミスである前提に立つこともできません。当然、他のチェックユーザーに尋ねても意味のある情報が返ってくる可能性は低いでしょう。また、チェックユーザーどうしの相互監視が働いているかどうかについても、コミュニティではわからないです。本件コメント依頼はコミュニティで判断できない論点についてコメントを求めているものであります。本件についてコミュニティが議論できるのは、オンブズマンに調査を申し立てるべきかどうかくらいでしょう。
    もっとも、仮に本件広域ブロック対処がミスによるものだったとしても、ただちに解除が行われており、その後の対処は(コミュニティへの説明を除いて)適切なものと考えられます。ゆえに、オンブズマンに申し立てるべきというような状況にもないと考えます。ただし、被依頼者が会話ページで発言した「なんの根拠もなく嘘つき呼ばわりされるような場所にコメントするつもりはありません。」は、「プライバシーポリシーによって」ではなく「嘘つき呼ばわりされる」から「説明していない」とも読め、対話拒否のような格好になっております。当コメント依頼で被依頼者が嘘つき呼ばわりされているような事実はないので、ちょっと心配します。--Ohgi 2021年4月6日 (火) 14:19 (UTC)
「対話拒否のような格好」は私も心配ですね。この対話拒否ですが、中立的なんかと同じで一般的な言葉の意味と方針上は異なると思うんですが、Wikipedia:井戸端/subj/対話拒否の裏技は問題だと思いますでのJkr2255さんによる解釈が簡潔かつわかりやすいです。その中でかつてNekosuki600さんが対話拒否に仕立て上げる乱暴なやり方のケースを述べたのが引用されていますが、『ただなぁ、「質問に答えなかったら対話拒否」ってのはないと思うぜ。あれは第三者的には根拠があっての疑いかどうかわからんし、根拠があってもなくても質問には答えよなんてことになったら困ったちゃんの相手をしているユーザやら管理者やらが軒並み「対話拒否」扱いにされちまう。やり方乱暴。』というものです。今回のBellcricketさんの場合、最近、他でも「記事についての資料をもう一度確認し誤りがあれば直しますが、頭から偽装と決めつけるようでは、話をしても無駄でしょう。」とおっしゃっているように、また、前にも見たことがある気がするのですが、個人的には悪意を感じて敬遠している相手がいる、しかしスルーするにも無根拠による決めつけとは必ずしも言えない、なんだろうと感じています。それで(事実に関係なくBellcricketさんの言い分として)「嘘つき呼ばわりという人格否定」と「根拠のない決めつけは」ちょっと別なんじゃないかなあと、つまり「答えたくないという感情」と「答える義務がないことの表明(WP:CHOICE)」の違いはあると思ったりします。--市井の人会話) 2021年4月6日 (火) 17:21 (UTC)
コメント 引用されている「頭から偽装と決めつけるようでは、話をしても無駄でしょう。」は、本コメント依頼の依頼者と被依頼者の会話でありますが、直前の「出典偽装に該当します」という発言への反応でありますし、依頼者が被依頼者に嫌がらせをしているように見える状況で被依頼者から発せられたものでありますので、あながち不適切とも思いません。--Ohgi 2021年4月7日 (水) 13:29 (UTC)
プライバシーポリシーが関わるから広域ブロックの妥当性が検証しえないというのは極端すぎるのではないでしょうか。このような超広範囲の広域ブロックをすべき事態というものが何か考えられるか、例えば「このような情報が得られた場合は広域ブロックをするだろう」というような仮説が1つでも提示されれば、ほとんどの方は納得できるのではないかと思います。通常のCUによるアカウントのブロックであれば、「他のアカウントと同一IPという情報が得られれば実施されうるだろう」というようにストーリーを説明することができます。それでは超広範囲の広域ブロックをすべきと判断されるような情報が何かあるだろうか、ということをどれだけ考えてもそのような事態が想定しえない場合には、コミュニティによってミスであると判断されることもあり得ないことではないと思います。私はIPの仕組みについて詳しいわけではないので、結論は出せません。--121.167.146.54 2021年4月7日 (水) 04:37 (UTC)
「このような超広範囲の広域ブロック」について、妥当性を問うだけならプライバシーポリシーが絡んでいても伏せながら説明が可能であると思いますが。私は上で『今回はたとえばこれら「秘密」と「機械とは関係のない話」を可能性の部分で抱き合わせて説明できないとしているのか、理由自体が言えない「秘密」だけの話とは考えにくい気がします。』と申し上げているのですが、秘密にもプライバシーポリシーとそれとは関係ない鼻に豆に詰めないためのノーコメントやCU係として個人の意見が言うに言えない何か特別な事情までいろいろあり、また、機械と言ってもインターフェース上のこともあれば、CUツールに依拠していることもある、というような考え出したらきりのない理由があると思っています(「プライバシーポリシー絡みに違いない」だけでいいものかということ)。ちなみにmw:Manual:Interface/Special pages summary/ja「CIDR 構文を使用して、IP 範囲をブロックできます。許可された最大の範囲は、IPv4 の場合は /$1、IPv6 の場合は /$2 です。」をご覧になるとわかりますが、IPv4 の場合は /16、IPv6 の場合は /19 ないし /20くらいが妥当な線という常識はMediaWiki全般であったように思います。これが今回の範囲が許可された設定について誰が決めているのか、Bellcricketさんだけの問題ではないところがあり、ここでは論外に。一方でこういう事例があったとBellcricketさんの判断とは別に設定(インターフェース)上の妥当性そのものをどこかに提起しても、私はありだと考えています。なお、穿った見方をすれば荒らし規制に協力的とそうでないISPは区別されている(そのために裁量に委ねられた不透明なラインを設けている)気もしなくはないです。--市井の人会話) 2021年4月7日 (水) 08:27 (UTC)
コメント 「このような情報が得られた場合は広域ブロックをするだろう」というような仮説は仮説でしかないので、今回の広域ブロックの妥当性を検証できるような根拠とは違います。--Ohgi 2021年4月7日 (水) 13:29 (UTC)
  • 編集合戦を理由としてIPv6を/22でブロックするというのは考えられない対処なので単純にミスでしょう。互助会や派閥ごっこのような無理筋な擁護(対処理由が編集合戦と説明されており、ブロックされたのは一般利用者にもIPが確認できるIP利用者である、ということを無視して、あたかも一般利用者には分からないCUによる履歴分断摘発であるかのようにミスリードさせる等)が出ていてどうなのかと思いますが、それはさておき別件(利用者‐会話:Bellcricket#スズムシ記事での編集についてお伺い)でも被依頼者は精彩を欠いているようです。昆虫のスズムシの記事に英語名(ただし、半角スペース抜けというスペルミスあり)と北限棲息地が出典付きで1回書かれたことを根拠に、「度重なる荒らし」として記事を半保護(特別:差分/82951442)し、編集内容を除去(特別:差分/82951449)しています。英語名や北限棲息地が書かれることが荒らしとは思えませんし、仮に荒らしでも1回きりでは度重なる荒らしとは言えないでしょう。どちらかというと無断で編集を除去した被依頼者の行為が荒らしに該当すると思います(現に被依頼者の編集は自動承認された利用者によって差し戻されています)。また、すずむし吟社から渡辺銀雨へのリダイレクトを「WP:CSD#全般3 荒らしもしくはいたずら」として削除(特別:ログ?page=すずむし吟社)し、半保護しています。渡辺銀雨はすずむし吟社の創立者として著名な人物であり、そのことも記事内に出典付きで記載されているので、荒らしとは言えないと思います。これも被依頼者の対処後に自動承認された利用者によってリダイレクトが再作成されています。これらは、いずれも保護依頼等もない中で被依頼者が裁量で対処しています。私見ですが、明らかに普段の被依頼者の言行とは相反する権限行使であり、被依頼者は自身の利用者名を連想する言葉(Bell cricketは英語でスズムシのこと)を目にしてカッとなって内容を確認せずに権限行使してしまったのだと思います。自身が当事者となるような理由で何でもない編集を荒らし扱いして権限行使するというのは、他の管理者がやったことであれば被依頼者は激怒していたのではないでしょうか。ここ最近の被依頼者の判断能力が鈍っていること自体は間違いなく、その原因が何らかの病気なのか加齢なのか睡眠不足なのか疲労なのかモチベーションの低下なのかそのあたりの事情はよく分かりませんが、ご本人も自覚はあるかもしれません。そうだとすると、一番苦しんでいるのは被依頼者自身なので、あまり過度に責め立てるのも可哀想だなと思います。--59.138.46.203 2021年4月13日 (火) 05:28 (UTC)
    果たして半角スペースが抜けたのは本当に"スペルミス"なのでしょうか。しかも今回のコメント依頼とは何の関係ないことです。Bellcricketさんを攻撃したいだけなのでは?--Kameda kakinotane会話) 2021年4月13日 (火) 09:47 (UTC)

まとめ[編集]