Wikipedia:ウィキメディア2030

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ようこそ、戦略作りの議論へ。 次は、テーマについて議論する時間です。

1800ものテーマについての声明が第1の議論から集められ、5つの主要なテーマとサブテーマにグループ化されました。これは最終的なテーマではなく、コアとなるコンセプトの最初の原案です。

このページにまとめられた5つのテーマをまずはレビューして、議論にご参加ください(5月11日~6月12日)。議論はオンラインとオフラインの両方で行われ、現在はウィキメディア・プロジェクトに関わっていなくてインターネットにアクセスできない人も含みます。オフラインでの知見もまとめられ、利用可能になり次第共有します。読み終わったら、個別のテーマをクリックしてみてください。より詳細な情報と、議論への参加方法が書かれています。いくつでも議論に参加してかまいません。あなたにとって一番重要な(あるいは一番重要でない)ものを選んでください。

それぞれのテーマで、これらの潜在的なテーマが与える影響と選択しなければいけないトレードオフを理解するために5つの質問を用意しました。戦略においてどんな英断をするにせよ、成功するには、何をするかを宣言するだけではなくて、何をしないかについても宣言しなければなりません。研究やその他の参照可能なデータを用いてあなたの議論を補強し、また議論には誠実で、敬意を持って参加してくださるようお願いします。

ステップ1: 5つのテーマ全てに目を通す[編集]

健全で、排他的でないコミュニティ[編集]

2030年までにウィキメディアのボランティア文化は、すでに参加している寄稿者にとっても新参者にとっても、楽しく、やりがいがあって、すべてを含んだものになります。私たちの運動への新しいボランティアを歓迎し、その人たちが素晴らしい経験を得てプロジェクトに参加し続けられるように面倒をみていきます。あらゆるバックグラウンドをもった人たちが、深い関係をもってグループや組織のネットワークの一部であることを感じるようになるでしょう。その結果として、集団での保護の下でプロジェクトが栄えていくにつれ、私たちの運動は規模と性質の両面で成長するでしょう。

拡大期(技術進歩)[編集]

2030年までに、ボランティアがより創造的で生産的になるのを支援するため、ウィキメディア運動では積極的に技術革新を取り入れます。機械による学習と設計を用いて知識へのアクセスと利用が簡単になるようにします。多くの言語でより質を高めより量を増やすために、例えばボランティアはより良い機械翻訳にアクセスできるようになっているでしょう。私たちは、ブラウザ、アプリ、百科事典を超えて、人々が学び貢献する手段を改善するという方法で知識の提示と整理を行います。

真にグローバルな運動[編集]

ウィキメディア運動では、これまでが自分たちが当初の15年間で十分に顧みてこなかった世界の地域に対して、私たちの関心を向けていきます。ウィキメディアへの認知を築き、人々により役立つものにしていきます。知識へのアクセスの障壁を取り除き、より多くの人が自由にウィキメディアプロジェクトを共有できるようにします。世界であまり顧みられなかった地域のコミュニティを支援し、新しい形の貢献と、世界中の知識の流儀に沿った参照方法に対して、場所をつくります。2030年までに、真にグローバルな運動になります。

最も尊敬される知識源へ[編集]

2030年までに、ウィキメディアプロジェクトは、世界中でもっとも信頼され、高品質で、中立で、現実の問題に即した、自由な知識の源になるでしょう。私たちのコンテンツは、高品質な二次情報源を統合することで正確性と検証可能性を保ち、社会の中にある既存の信頼できる情報源をサポートしていきます。ウィキメディアを信頼できるものにするプロセスに対して公衆の理解を促進し、専門家に対し、一緒に参加して知識を共有するよう招きます。公衆に対して最も適切な情報を、それが必要とされる時と場所で浮かび上がらせます。検証可能で、中立で、包括的な知識の水準を保ちつつ、利用できる知識の深さを拡充していきます。

知識のエコシステムに関わる (知のネットワークに参加)[編集]

私たちは無料で自由にアクセスできる知識源の理想実現に向けて尽力してくれるさまざまな組織との関係を構築します。ウィキメディアのコミュニティーは、どんなものを持っているのか知らなかった協力者と共に活動していきます。私たちが持つコンテンツと技術は世界中において、正式なあるいは非公式な教育の場で中心の一旦を担う存在になることでしょう。私たちは教育、芸術、娯楽、市民社会、政府、科学技術の主要機関と提携します。私たちはそれらの機関と連携して、あらゆる人が無料で自由に使える知識源について学び、想像し、保護しようとする新たな世代の人々を招待します。

ステップ2: 議論したいところを選ぶ[編集]

  1. メタウィキで: 上の議題をクリックして、それぞれの議題のページや議論するページへ移動