Wikipedia:ウィキペディア・アジア月間

ウィキペディア・アジア月間
Wikipedia Asian Month Logo.svg

ウィキペディア・アジア月間は、アジアのウィキペディア・コミュニティの理解を深めることを目的とした、オンラインのエディタソンです。日本語版ウィキペディアにおいては、日本以外のアジアの国々に関する記事の質的・量的向上を目的に、2022年11月を通して行われます。

基準を満たす記事を4つ以上作成した参加者には、アジアに関するウィキペディア・コミュニティとの友好の証として、アジアのコミュニティが制作した特製バーンスターが贈呈されます。

ルール

かいつまんで言うと、対象となる記事は2022年11月に新規作成の記事でアジアに関連しており、品質が良く、3,000バイト以上、かつ一覧記事でないもの。

ルールの詳細:

  • 記事が2022年11月1日0:00から2022年11月30日23:59 (JST)に参加者によって新規に作成されたこと。(スタブの発展は不可、リダイレクトの記事化は可)
  • 記事が少なくとも3,000バイトの長さ(日本語文字では本文が概ね1,000字程度)以上であること。
    • 文字数については95%(950字以上)程度で承認しています。
    • 表や箇条書き部分は文字数にカウントされません。本文で加筆をお願いします。
  • 独立記事作成の目安を満たしていること。
  • 出典が示されていること、疑いの余地があったり、議論がある事柄については検証可能であることが示されていること。
  • 完全な機械翻訳ではなく、日本語として成立していること。
  • 記事の問題点(タグ)がないこと。
    • 特に翻訳記事において、出典のところでテンプレートエラーが出ないようにしてください。
  • 一覧記事でないこと。
    • 一覧記事であっても、単純なランキングなどではなく選出された経緯などに特筆すべきものがあれば対象とします。
    • ただし、秀逸な一覧となった記事については、これをカウントします。
    • 記事が有益であること。
  • 母語を話す国以外のアジアの国と地域に関するもの(文化、地理、人物など)であること(日本語版においては、日本以外についての記事ということになります)
  • 世話人が提出した記事については、他の世話人の確認を得なければなりません。

注意:

  • 最終的に、記事を承認するか否かはローカルの判定者に委ねられます。
  • 基準を満たす記事を4つ以上作成した参加者には、アジアのコミュニティが制作した、ウィキペディア・アジア月間の特製バーンスターが贈呈されます。

世話人

参加

参加登録しましょう。投稿記録は投稿ツール(2021年までのものとはツールが異なります)を使って報告して下さい。投稿記録は計測ツールを使って報告して下さい。既に投稿ツールへ登録済の記事も、改めて計測ツールへの登録をお願いします。(登録先が従来の計測ツールに戻りました。経緯はノートページをご参照ください。)なお、記事が不承認となった理由が加筆・編集により解消された場合は、(そのような記事が改善されたか常に巡回できる・しているわけではありませんので)ノートページでその旨お知らせください。お手数ですがよろしくお願いします。

その他のご案内ページ

  • プロジェクト全体についてはm:Wikipedia Asian Month 2022をご覧ください。
  • よくある質問についてはQ&Aをご覧ください。なお、2022年では贈呈品が2021年までの絵葉書からバーンスターへ変更されており、ウィキペディア・アジア・アンバサダーの称号を授与する予定もありませんので、Q&Aは「ルール」の節のみ参考にしていただきますようお願いいたします。
  • Portal:アジアおよび、この関連ポータルにはアジア関連の執筆依頼が存在します。また、出来ればこれらのポータルの新着記事に新規記事の初版投稿日と記事へのリンクの記載をお願いします。食文化歴史言語鉄道などにもアジア関連の依頼が存在します。どんなポータルがあるかはWikipedia:ウィキポータルをご覧ください。
  • 過去のアジア月間:2015 - 2016 - 2017 - 2018 - 2019 - 2020 - 2021