Wikipedia‐ノート:アカウント作成者

Jump to navigation Jump to search

Archive過去ログ

これまでの議論[編集]

権限申請の運用について[編集]

申請を考えている方は疑問があればこのページで新たに節を設けて質問してください。--miya会話) 2018年6月6日 (水) 02:45 (UTC)微修正。--miya会話) 2018年6月21日 (木) 14:54 (UTC)


実際の付与期間について[編集]

Wikipedia:権限申請/アカウント作成者/Araisyohei/20180614が進行中です。賛成多数で信任された場合の付与期間について考えてみました。投票終了日とイベント開催日は少々間が空いています。約3週間です。

  • 投票終了日:2018年6月23日 (土)
  • イベント開催日:2018年7月14日 (土)

短期間のイベントの場合、Wikipedia:アカウント作成者#立候補の要件では付与期間は「そのイベントの期間前後(最大3か月)」とされています。

短期間のイベントで大量のアカウントを作成する必要がある利用者は、そのイベントの期間前後(最大3か月)の期限付きでアカウント作成者の権限を付与されます。

Wikipedia:アカウント作成者#立候補の要件より抜粋)

そのため、今回のケースでは、最大の「3か月」までは不要でしょうけど、「3 weeks」や「22 days」で厳密にぎりぎりの付与に限る必要性もあまりないので、投票終了日を起点とし、多少の余裕を持たせて「1か月」の付与でもよいと考えます。

もちろん、付与時期と付与期間はビューロクラットの判断に任されていますが、いちおう、考えてみました。いかがでしょうか?--miya会話) 2018年6月21日 (木) 15:59 (UTC)強調を除去しました。--miya会話) 2018年6月23日 (土) 22:27 (UTC)

(結果報告)結果 (Result) - ぱたごんさんにより「期限 2018-07-15T00:00:00」(信任確定時からイベント翌朝まで)という形で付与されました。--miya会話) 2018年6月23日 (土) 22:27 (UTC)
コメント 期間についてビューロクラット以外が検討するのはだいたいにおいて無駄な行為であると考えます。--iwaim会話) 2018年6月25日 (月) 15:04 (UTC)

「#この権限でできること」を詳細なものに[編集]

Wikipedia:井戸端/subj/アカウント作成者の権限申請プロセス提案#権限の詳細に書かれていたのにこちらに抜けていた説明を「#この権限でできること」に:

現在のWikipedia:アカウント作成者#この権限でできること2018-06-10T06:19の版)はごく簡単な説明しかなく、権限を持っていない人にはわかりにくいと思われす。そこでWikipedia:井戸端/subj/アカウント作成者の権限申請プロセス提案#権限の詳細に書かれていた説明、もしくはそれをもとにした詳細説明に変えたほうがよいと思います。--miya会話) 2018年6月29日 (金) 04:44 (UTC)

この権限でできること[編集]

日本語版でのアカウント作成者は「速度制限を受けない」(noratelimit)という権限を有します。これは、24時間以内に7個以上のアカウントを作成できることと、1分以内の投稿数の制限を解除できるという意味です。

自力でアカウントが作成できない新規利用者のために、権限を有する利用者がログインした状態でSpecial:CreateAccountにアクセスして、アカウントを作成することが想定されます。「無作為な仮パスワードを生成し、指定のメールアドレスに送信」という機能があるので、新規アカウントのパスワードが権限を有する利用者に知られることはありません。

現時点ではスチュワード、ビューロクラット、管理者、削除者、巻き戻し者、ボットがnoratelimit権限を有しています。

Wikipedia:井戸端/subj/アカウント作成者の権限申請プロセス提案#権限の詳細2018-06-10 06:40の版より転記、のち改変