Web写真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Web写真(ウェブしゃしん)とはwebをメインの発表の場とした写真のジャンル。

概要[編集]

インターネット環境とデジタルカメラが普及した2000年頃から自然発生的に誕生した。デジタルカメラやカメラ付き携帯電話が小型化し、日常生活の中で常にカメラを携帯することが出来るようになったため、それまでの写真表現では注目されなかった日常の風景を切り取ったものが多い。

写真だけを並べたような比較的簡単なウェブページからflashを駆使したもの、写真共有サイトFlickrブログを利用したものなど発表方法は様々である。

上書き更新していくように一過性の発表をするものや、反対にサーバの限界まで貯め込むものなど、「webで写真を発表する」という以外に共通点がない。デジタルカメラの発展による高画質の画像をアップするサイトがある一方で、低画質の画像を大量にアップするサイトもある。

またデジタルカメラを使わずフィルムカメラで撮った写真をスキャナなどで読み込んで発表する方法もある。

トーマス・ルフの「ヌードシリーズ」のようにアダルトサイトの画像を画像処理したものなど、元来の撮影行為の意味を越えて、web上の画像を自身の作品として扱う表現手段などもある。

一方で小林のりおは「なぜヤフオク図鑑か」というシリーズで、商品の写真を撮り、その画像をYahoo! オークションに掲載することで、その場をWeb写真展の空間にした。(→ 『なぜ、植物図鑑か』)

Web写真家の例[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]