WEST-SIDE TOKYO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
WEST SIDE TOKYOから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
WEST-SIDE TOKYO
ジャンル 情報ワイド番組
放送方式 生放送
放送期間 2009年4月4日 - 放送中
放送時間 土曜日6:00 - 9:25(3時間25分)
日曜日6:00 - 8:30(2時間30分)
放送局 FM-FUJI
パーソナリティ 木河淳
出演 加藤正樹(競馬ライター、日曜のみ)
ディレクター 植田裕子
テンプレートを表示

WEST-SIDE TOKYO (ウエストサイドトウキョウ)は、山梨県ラジオ局であるFM-FUJIで、2009年4月4日から毎週土・日曜日の午前6時から生放送されている現在も放送中のラジオ番組である。

木河は同時間帯のBRAND-NEW FREEDOM降板後、『FULL UP RADIO "フルラジ"』(DJ:伊達淳彦)が1年間放送した後に再登板という形で『WESTSIDE TOKYO』が放送開始された。

特色[編集]

BRAND-NEW FREEDOMに引き続き、日本で唯一のノン・フォーマット(NON-FORMAT)の番組として、リスナー自身が 番組作りに直接参加できるユニークな番組進行をしている。その際、リスナーリスナースタッフと呼び、e-mailFAXなどでリクエストや企画・メッセージを募り、時として逆電DJ登場として実際にリスナーを生番組に登場させることもある。e-mailやFAX以外にTwitter上でもメッセージやリクエストを番組専用アカウントへ送ることが出来るが、プレゼント応募のエントリーは個人情報の関係で対象外にしている。

FM-FUJIの他の生放送番組では行っていないハガキでも受け付けている。

パーソナリティ[編集]

木河淳 (DJ Bobby)がパーソナリティーを担当。

放送時間[編集]

コーナー[編集]

やったぜ!一発目リクエスト![編集]

土曜日、日曜日のオープニング後の1曲目の曲へリクエストをしたリスナー全員へ番組からささやかなプレゼント(謝礼)が送られる。

The Entertainment Car[編集]

毎週土曜日に自動車(二輪車も含む)にかかわるトピックスを送る。番組スタッフと木河が新型車試乗の時に収録してきたものをレポートとして送る時もある。毎月最終週の土曜日には車評論家の両角岳彦が回線を繋いで出演するか、時にはスタジオへ生出演する時もある。

I'm "アナロギスト"[編集]

毎週土曜日に木河がおススメな洋楽アナログレコード一枚を紹介・解説するコーナー。

The"温泉"SEEKER[編集]

毎週日曜日に温泉好きである木河が、リスナー・スタッフの皆さんで捜そうというThe"温泉"SEEKERのコーナー。WEST-SIDEエリア(山梨県)の温泉が対象。温ソムXから紹介(指示)された温泉に木河自身が実際に入湯し感想を述べる。[1] 現在は、毎月最終 土曜日の「あっ、こんなところに…。」のコーナー内のみとなった。

Get Horseのコーナー!!!(競馬コーナー)[編集]

『BRAND-NEW FREEDOM』に引き続き行われているコーナー。毎週日曜日に競馬ライターの加藤正樹(万馬券ドクターK)と電話をつなぎ、メインレースの予想を行っている。加藤の予想は「斬れば来るの法則」と木河が名づけたほどで、加藤の推奨馬は失速し、斬り捨てた馬が勝つことが非常に多い。[2] リスナー・スタッフからは、「キレクルのコーナーへ…」とメッセージが送られてくる時もある。

F-1 表彰台当てクイズ[編集]

『BRAND-NEW FREEDOM』に引き続き行われているコーナー。F-1 のシーズン中だけ行われる、車好きの木河というにはふさわしいコーナーであったといえる。各グランプリの表彰台に上がる 1着、2着、3着をすべて予想して、e-mailFAXでエントリーする方式。予想が当たった人の中から抽選で1名にプレゼントが貰えるため、毎回多くのエントリーがある。シーズン終了後にプレゼント発送されるが、賞品は全て番組スタッフが自腹で用意している。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

FM-FUJI 週末朝のワイド番組
前番組 番組名 次番組
WEST-SIDE TOKYO