WASP-15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WASP-15
星座 うみへび座
視等級 (V) 10.91
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 13h 55m 42.705s[1]
赤緯 (Dec, δ) -32h 09m 34.66s[1]
視線速度 (Rv) -1.819 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 5.5 ミリ秒/[1]
赤緯: -23.2 ミリ秒/年[1]
距離 1,000 光年
(308 パーセク[2]
物理的性質
半径 1.477 ± 0.072 R[3]
質量 1.18 ± 0.12 M[3]
表面重力 15 G
自転速度 4 ± 2 km/s[3]
スペクトル分類 F7[1]
光度 3.09 ± 0.34 L[3]
表面温度 6,300 ± 100 K[3]
金属量[Fe/H] -0.17 ± 0.11 [3]
年齢 3.9 +2.8
−1.3
×109[3]
別名称
別名称
TYC 7283-1162-1, 2MASS J13554270-3209345
Template (ノート 解説) ■Project

WASP-15は、うみへび座の方角に約1000光年の距離にある恒星である[1]。見かけの等級は約11等級と暗く、肉眼では見ることができない。

特徴[編集]

大きさの比較
太陽 WASP-15
太陽 Exoplanet

WASP-15はF型星で、質量太陽の1.18倍、半径は太陽の1.477倍で、いずれも太陽を上回るが、密度では太陽より低くなる。表面の有効温度は約6,300Kで、太陽より高い。金属量は、主な指標である水素の存在比[Fe/H]が太陽比で-0.17dexつまり、太陽の68%程度であることを意味し、ナトリウムマグネシウムケイ素カルシウムスカンジウムなどの金属も同じ傾向にある。また、WASP-15は太陽より若いとみられ、年齢は39億年と推定されている。光度は太陽のおよそ3.09倍である[3]

惑星系[編集]

2008年、スーパーWASP計画で太陽系外惑星WASP-15bが発見された[3]。この惑星ホット・ジュピターで、WASP-15から0.499AUの距離を3.7520656日周期で公転している。WASP-15bは、半径が異常に大きいことが指摘され、質量が木星の半分強なのに対し、半径は木星の1.4倍になる。この大きな半径は熱による膨張と考えられるが、母星に近いことによる高温だけでは説明できず、潮汐加熱かそのほかの内部熱源が効いていると考えられる。

天文学者のウラジミール・リラは、Asiaと呼ぶことを提案している[4]

WASP-15の惑星[3]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b 0.542 ± 0.050 MJ 0.0499 ± 0.0018 3.7520656 ± 2.8 ×106 0 85.5 ± 0.5° 1.428 ± 0.077 RJ

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g TYC 7283-1162-1 -- Star”. SIMBAD. CDS. 2009年5月5日閲覧。
  2. ^ Planet WASP-15 b”. Extrasolar Planets Encyclopaedia. 2017年6月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j West, R. G.; et al. (2009-06). “The Low Density Transiting Exoplanet WASP-15b”. Astronomical Journal 137 (6): 4834-4836. Bibcode 2009AJ....137.4834W. doi:10.1088/0004-6256/137/6/4834. 
  4. ^ Lyra, W. (2010-10). “Naming the extrasolar planets”. Boletim da Sociedade Astronòmica Brasileira 29 (19): 26. Bibcode 2010BASBr..29...26L. 

外部リンク[編集]

座標: 星図 13h 55m 42.705s, −32° 09′ 34.66″