WAR (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WAR
U2スタジオ・アルバム
リリース
録音 ウィンドミルレーン・スタジオ,ダブリン,1982年
ジャンル ロック
時間
レーベル アイランド・レコード
プロデュース スティーブ・リリーホワイト
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 全英1位
  • 全米12位
U2 年表
アイリッシュ・オクトーバー
(1981年)
WAR
(1983年)
ブラッド・レッド・スカイ
(1983年)
テンプレートを表示

WAR (闘)』(ウォー、WAR)は、アイルランドロックバンド、U2のサードアルバムである。

概要[編集]

全英チャート初登場1位獲得など、U2として初のビッグヒットを記録。シングルでもヒットした「ブラディ・サンデー」や「ニュー・イヤーズ・デイ」など、初期のU2を代表する楽曲が収録されている。

北アイルランド紛争で起きた、1972年の血の日曜日事件の悲劇をテーマにした「ブラディ・サンデー」、核戦争を扱った「セカンド」、ポーランドの「連帯」をイメージした「ニュー・イヤーズ・デイ」などのメッセージソングを収め、「社会・政治問題に積極的に関わるロックバンド」という今日まで続くU2のイメージを決定付けた。

タイトルの『WAR(闘)』についてボノは「『WAR』とは色々なレベルにある『戦い』を扱ったものなんだ。国と国の戦いもあれば、市民権の戦いもある。人と人同士の戦いもあるんだ。勿論、男女間の戦いもね。確かに『戦い』がテーマだけど、決して否定的なアルバムなんかじゃないんだよ」と繰り返し触れている。WAR TOURのライブで「ブラディ・サンデー」を歌う際には「これは抵抗の歌ではない」と語り、ステージ上で白い旗を振るパフォーマンスを見せた。

緊迫感みなぎるアルバム前半から一転して、ラスト曲の「40」では穏やかな平和への祈りを聴くことができる(曲名は旧約聖書詩篇40篇より)。この曲では通常とは逆に、ジ・エッジがベース、アダム・クレイトンがギターを弾いている。ジ・エッジは「セカンド」の一部でリードボーカルも担当している。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテストアルバム500』に於いて、223位にランクイン[1]

アルバム・ジャケット[編集]

このアルバムのカヴァー写真の少年は、ボノの友人であるグッギ(ヴァージン・プルーンズの元メンバー)の弟で俳優のピーター・ロワンである。彼の写真は他にも『ボーイ』や『ザ・ベスト・オブU2 1980-1990』といったアルバムのジャケットにも使われている。純粋であどけない表情だった『ボーイ』から一転、鋭い視線を投げかけており、U2の姿勢を端的に表現している。

収録曲[編集]

  1. ブラディ・サンデー - Sunday Bloody Sunday
  2. セカンド - Seconds
  3. ニュー・イヤーズ・デイ - New Year's Day
  4. ライク・ア・ソング - Like a Song...
  5. ドラウニング・マン - Drowning Man
  6. ザ・レフュジー - The Refugee
  7. トゥー・ハーツ・ビート・アズ・ワン - Two Hearts Beat as One
  8. レッド・ライト - Red Light
  9. サレンダー - Surrender
  10. "40" - "40"

シングル[編集]

  • ニュー・イヤーズ・デイ - New Year's Day
  • トゥー・ハーツ・ビート・アズ・ワン - Two Hearts Beat as One
  • 40 - 40 (ドイツ限定リリース)
  • ブラディ・サンデー - Sunday Bloody Sunday
    • ドイツ、オランダ限定リリース(B面はエンドレス・ディープ - Endless Deep
    • 日本限定リリース(B面はレッド・ライト - Red Light

脚注[編集]

外部リンク[編集]