ウォーム・ビズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
WARM BIZから転送)
移動先: 案内検索

ウォーム・ビズWARM BIZ)とは、環境省が行ったキャンペーン、クール・ビズの秋冬版。過度に暖房に頼らず、摂氏20度の暖房の適温でも暖かく働きやすい取り組みを指す(実施期間は11月から3月まで)。具体的な服装としては、背広の場合、スリーピース(上着・スラックスベスト)となるが、衣服や職場環境の温度設定のみならず、食事食物に対する提言も出ている。

概要[編集]

2005年8月、環境省が「秋冬のクール・ビズ」として提唱した。暖房による二酸化炭素排出の増加を抑えるため、室温を低め(摂氏20度)に設定することを呼びかけ、この室温でも快適に過ごすための服装として「働きやすく暖かく格好良い」ビジネススタイルとして位置づけている。

名称は「クール・ビズ」の対義語として「ホット・ビズ」などが予想されたが、環境省内の検討委員会により「ウォーム・ビズ(WARM BIZ)」が正式決定している。

産業界の動き[編集]

被服小売店舗もこの動きに協力し、スリーピースのスーツや、内側に着るベストやニットなどを積極的に販売展開した。

また人間の体は食事を取ることで一時的に体温が上がるが、この取り組みでは「より効果的に体が温まる食事」の提案を行うなど、生活スタイルそのものに対する情報も見られる。イトーヨーカ堂ポトフやクリームスープなど惣菜弁当関係から東京ガスのホットドリンクや土鍋を使う料理(→鍋料理)、百貨店である高島屋三越の食材など、食に対する言及は幅広い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]