WAGR X 級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The WAGR XA class

WAGR X 級ベイヤー・ピーコックメトロポリタン=ヴィッカースによって1954年から1956年にかけて西オーストラリア国営鉄道向けに建造されたディーゼル機関車である。48台が生産され16台が電車と協調するXA級に改造された。

仕様[編集]

  • Running numbers:
    • X class, 1001 - 1032
    • XA class, 140l - 1416
  • Rail gauge, 3' 6" (1067mm)
  • Wheel arrangement, 2-Do-2 (4-8-4)
  • Engine, Crossley HST V8
  • Power output, 1045 bhp (779 KW) or 1105 bhp (825 KW), sources differ - the lower figure may be net of power taken by auxiliaries
  • 変速機、電気装置 4台のメトロポリタンヴィッカース製モーター
  • 重量 80 tons

保存[編集]

1台のX級と5台のXA級が保存されている。

出典[編集]