W.C.カラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
W.C.カラス
生誕 1964年5月21日
富山県小矢部市
職業 ミュージシャンギタリストシンガー・ソング・ライター木こり
公式サイト OFFICIIAL WEB W.C.カラスの巣[1]

W.C.カラス(ダブリュー・シー・カラス、(1964年5月21日 - )は、日本シンガーソングライター富山県で樵(木こり)を生業としながら歌っている。

人物 [1][編集]

2013年春、モアリズムのナカムラのプロデュースにより、48歳にして『W.C.カラス』でデビュー。ブルース&ソウル・レコーズ誌でも2号連続で特集が組まれるなど、大きな話題を呼んだ。「ブルース界の革命児」[2]、「W.C.カラスの登場は2013年の日本のブルース・シーンにとって、事件とも言っていい」[3]として絶賛される。

ブルースを基本にしつつも、その音楽にはパンク、フォークソング、ニューオーリンズ音楽、文学、映画など幅広いエッセンスが感じられる。

ソロのほか、WILD CHILLUN、W.C.カラス&ウッドカッターズ等のバンドでも定期的に活動。

来歴[編集]

2013年9月 自主製作盤が注目され、Pヴァイン・レコードより『W.C.カラス』でデビュー。

2013年12月『ブルース&ソウル・レコーズ』誌年間ベスト・アルバム2013にW.C.カラスが選出される[4]

2014年7月 ブルース&ソウル・レコーズ創刊20周年記念、TOKYO BLUES & SOUL SHOW 2014出演。吾妻光良、ズクナシと共演。

2015年4月 中央FM、FMとなみで「W.C.カラスの駄々漏れブルースアワー」開始。

2015年8月26日 セカンド・アルバム『うどん屋で泣いた』をPヴァイン・レコードからリリース。[5] 女優の室井滋から推薦の言葉を受ける。 [6]

2015年8月31日 iTues ブルースソングチャートで「うどん屋で泣いた」が1位を獲得する。[7]

2015年9月 FM香川「JOY-U CLUB」の月間エンディング・テーマに「うどん屋で泣いた」が選ばれる。

2015年12月 女優・室井滋とのカップリングで『信じるものなどありゃしない』をPヴァインよりリリース。渋谷O-Nestでズクナシ、モアリズム、室井滋と共にリリース記念ライブ。

2016年1月 KNBテレビ「いっちゃんピープル」「KNBニュースevery 金曜ジャーナル」と2度にわたってドキュメンタリーが放送される。[8]

2016年4月 KNBラジオで特集番組「日々を生きる歌〜木こりのブルースシンガー W.C.カラス〜」(55分)が放送される。

2016年7月 NHK東海北陸7県「日曜TUBE」で「ブルース!富山」と題したドキュメンタリーが放送される

2016年9月 富山市フォルツァ総曲輪で「BLUES TIME」と題したワンマンコンサートを開催。SOLD OUTとなる。

2016年12月 完全弾き語りのサードアルバム『耐えて眠れ』をPヴァインからリリース。

2017年5月 第46回林業後継者大会2017 富山大会に、木こりのブルースシンガーとして登壇する。[9]

  1. ^ Pヴァイン公式サイトおよびアルバムプロフィールより
  2. ^ 『ミュージックマガジン』2013年9月号P149「小川真一:自然のままの自分を表現するブルース界の革命児」
  3. ^ 『ミュージックマガジン』2013年9月号P106「山本慎也:W.C.カラスインタビュー」
  4. ^ 『ブルース&ソウル・レコーズ』No.115 P56
  5. ^ http://www.wckarasu.com『公式サイト』より
  6. ^ http://toyama.keizai.biz/headline/37『富山経済新聞』富山在住のブルースマン、W.C.カラスさんが新作リリース
  7. ^ http://p-vine.jp/news/20150831-145858W.C.カラスの新アルバム収録楽曲「うどん屋で泣いた」がiTunes ブルース ソングチャートで1位を獲得!
  8. ^ 木こりのブルースシンガー W.C.カラスさん
  9. ^ 「森づくりの未来考える 黒部で全国林業後継者大会」(『北日本新聞』)2017年5月27日https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00078669-kitanihon-l16

W.C.カラスの由来[編集]

ブルース・ハーモニカ・プレイヤー、ワイルド・チャイルド・バトラー(Wild Child Butler)に由来する。また、高田渡の発言に寄るところもある。[1][2]
「カラス」は、髪も顔も人に比して黒いところから友人によって名づけられた。

アルバム[編集]

  • 『W.C.カラス』(クニタチレコード)
  • 『W.C.カラス』(Pヴァイン PCD-21026)
  • 『うどん屋で泣いた』(Pヴァイン PCD-25182)
  • 『信じるものなどありゃしない』(室井滋&W.C.カラス名義PヴァインPCD-18808 )
  • 『耐えて眠れ』(Pヴァイン PCD-25215)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本経済新聞』2013年12月5日文化欄「聞け 木こりのブルース」
  2. ^ 木こりになって自分の歌がしっくり来るようになった。高田渡さんが「歌は排せつ物のようなもんだ」と言った意味が、身体の芯から理解できるようになった。『日本経済新聞』2013年12月5日朝刊

11 .NHK名古屋日曜TUBE 「木こり”として働きながら、北陸新幹線の開通などで変わりゆく故郷・富山への思いを歌い続けるブルースシンガー・W.C.カラスさんの情熱を描きます。」