vec作用素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

vec作用素(英: vec operator)とは m × n 行列 A の要素を mn 次元列ベクトルの形に配置し直す作用素である。vec作用素は行列の微分を行うのに便利なことがある。

m × n 行列 Am 次元列ベクトル を用いて と書けるとき、

として定義される。

参考文献[編集]

D. A. ハーヴィル著/伊里正夫監訳『統計のための行列代数 下』シュプリンガー・ジャパン、2007年。ISBN: 9784431727385